さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

今年もありがとうございました

今年もあとわずかとなりました


今年も多くの方にご来院いただき感謝いたしております


美容のホームドクターとして通院いただく方も多くなり、うれしく思っております


クリニックをご利用いただいた方々、応援いただいた方々、ブログを見てくださる方々ありがとうございました


みなさまにとって新年が良い年でありますようお祈りいたします


来年もさらなる進化をみせ、スタッフ共々微力ながらみなさまの幸せに貢献していきたいと考えております


では良いお年をお迎えください

またまたカキフライ

年を越す前にもう一度カキフライが食べたいということで草津港まで買いに行ってきました


いつもお世話になっている大諭海産(おおさとかいさん)さんです


牡蠣うちの写真を撮らせていただきました
美容と健康の魔法の杖

家でさっそくカキフライにしました
美容と健康の魔法の杖

製造直売で新鮮なので生臭さがまったくありません


昨年は親戚に送ったのですが、みんなにおいしいと喜ばれました




















たるみとり治療にはどんなものがある?②

また違った書き方をしてみると

たるみをとると一言でいっても実際には


①皮膚が余っているので皮膚を縮める

②筋肉(筋膜)がゆるんでいるので筋肉(筋膜)を縮める

③皮膚のたるみをずらしてたるみがとれたように見せかける

④皮下脂肪を減らしてすっきり見せる

⑤筋肉や骨を減らしてすっきり見せる

⑥へこみやくぼみをふくらませて結果的にたるみがとれたようにみせかける

⑦肌のハリを良くしてたるみがとれたようにみせかける


というようなことをします


①皮膚が余っているので皮膚を縮める

フェイスリフト(切る手術)やサーマクール、ウルセラ


②筋肉(筋膜)がゆるんでいるので筋肉(筋膜)を縮める

フェイスリフト(切る手術)やウルセラ


③皮膚のたるみをずらしてたるみがとれたように見せかける

糸で吊り上げるリフト


④皮下脂肪を減らしてすっきり見せる

脂肪吸引、脂肪分解注射、サーマクールなど


⑤筋肉を減らしてすっきり見せる

エラのボトックス注や手術


⑥へこみやくぼみをふくらませて結果的にたるみがとれたようにみせかける

ヒアルロン酸注射や成長因子入りのPRP


⑦肌のハリを良くしてたるみがとれたようにみせかける

光やレーザーを利用して肌にハリを持たせる方法や糸をたくさん入れる方法


ご本人がどのようになりたいかをおききして、またお顔の状態を拝見して、どのような治療がその方にあっているかを判断して治療をすすめていきます



























たるみとり治療にはどんなものがある?

たるみとは、一番は皮膚がゆるんでいるわけです


治療として古くからあるのはフェイスリフトと呼ばれるたるみを切ってとる手術です


同時に内部の筋肉を引き上げることもありますが、ゆるんでいる皮膚を切り取って縫い合わせる方法です


そして糸で引き上げるさまざまな施術もあります


でもこれは皮膚を切り取るわけではないので、正確にはたるみとりではなく、たるみを上外側にずらす手術とあとは多くの糸を入れて肌を腫れさせてハリをだしてたるみとりに見せかける方法です


ヒアルロン酸も目の下のくぼみやほうれい線に注射してしわやくぼみをふくらませて目立たなくすることで、たるみが改善したように見せかける方法です


PRP治療もこのヒアルロン酸に似た治療です

基本的にはしわやくぼみに注入するわけですが、使い方によってはたるみをとるようにも使うことができます

採血を行い、その中の血小板と白血球をとりだし、場合によってはそれに成長因子を加えて注射します


成長因子を加えた方法だとヒアルロン酸と比べて効果が高く、効果の持続期間も圧倒的に長くなり、患者さんの満足度が非常に高い治療です

効果もヒアルロン酸のようにすぐにわかります


成長因子を加えない場合は効果が低く、その場で効果がわからないうえ、何度も行わないと効果がわからない方が多いので、ほとんどの場合成長因子を用いる方法になります


そして先日お話したウルセラ、サーマクールCPT、eマトリックスなどの機械を使って皮膚をある意味焼く方法となります


















皮膚を焼いて?たるみをとる③

表面の皮膚を治療するには、光治療をはじめさまざまなことが行われていますが、へこんだニキビ跡を改善するとか、たるみをとるという高いレベルになると、表面を強く焼いて皮膚を入れ替えるという施術になります


この分野を切り開いたのが、フラクセルです


フラクショナルレーザーといって皮膚に点状にたくさんのレーザーを当てて部分的に皮膚を焼くことを繰り返して皮膚を入れ替えます


さらに効果を増したものがブリッジセラピー(アンコア)をはじめとする炭酸ガスレーザーによるフラクショナルレーザーです


炭酸ガスレーザーは皮膚を焼くレーザーですが、おこげは作らないほうが、治りがいいのです


同じ炭酸ガスレーザーの中でも、おこげができにくいのがアンコアで、その分強い治療ができ、効果が高いわけです


ただこれらは効果が高い分、施術後の赤みや色素沈着などのダウンタイムがあります


このダウンタイムをもっと短くして、効果をそこそこだす方法として、イーマトリックスなどの電気で皮膚を入れ替える方法などが登場しています




















皮膚を焼いて?たるみをとる②

ウルセラは筋膜まで届くというお話をしましたが、次はサーマクールCPTのお話です


サーマクールは残念ながら筋膜までを充分に熱することはできませんが、逆に皮膚や皮下組織(皮下脂肪)などの広い範囲を約60℃に熱することができます


ウルセラは点で焼いているイメージですが、サーマクールはかたまりで焼いているイメージです


頬のブルドッグになった部分の減量効果が高く、肌質改善効果があるのが特徴です


初代サーマクールから2世代目サーマクールNXTを経て、現在は3世代目サーマクールCPTとなっています


おおまかにはサーマクールがサーマクールNXTとなって、より早く照射できるようになり、『熱っちっちー』というのが『あちっ』になり、サーマクールCPTとなって照射時に振動させることで不快感をさらにさげることができるようになったので、その分強く照射できるようになり効果が増しています












皮膚を焼いて?たるみをとる①

そう言われると恐いと思われる方もおられるかもしれませんが、確実にあまった皮膚を縮めてたるみを改善するにはよほど強いことをしないといけないだろうということはおわかりいただけるのではないかと思います


たるみに関係するのは浅い層から、皮膚そのもの、皮下脂肪(皮下組織)、筋膜(筋肉の表面の膜)となります


筋膜層までしっかり熱することができるのはウルセラです


4.5mm、3.0mm、1.5mm と3種類の深さを約75度に熱することができます


4.5mmや3.0mmという深い層を皮膚に傷をつけずに75度に熱することができるという機械はほかにはありません




















今年はすでに2度クリスマス電車に出会いました

今年もクリニックからの帰りにクリスマス電車に出会いました



美容と健康の魔法の杖

美容と健康の魔法の杖
ラッキーだと思っていたら

なんとその次の日もクリニックをでたら、クリスマスソングが・・・

2日続けてクリスマス電車が目の前に・・・あわてて写真を撮りました

美容と健康の魔法の杖

なかからサンタが手を振っています
美容と健康の魔法の杖

来年もいい年になりそうです









最新の記事

2017年09月26日
PRP治療直後から改善が自覚できます
2017年09月25日
脂肪を溶かす貼り薬が開発されています
2017年09月24日
ウルセラで頬と顎下のリフトアップ
2017年09月23日
おすすめ豆乳スープ鹹豆漿(シェントウジャン)
2017年09月22日
ワンダーウーマン見ました。

カテゴリ一覧

月別

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

桜美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 0120212238

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談