たまには流れ星を見てロマンチックな気分にひたりませんか?

2001年のしし座流星群には感動しました。

この時は子供もいったん早く寝かせて、夜中に起こして、みんな一緒にマンションの屋上にあがって見ました。その日はあいにく昼間曇っていて見れないのではないかと心配しましたが、夜中には晴れて大阪のど真ん中にもかかわらずたくさんの流れ星をみることができました。

流れ星をみるのははじめてでしたが、空の端から端まで星が流れていくのは圧巻でした。しかもいくつもいくつも流れていくのです。真夜中だったにもかかわらず、見とれてしまい、時が経つのも忘れてずっと眺めていました。

この感動が忘れられず、流星のニュースには敏感に反応してしまいます。

最近は毎年お盆の時期にペルセウス流星群が話題になりますが、これも2年前くらいに見ることができました。

今回は2006年から注目されているオリオン座流星群です。オリオン座流星群の元となるチリの粒を放出している天体は、あの有名なハレー彗星です。今から3000年も前にハレー彗星が放出したチリの粒が流れ星となってみえるようです。この流星群と地球が遭遇するチャンスはおよそ70年に1度の数年間に限られます。約70年前にあたる1936年にも、オリオン座流星群が活発化したという記録が残っています。今回のようにたくさん観察できるのは2010年までといわれており、今年2009年と来年2010年がラストチャンスです。

オリオン座流星群は晴れていれば、19日から22日の夜にかけて日本全国どこででも流星を見ることができると予想されています。

流れの中心点である放射点が、ある程度の高さになる22時頃から出現し始め、放射点の高度が高くなる真夜中以降、たくさんの流星が出現するようになります。空が明るくなる直前の4時頃に放射点の高度が最も高くなり、観測条件も良くなるようです。

でも4時まで起きているのは大変ですね。

オリオン座流星群の放射点は、オリオン座の中で、隣にあるふたご座との境界付近にありますが、放射点の方向にはあまりこだわらず、できるだけ空が広く見渡せる場所を選んで、空の広い範囲に注意を向け、空をより広く見渡しているほうが、より多くの流星をみることができるとのことです。

流れ星が流れるのはあっという間なので、願い事をする時はよほどはやくお願いしないと無理ですよ。


もっと詳しく知りたい人は国立天文台の「見えるかな?オリオン座流星群」キャンペーン(19日~23日)へどうぞ

http://www.nao.ac.jp/phenomena/20091019/index.html


携帯電話用のキャンペーンページへは次です

http://www.nao.ac.jp/i/phenomena/20091019/index.html

今度は右のワキガ再手術です

先日 ワキガの再手術 のブログで紹介した他院で組織削除法を受けてすぐに再発された方です。

前回の再手術前には右は臭いは気にならず、左だけ気になるとのことで、左のみの手術を行いました。

しかし左だけ手術をうけてみると術直後から以前の組織削除法の手術と経過がまったく違い、臭いも汗もまったく気にならなくなったということでした。今回の手術前には右は気にならなかったのに、左がよくなったため逆に右が気になるようになったので今度は右を行いたいという強い希望で右の手術も行うことになりました(臭いも汗もないのは手術直後は当たり前で、半年くらい過ぎても臭いは戻りませんが、汗は少しでるようになります)。

右ワキをみると、表面上は毛もなく、明らかに汗腺が残っている感じではなかったのですが、手術を行ってみるとやはりアポクリン腺がたくさん残っていました。

話し好きの方で手術中にもいろいろ話されたのですが、以前手術を受けたところでは、スタッフが派手なお化粧でキラキラのアクセサリーをたくさんつけて『ここは医療機関なのか?』といぶかしく思ったが、当院は感じが違うとか、話を詳しくきいて当院は信頼できそうだと思ったので受けることにしたとかスタッフを自分のお兄さんの奥さんにしたいなどとお褒めの言葉?をたくさんいただきました。

まあキラキラアクセサリーでも再発さえしなければいいんですけどね。



   





海外での手術

最近ちらほら『海外で手術を受けたのだが術後の具合がよくない』というご相談を受けます。(海外のドクター?が日本に来ているあいだにホテルで処置を受けたというひどいものもあります)


注入や異物の留置を行われている場合にも何をどのように用いているのかまったくわからず、相談を受けても返事のしようがないあるいは処置のしようがない場合もあります。


海外で手術を受けて問題があっても、時間的な問題や費用の問題、言葉の問題などでまた海外へ行って診察を受けるということは現実には難しいようです。


相手の技術レベルもまったくわからないわけですし、合併症や副作用のまったくない手術はありません。


美容の分野にかかわらず、自分の身内が何らかの手術を受けるとした場合

医療内容や技術レベル的にそこでしか受けられないなら話は別ですが、そうでないかぎり、近くでいい病院を探すと思います。


場合によっては予想もできない不利益をこうむることを覚悟の上で納得してでないかぎり、少なくとも診察の受けられる場所のクリニックで手術や施術をお受けになられることをおすすめします。


旗 www.sc-hiroshima.com

   






脂肪吸引は楽しい

脂肪吸引は丁寧に行えば、必ず結果はでますので、リピーターの方の吸引をすることも多く、最近は連日脂肪吸引です。

肉眼でみるより写真では赤みがかってみえますが、上層の黄色い部分が吸引した脂肪です。


美容と健康の魔法の杖-脂肪1


美容と健康の魔法の杖-脂肪2

美容と健康の魔法の杖-脂肪3

脂肪吸引は吸引したその場でやせているのが確認できるので、手術をする側としても、達成感があります。片方吸引してまだ吸引していないもう片方と比較すると、細さがまったく違うので効果の大きさがよくわかります。これを見てスタッフも『私も手術を受けたい受けたい』となり手術を受けることになるわけです。

ただ手術を受けられる側の患者さんは手術後に自分で確認する時点では、すでに腫れていますので、(なかにはすぐに効果を感じる方もおられますが)通常効果を実感できるのは腫れがだいたいひく数週間先となります。

脂肪吸引は彫刻と同じです。

まずはきれいに削る技術が必要です。でこぼこさせずに、なおかつきれいにたくさん削る技術が必要です。

また脂肪をきれいにたくさんとればそれでいいというわけでもありません。

脂肪は減ったけれども、逆にしわしわになったとかたるみがひどくでたということでは意味がありません。どこをどれだけとるかあるいはどう残すかというデザイン力が求められます。

まさしく彫刻です。

   




楽しいPRP(セルリバイブジータ)後の検診

本日も楽しいPRP(セルリバイブジータ)後の検診がありました。


1人目の方は目の下のたるみがまったくなくなって、平らになっており、ほうれい線もめだたなくなり、目の上のくぼみも改善され、10歳以上若返ってみえました。

2人目の方も目の下のくぼみ、ほうれい線、目の上のくぼみが改善していました。『夕方になっても目がくぼまなくなり、お化粧ノリもよくなった。この喜びを早く伝えたくて検診に来ました。ありがとうございました。』とおっしゃっていました。

3人目の方ははじめはサーマクールで全体のたるみを治療し、その後光による美肌治療を行いながら、今回はセルリバイブジータを行い、目の下のたるみとほうれい線が改善し、美肌治療によってしみも薄くなり、肌のハリも良くなられていて、今後は美肌治療を続けていかれるとのことでした。

処置後の腫れは『目の下は最低1週間くらい腫れがでる』とお話していますが、もっと長く気にされる方もおられますし、『隠すことなしでまったく気にならず、誰にも気づかれなかった』といわれる方もおられます。

どの患者様の満足度も非常に高いのでセルリバイブジータの検診はいつも楽しみにしています。いつもモニターをお願いするのですが、もともと『ひとに知られないよう行いたい』ということで行っているので症例写真は難しいようです。

ここ数年で美肌治療は格段に進歩しているので診療がますます楽しくなりました。


   





化粧品の効果って?

カウンセリングに来られた方から『化粧品やエステをいろいろ試したんだけどシミが良くならないんです』と言う話をよくききます。

『お化粧品やエステではシミはよくなりません』とお話すると『そうなんですか!!叫び』と驚かれることがよくあります。広告がよほど効果があるように印象に残るのですね。

逆にエステでシミが濃くなったというご相談も受けることがあります。

シミにもいろんな種類がありますが、1種の病的な状態ですから、病院でないところでは治療はできません。

これまでのブログをお読みいただいている方にはおわかりいただけると思いますが、診断にも治療にも高度な知識や技術が必要です。

僕たちもお化粧品を普段の治療に併行して使用していますが、あくまでも補助的な効果を期待してのことでメインの治療として行っているわけではありません。

メインの治療はやはりレーザーや光治療となります。(でもスタッフは全員フラーレンを含んだビタミンCローションを併用していますがニコニコ

治療の効果がよくわからないとおっしゃる方にも肌診断装置ビジアで治療前後の状態を比較すると効果をしっかり感じていただくことができます。


   

朝のミーティング

クリニックでは毎朝ミーティングを行い、全員が同じ方向に向かって仕事ができるように治療方針や連絡事項の確認を行い、その後、本読みをしたり、見聞きしたいい話があればそれを話したりしています。

今日のミーティングでは、12日にTV放送された「横道にそれていいんだ~伝説の国語教師 橋本武~」について話しました。橋本先生は神戸の灘中学・灘高校で50年間教壇に立ち、かつては無名だった同校を、東大合格者数日本一に押し上げた“伝説の国語教師”です。国語嫌いだった生徒からも学ぶ意欲を引き出し、やがて東大へと導きました。この先生は受験向けの勉強を強制的にさせたのではなく、他人から教えてもらうだけでなく、自ら学ぶことによって新たな境地が開けていくこと自体の楽しさを教えました。問題解決の方法を教えただけではなく、問題を解決していこうという意欲を引き出したのです。1週間くらい前のブログの『ターニングポイント』でも書きましたが、僕も恩師によってそういう意欲をひきだされたのです。テレビで放映された教え子のコメントもそうでしたが、そういった意欲はその時限りのものではなく、その人の生き方に一生かかわる大切なものです。

いつも同じ事を話しているのですが、『僕だけががんばってもいい結果は得られません。仕事をやらされているのではなく、スタッフひとりひとりが自分のこととして能動的にかかわっていくことにより、患者様の喜びも自分の喜びとして感じられるようになります。それは今ここで働いていることに生かされるだけでなく、自分の一生の宝となるので一緒にがんばってください。』という話をしました。

高い山でも一歩ずつでも登っていけばやがて頂上につきます。常に前向きに一歩一歩すすんでいきましょう。


旗 www.sc-hiroshima.com

   







今日の昼ごはんです

一時期はローカーボ(低炭水化物)ダイエット?まあダイエットというほど厳しくはおこなっていませんでしたが、炭水化物をできるだけとらないようにしていました。その時はパンはまったく食べませんでしたし、お菓子もほとんど食べないようにしていました。現在はある程度減量できましたので、もっと規制はゆるくしています。

今日の昼ごはんです


美容と健康の魔法の杖-昼ごはん


旬のさんま と 鶏と野菜の鍋 です


魚は良質のたんぱくと青魚は特にEPAやDHAという不飽和脂肪酸をとることができます。

炎症を抑える系統のプロスタグランディン(局所ホルモン)の原料となり、細胞膜の働きを保つ上でも大切な栄養素です。

鍋で野菜がいっぱいとれるのかと思いきや後ろにうどんが隠されていました。

表示のどこにもうどんって書いてないのに!

ガックリですしょぼん


旗 

   








モロゾフのプリン

あるスタッフが『プリンを食べたい。モロゾフのプリンが食べたい』と言い出しました。

『こないだ院長がモロゾフのプリンを差し入れしてくれた時、実は1人のスタッフがその数日前からモロゾフのプリンを食べたいという話をしていて、当日にも別のスタッフが食べたいと言っていたところ、そのプリンが差し入れられて気持ちが伝わったんだとみんなで話していました』とビックリするやらうれしいやらでその時の自分のブログにもアップして周囲からも反響があったということでした。

今回は以心伝心でなく直接アピール?

とうことでモロゾフのプリンです。


美容と健康の魔法の杖-プリン




現代の日本人は一般的に砂糖はとりすぎだと思いますので、皆さん糖分は控えてくださいね。


   








危険なダイエット薬に注意!

タイの病院が身長や体重に合わせて処方するダイエット薬との触れ込みで、「ホスピタルダイエット」と称する薬がインターネット上の多数の輸入代行業者を通じて購入使用されており、複数の錠剤やカプセルがセットになっており、食事療法に使われる「マジンドール」や鎮痛剤、抗うつ剤、向精神薬の成分などが含まれていて、死亡例もでているとして厚生労働省が注意喚起を行っています。


「ホスピタルダイエット」などと称されるタイ製の向精神薬等を含有する無承認無許可医薬品による健康被害事例について:厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/jirei/030902-1.html


数年に一度は同じような注意喚起が行われているように思います。

マジンドールはサノレックスという商品名で日本でも使われている食欲抑制剤ですが、この薬と一緒に飲まないようにとされている薬がはじめから入っているわけですから副作用がでるのはある意味当然です。

以前には副作用が強く危険なので医療で使われなくなった薬が含まれていたダイエット薬もあったのですから、正しい知識もなく、こういった薬を使うのは非常に危険なことです。

もう5年以上前だと思いますが、クリニックのスタッフがデパートで買ってきたダイエット薬が回収されたことがありました。普通のデパートの健康食品売り場で売られていたものです。

新しいダイエット薬は今も研究されていますが、効果は高いが副作用はないというようなミラクルなダイエット薬はまだ登場していません。

逆にこの薬が効いたという話題のダイエット薬があれば副作用もあるのではと疑ってみることが必要です。