広島のさくら美容クリニック よくある質問「医療レーザー脱毛の質問」

さくら美容クリニック

よくある質問

TOP >  よくある質問 >  医療レーザー脱毛の質問

医療レーザー脱毛の質問

医療レーザー脱毛の質問 一覧
医療レーザー脱毛ってどんなもの?
毛の生えるもとは毛の根元の毛乳頭やもう少し上部にあるバルジと呼ばれる部分にあると考えられています。以前の針脱毛では毛穴に針を刺し、1本1本この部分を焼いていました。
しかし『時間がかかる』、『痛い』、『毛を抜きたいのにずっと生やしておかなければならない』、『費用が高額』などさまざまなデメリットがありました。
そこで開発されたのが画期的なレーザー脱毛です。レーザーなら、光の当たった範囲をすばやく脱毛していきます。
医療レーザー脱毛では今まで問題となっていたデメリットをほぼクリアし、『圧倒的に早い』、『痛みも少ない』、『効果が確実』、『費用が安価』であることにより、誰でも簡単に脱毛できるようになりました。
レーザーによる脱毛の原理は?
レーザー脱毛用のレーザーを当てると毛が焼けることにより熱が発生し、この熱が周囲に伝わって毛乳頭やバルジを破壊することによって脱毛効果を発揮すると考えられています。
レーザー脱毛は本当に痛くない?
レーザーが照射されたときは輪ゴムではじかれたような感じがします。
当院のレーザーは冷えた先端部を当てながら脱毛していきますので痛くてできなかった方は今までおられません。
レーザー脱毛は何回くらい必要ですか?
個人差もあり、部位によっても異なりますが、例えばワキだと約2ヶ月おきに1回の照射を1年の間おこなえば、ほとんどの方が満足するレベルになると思います。
レーザー脱毛は永久脱毛ですか?
当院で使用しているレーザーは1997年に脱毛レーザー機器としてFDA(アメリカ食品医薬品局・日本の厚生労働省にあたる)に承認されて以来20年近くの実績をもち、その間の脱毛効果は満足できるものでした。このため多くの脱毛専門医は少なくとも永久脱毛に近いものと考えています。
レーザー脱毛後には何か処置が必要ですか?
レーザーを当てると毛の部分は強く焼け、毛穴の部分は軽く炎症をおこしますので、毛穴が赤くなることがあります。この炎症を抑えるために数日間クリームを塗っていただきます。
施術後にクリームなどが必ず必要だとして高価な化粧品を別途購入させる施設もあるようですが当院では安価な炎症を抑えるクリームを数日塗っていただくのみです。
日焼けをするとしみができやすかったり、次回の脱毛時にヤケドを起こしやすくなるため、脱毛期間中は日焼けをしないようにしてください。
レーザー脱毛後に毛はどうなるの?
レーザーを当てたところの毛は一瞬に蒸発してなくなるわけではなく、焼けた毛が皮膚の中に残ります。
しばらくすると毛が生えるように抜けてきますが、このとき抵抗感なく抜けるものは抜いていただいてもかまいません。
しかし生きた毛を抜いてしまうと次回の脱毛効果が悪くなる可能性がありますのでご注意ください。
どんなレーザーでも効果は同じ?
脱毛に最も有効な高出力なレーザーを使って行う医療レーザー脱毛は医療機関でしか行えません。
また医療脱毛用の機械も様々なものがでていますが、当院ではその中でも実績が最も多く、脱毛専門医の間でも最も高い評価を受けているルミナス社の脱毛専用ダイオードレーザーを使用しています。
副作用はないの?
やけどをおこす頻度は1%以下です。日焼けをしていると頻度が高くなります。
その他色素沈着や色素脱失などが報告されていますがおこることはまれです。
また部位によっては毛穴が閉じてしまうためか、かさつく(乾燥する)という方やワキの場合は逆に汗が増えたように感じる方もおられるようですが全体として大きな問題は現在のところありません。
エステの脱毛との違いはありますか?
最も大きくちがうのはしっかりした医学知識をもった医師が監督し、また脱毛に最も有効な医療機関でしか使用できない医療レーザー脱毛を使用しているため安全で効果が確実なことです。
万が一やけどなどの副作用を起こした場合でもその治療をしっかり行うことができ安心です。

よくある質問

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

桜美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談