広島のさくら美容クリニック 美容皮膚科の基礎知識

さくら美容クリニック

美容皮膚治療の基礎知識

TOP > 美容皮膚治療の基礎知識 > 基礎知識2.レーザーと治療対象

基礎知識2.レーザーと治療対象

基礎知識1.を違った角度(レーザー側)から見てみると

波長(nm)レーザーの種類・名称吸収されやすい色
532YAG半波長赤、黒
595dye赤、黒
694ルビー
755アレキサンドライト
800ダイオード
1064YAG(黒、赤、水)
10600炭酸ガス

となります

この中で照射時間が短い nsec のQスイッチレーザー(周囲に熱損傷を与えず治療できる)には
Qルビー、Q-YAG、Qアレキサンドライトの3種があります
治療対象には、老人性色素斑、太田母斑、後天性真皮メラノサイトーシス(遅発性太田母斑様色素斑 ADM)、刺青などがあります

Q ルビーは694nm Qアレキサンドライトは755nmと近い波長ですが、Q-YAGは1064nmと532nmという半分の波長の2種類の波長が使えま す ただ532nmではシミに吸収されやすいのですが、浅くにしか届きませんのでシミ治療器としては十分ではありません
しかし黒(シミ)に吸収されにくい1064nmの波長が肝斑治療などにあうとしてレーザーでは唯一肝斑に使うことが可能なレーザートーニング治療として有名になりました

照射時間が msec以上の長いレーザー(標的が大きなものでわざと熱損傷を与えて治療する)の種類と治療対象は次のようになります

レーザーの種類治療対象
dye血管
アレキサンドライト脱毛
ダイオード脱毛
ロングパルスYAG肌のはり、脱毛
炭酸ガス脂漏性角化症、ホクロ

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

桜美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談