広島のさくら美容クリニック 美容皮膚科の基礎知識

さくら美容クリニック

美容皮膚治療の基礎知識

TOP > 美容皮膚治療の基礎知識 > 基礎知識5.ニキビ跡、毛穴、小じわ、軽いたるみの治療

基礎知識5.ニキビ跡、毛穴、小じわ、軽いたるみの治療

毛穴や小じわ、ニキビ跡、皮膚自体の軽いたるみというのは、どれも大小の違いはあれども、皮膚がでこぼこしているわけです

ほんの少しのでこぼこであれば、少しハリがでるような治療でもいいので、こうした場合は

ケミカルピーリング

フォトRFなどの光治療

レーザートーニングなどのレーザー治療

が適応となります

ただこうしたやさしい治療を受けられている方はおわかりかと思いますが、やはりやさしい治療には限界があります

そこで行うのが皮膚を焼いて入れ替える方法です

広範囲で入れ替えると東洋人はケロイドが問題となるのでフラクショナルレーザーで部分的に入れ替えることを何回か繰り返す方法が考案され、行われるようになっています

この分野を開拓したのがフラクセルですが、当院でもフラクセル2さらにその後は高級な炭酸ガス(CO2)フラクショナルレーザー・ブリッジセラピーを行ってきました

しかし色素沈着などダウンタイムの期間が長いことが問題でした

最近ではeマトリックスという高周波で同様の処置ができるようになり、効果は高く、ダウンタイムは短くなりましたので非常に治療を行いやすくなっています

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

桜美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談