モチモチのお肌へ イオン導入なら広島のさくら美容クリニック

さくら美容クリニック

診察メニュー

TOP >  診療メニュー >  エイジングケア >  イオン導入

たるみ・しわ

イオン導入

イオン導入 ポイント
  • トラネキサム酸のイオン導入を行うこともできます。
高濃度ビタミンCイオン導入でお肌ツルツル

美容全般のために決して欠かせない成分と言えるのが、ビタミンC(アスコルビン酸)です。
最も経皮吸収率の良いリン酸アスコルビン酸のビタミンC誘導体を、イオン導入器を用いて皮膚内に浸透させます。
ただ肌に塗るだけではなく、イオン化された水溶液を微弱電流を利用して、皮膚の中に浸透させていく方法ですので、ビタミンCの皮膚への浸透を飛躍的に高めることができます。

この治療は、皮脂の抑制、コラーゲンの生成促進、活性酸素の除去などの効果により、毛穴の開き、にきび、にきび痕などのトラブル肌、敏感肌、しみ、しわ、くすみなどの老化肌にも大きな成果を上げています。

イオン導入のメリット

イオン導入は「針を使わない注射」と言われ、最近話題となっている治療方法です。
微弱な電流を流して、普段は皮膚から吸収しにくいビタミンやプラセンタを皮膚の深部まで浸透させ、しみやしわを改善し、瑞々しいお肌を取り戻すことができます。強力な美白、抗酸化作用のあるビタミンCは、イオン導入によって普段の50倍も浸透しやすくなると言われています。

通常のビタミンC(アスコルビン酸)は、皮膚からは吸収されないことから、口から大量に摂取しても皮膚にはごくわずかしか到達しませんし、全身の皮膚に分散されるので、顔の皮膚にはほとんど到達しません。しかし、その誘導体であるプロビタミンC(リン酸アスコルビン酸)は、皮膚から大量に吸収されます。

最新の研究では、皮膚ガンや老化の主原因である活性酸素を最大に除去できるのは、ビタミンCとEであり、皮膚から吸収されるプロビタミンCは皮膚の治療を目的とした場合、最大の効果を発揮すると言えます。

皮膚科や美容外科のドクターの中で、ビタミンとプラセンタの効能を否定する人は一人もおらず、ビタミンとプラセンタを皮膚にたっぷり浸透させることは、今や美しいお肌を作るための常識となっています。イオン導入は、その理にかなった治療法と言え、電流を流すのは不安という方も、安心して治療を受けることができます。

最近では肝斑の治療時に内服するトラネキサム酸をイオン導入で皮膚に浸透させることができるようになりました。

イオン導入による主な効果
にきび跡の修復、小じわなどの回復

コラーゲンの合成促進作用により、にきび、にきび跡を目立たなくしたり、小じわなどの回復効果があります。また、エラスチンとコラーゲンの結合を強め肌の弾力を保ちます。

肌の老化防止

肌の老化やガンの原因となる活性酸素を除去します。

美白効果

色素沈着の原因となるメラニンの生成を抑えることにより、美白効果があります。

にきび治療

皮脂や過酸化脂質の生成を抑えるためにきび治療に効果があります。

超音波導入

1秒間に300万回の振動を与えて、キャビテーション効果により、イオン化できない成分の肌への 浸透を高め、さらに深部温熱効果により、肌の血液・リンパの循環を高め新陳代謝を促進します。

料金表を見る

診療メニュー

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

桜美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談