二重 埋没法なら広島のさくら美容クリニック

さくら美容クリニック

診察メニュー

TOP >  診療メニュー >  目の治療 >  二重 埋没法

二重・目もと

二重 埋没法

糸で留めるだけなので、傷が残らず、腫れも少ない一番ポピュラーな手術。

二重 埋没法は、切らないので傷跡の心配なく二重にすることができます。

  • 肌を切らずに二重にしたい
  • 自然な二重にしたい
  • 会社や学校への影響を少なく気軽に二重にしたい

二重手術を行うと糊やテープで二重をつけるための時間がなくなりますので、朝のお化粧の時間が短く楽になり、二重の見え方もナチュラルになります。
当院ではきれいな二重にするというだけでなく、痛みを感じさせないように手術をすることにもこだわって特殊な麻酔方法を行って手術を行っています。
このため手術前には怖がっておられた患者様もほとんどすべてといっていいくらい手術後には『大丈夫でした。』とおっしゃっていただけます。

カウンセリング時に最も重要な事は、患者様がどのような幅や形(ライン)を希望していて実際にそれを実現できるかどうかを判断することです。自分で鏡を見た時の顔と写真を撮った時の顔が違う方もおられますし、ご自分では気づかれていない方もおられますが、眼瞼下垂といってまぶたが下がっている状態の方もおられます。これらのことを考慮に入れて手術をする必要があります。カウンセリングで詳しく診察を行い、ご本人と相談の上二重のラインを決めていきます。

手術でもいいと思えるものがあればすべて取り入れてベストな手術を提供するようにしています。このため糸の材質や太さ等によって料金を割り増しするというようなことは行っておらず、『痛くない』『腫れない』『とれにくい』『万が一糸を抜く際にも周囲に大きなダメージを与えず抜くことができる』ということが極力実現できるようにその方にとってベストだと考える方法のみで行っています。

カウンセリングにより「瞼板法」と「挙筋法」の2種類の手術法から最適な手術方法をお選びいただけます。

瞼板法

瞼板法は、皮膚のたるみが少ない人や狭い二重を希望される方むきです。まぶたの皮フと裏側にある瞼板というところを糸で止め二重にする方法です。

症例写真

症例写真

挙筋法

挙筋法は、皮膚のたるみがある人や太めの二重を希望される方に向いています。まぶたの皮膚と裏側にある挙筋というところを糸で止める二重にする方法です。かなり太い二重でもきれいな二重を作ることができます。

症例写真

安心の保証制度

二重のラインの消失はまれですが、可能性がないわけではないため、保証制度を設けてアフターケアを行っています。

治療の流れ
1.瞼の状態、目の形、眉の動かし方を確認し、途中何度も鏡を見ていただきながら、場合によっては撮影した写真を見ていただきながら、慎重に時間をかけて希望のラインになるように縫合点をマークします。
2.麻酔は点眼麻酔(目薬)及び血管収縮剤入り局所麻酔を併用します。麻酔方法も極力痛みを感じさせないようにこだわったゲートコントロール理論を応用した工夫した振動麻酔を行い、極力出血させないように血管収縮剤が充分効くまで時間を待ってから手術を行います。
3.施術後しばらく冷やしてからお帰りいただけます。
4.希望されれば念のために3か月後に検診を行い、仕上がりを確認します。

料金表を見る

診療メニュー

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

桜美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談