目の上・目の下のたるみ取りなら広島のさくら美容クリニック

さくら美容クリニック

診察メニュー

TOP >  診療メニュー >  目の治療 >  目の上・目の下のたるみ取り

二重・目もと

目の上・目の下のたるみ取り

目元の老化現象はお顔の印象に大きく影響します
上まぶたのたるみ

上まぶたのたるみですが、加齢と共に目の外側から皮膚のたるみがひどくなり、三角目と呼ばれるような状態になってきます。
皮膚のかぶりが強いと目の視野をじゃますることになり、見えにくいのを反射的に改善しようとして、無意識に眉をあげてしまうために、今度は額にしわが刻まれてしまうというケースもあります。
このような時にも場合によっては糸で留める埋没法で改善することができます。
しかししっかりたるみを改善させるためには、皮膚や脂肪を除去する方法(切る手術)が必要となります。
切る手術にも、①形作る二重のラインにそって切開する方法と②眉毛の下で切開する方法があります。しっかり二重を作りたい方は前者の方法で行い、厚ぼったい二重になりそうな場合は後者の方法で、その方の状態やご希望にあわせて最適な方法を選択し手術を行います。

下まぶたのたるみ

下まぶたのたるみについては、以前は切る方法しかありませんでしたが、近年治療方法が進歩し、多くのケースで切らずにPRPで下まぶたのたるみを改善させられるようになりました。
しかしやはりたるみが強度の場合は切る手術が必要となることがあります。
切る手術の場合は下まぶたのまつげのすぐ下に切開を加えて治療を行います。
単に皮膚や脂肪を除去するだけでなく、余分な脂肪をゴルゴラインにずらして移植するハムラ変法と呼ばれる手術法を選択する場合もあります。
あとは筋肉をつりあげ、余分な皮膚を取り除き丁寧に縫い合わせます。
切る手術を行う場合にも入院の必要はなく、通院で治療を行うことができ、手術後5日目~1週間のあいだに抜糸を行います。

治療の流れ
1.カウンセリング
医師とのカウンセリングでご希望をおききした上で同じような悩みを解消された方の症例写真もご覧いただきながら、お悩みに合った方法をご提案いたします。
2.スタッフとのカウンセリング
医師に聞き忘れたことも確認いただくことができます。
3.デザイン
手術となれば、鏡を見ていただきながらご希望の状態を確認し、デザインします。
4.点眼麻酔
注射の痛みを軽減させるための点眼薬を使って麻酔を効かせます。
5.局所麻酔
特殊な針と麻酔方法を行って少量の麻酔を注入します。
6.手術
デザインに沿って手術を丁寧に行います。
7.冷却
腫れを早く引かせるために冷やしてからお帰りいただきます。
8.抜糸
手術後5日~1週間目に糸の抜糸を行います。
9.術後検診
適宜経過観察を行います。

料金表を見る

診療メニュー

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

桜美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 0120212238

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談