ワキガ・多汗症の直視下剪除法なら広島のさくら美容クリニック

さくら美容クリニック

診察メニュー

わきが・多汗症

直視下剪除法

15年以上再発のない実績のあるさくら美容クリニックの直視下剪除法

再発がないと説明するだけでなく、これまで当院で手術されて再発された方はおられません。
ワキガ手術にもさまざまな方法があります。
いったいどの方法を選べばいいのでしょうか?
ミラドライなどの機器を使った方法、吸引法やローラーシェービング法(イナバ式)、直に除去する剪除法などさまざまな手術が紹介されています。

この薄紫色の部分を完全に除去できれば、わきがは治ります。
ここで視点をかえて、手術の方法ではなく、その結果から手術をみると次のように分類されます

  • 1.傷跡が残ることもなく、1度の治療でワキガは完全に治る手術
  • 2.傷跡が残ることがあるが、1度の治療でワキガは完全に治る手術
  • 3.傷跡もワキガ臭も残ってしまう手術
  • 4.傷跡の残りは軽度だが、ワキガはほとんど改善しないあるいはまったく改善しない手術

もちろん(1)の手術がベストといえます
もちろん当院でも目指しているのは(1)ですが、傷が残ってしまう方もおられるので(2)となってしまうケースもあります。
しかし僕が行ったワキガ手術で再発された方は15年以上おられません
でも世間では(3)や(4)の手術がたくさん行われているのが実情です。
1度の治療でワキガが100%治る(100人手術して100人が治る)手術は丁寧な剪除法しかありません
アポクリン腺を確実に取り除けるのがすべての工程を目で確認しながら行う剪除法しかないからです。
しかも剪除法だったらいいわけではなく、剪除法でも丁寧にアポクリン腺を確実に除去しないと治りません。
当院でのワキガ手術はワキの範囲が狭い人でも2時間以上かかります。
ワキガを再発させないだけならもっと短い時間でも手術ができます。
しかしできるだけきれいに治す工程に時間をかけているのです。
他院術後再発のケースをみていると、ワキガ手術で保証制度を設けていても、何度行っても再発してしまい、再手術によって傷ばかりひどくなるので患者さんはあきらめてしまわれるようです。
ワキガ手術を受ける時には、これまでの実績をしっかり確認することが必要です。
また手術前の同意書をよくお読みください。口頭では再発しないように説明していても、手術後にクレームを言われたときに困らないように完全に治せないことを示す説明が入っていないかもよく確認してください。
手術前に『ワキガの臭いは軽減します。』と説明されたけれどもまったく軽減されておらず、『手術後に治っていない』とクレームをいれると、『臭いは軽減するだけで、まったくなくなるとは言っていません。』と冷たくあしらわれたというような話もよくききます。
臭いが7~8割なくなるというのは意味がありません。2~3割でもアポクリン腺が残れば充分臭いが残ってしまいます。
仮に9割の人は治っていると説明されても意味がありません。再発した時には『あなたは1割です』と言われ、本当に1割しか再発していないことを確認するすべもありません。
カウンセリング時にはドクターの名前をしっかり確認して、『あなたが手術をしてくれるのですね。』『あなたがすべての責任をもってくれるのですね。』と確認してみてください。
当院では治療後長くフォローするようにしていますが、通院期間や通院回数が少なく済むというのも注意が必要で、ワキガは治療を行ってから、半年~1年で再発しますから、いいかげんな治療を行っているところは長期フォローを行いません。

剪除法でも再発することがあるのか?

技術があり、充分な手術をすれば、再発することはありません。
手術担当医が短時間で終わらせようとすれば、技術はあっても汗腺の取り残しが生じ、不十分な結果になることもあります。

丁寧な直視下剪除法のメリット
  • 再発しない
  • 再発しないため一度の治療で終わる
  • 脱毛効果もある
なぜ効果の高い剪除法を行わないクリニックやドクターがいるのか?
  • 剪除法は技術が充分でないとよい結果とならない。
  • 手術時間がかかる。
  • 手術後の圧迫や経過が長い。
直視下剪除法の治療方法 (施術時間:約120~150分)

わきがを完全に治しながら、傷も綺麗に治すために手術を丁寧に行うので、他の手術法や通常の剪除法に比べ時間がかかります。

1.カウンセリングでわきが・多汗症の度合いを確認し、治療の説明を行い、納得された方のみに治療を行います。充分考えていただく時間をもっていただくため、基本的に手術日は別の日をおすすめしています。
2.ベッドに寝た状態でワキの手術範囲をマーキングし、局所麻酔を行います。
小学生で手術を受けられる方や痛みに弱い方もおられますので、極力痛みを感じさせないように特殊な麻酔方法を用いて麻酔を行います。
3. わきのしわに沿って3~4cm切開し、そこから汗腺を丁寧に完全に取り除きます。
4. 丁寧に縫い合わせて、圧迫の為のタイオーバー(綿)をつけて手術は終了です。
5.手術後4~5日目にわきのタイオーバーを除去し、その後しばらく定期的に通院いただきます。
直視下剪除法の注意事項
シャワー翌日から可能です。
入浴タイオーバー除去後から可能です。
術後の注意点4~5日間タイオーバーあり (4~5日後に抜去)
抜糸10~14日後
直視下剪除法の料金
直視下剪除法 240,000円~ (税別)

料金表を見る

診療メニュー

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

桜美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談