ワキガ・多汗症のボトックス注射なら広島のさくら美容クリニック

さくら美容クリニック

診察メニュー

TOP >  診療メニュー >  ワキガ・多汗症の治療 >  ボトックス注射

わきが・多汗症

ボトックス注射

ボトックス注射とは

ボトックスとは、ボツリヌス菌のA毒素を製剤化したもので、アラガン社が開発したボツリヌストキシンです。

ボトックスが効く仕組み

ボトックスには神経伝達物質の1つであるアセチルコリンが放出されるのを抑制する働きがあります。
つまりアセチルコリン作動性の神経がブロックされるのです。

ボトックスが効くのは?

筋肉や汗腺に分布するアセチルコリン作動性神経の働きを抑えることで、筋肉の収縮を止め、汗がでるのを減らします。
このため、額や眉間、目尻のしわにボトックス注射を行うことで、筋肉の動きが止まり、表情によってできるしわができなくなります。
わきや手のひら、足裏などに注射すれば、その部位の汗腺の働きが抑えられて、多汗を改善することができます。
エラやふくらはぎの筋肉に注射すると筋肉の収縮が抑えられるために、廃用性萎縮(つかわないことによる萎縮)がおこり、エラが小さくなり、ふくらはぎが細くなります。
たとえば骨折してギプスを長期につけていると動かせないためにその部分の筋肉がやせ衰えます。それを薬剤を用いて強制的に行っているのがエラやふくらはぎのボトックス注射となります。

ボトックスの効果の期間

神経をブロックする働きは即時におこりますが、効果が自覚できるのは、筋肉の動きや汗を抑える場合には数日、筋肉を痩せさせる場合は約1ヶ月かかります。
そしてその効果の持続期間は約3ヶ月~9ヶ月くらいとなります。

注意事項
  • 大きな副作用はありませんが、眉を大きく挙げているケースに強く効かせると、眉が挙げられなくなり、そのためにまぶたが目にかかって視野が狭くなって不快に感じたり、眉の位置がかわることで反射的に眉を挙げてしまうケースでは怒った様な眉の形になることがありますので適応を選ぶ必要があります。
  • ボトックスはボツリヌストキシンの一般名称のように使用されているケースがありますが、ボトックスを名乗れるのはアラガン社の製品のみです。当院では信頼性の高いアラガン社のボトックスのみを使用しています。
こんな方におすすめ
  • ワキに多量の汗をかく
  • 手術はしたくない
  • 傷は残したくない
施術の流れ
1.カウンセリング ボトックスが適応なのか診察させていただいた上で詳しく説明を行います。
2.治療 筋肉の働きを止める場合やエラボトックスは通常数ヶ所、ワキや手のひら、足裏の汗を止める場合やふくらはぎを痩せさせる場合には広い範囲に注射を行います。注射は10分程度で終了し、傷跡は残りません。
3.そのままお帰りいただけます。

料金表を見る

診療メニュー

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

桜美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談