さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

麻酔の痛みを感じませんでした

以前にも当院で二重手術を受けられている方が、今回は二重をさらに太くする手術を受けられました。

手術中、麻酔をした後に患者さんが、『以前の手術よりさらに痛みがなくなり、今回はまったく痛くなかった』と言われていました。

これ以外にもいろいろ話していただいたのですが、ずっと通われているマツエクをつけてもらうお店の人に、二重手術を受けていることを伝えたそうなのですが、『二重手術をしていることはわからなかった』と言われたそうです。

ご友人も当院で手術を受けられたいるのですが特に問題なく過ごされているということでした。

二重の麻酔だけでなく、進化させられるところは常に進化させるように努めています。

いろいろなうれしいご報告ありがとうございます。

 

二重手術3ヶ月後の状態

埋没法の挙筋法による二重術のモニターの方の写真です。

手術前の状態は

手術後3ヶ月目の状態は

もちろん二重になっているわけですが、二重になっているだけでなく、目の見開き(縦幅)も大きくなって、目が大きくみえます。

二重手術は簡単な手術で大きくイメージがかわります。

長期に二重が保たれていました

今日別の用件でカウンセリングにお越しいただいた方は、約8年前に当院で埋没法による二重手術を受けられている方でした。

『いまも二重はとれていないですよ。ありがとうございます。』とこちらからおたずねする前に自ら申告いただきました。

本当は手術を受けられた方すべての経過が知りたいですので今回のように長期間経った後の状態をみせていただけるのはうれしいことです。

二重手術で目が大きくなり、さらに可愛くなられました

以前当院で二重手術を受けられた方が、二重をさらに広げる手術を希望され、手術を行いました。

二重がよりはっきりして目が大きくなりさらに可愛くなりました。

『以前二重をして何かかわりましたか?』とたずねました。

『化粧が楽になったというか、化粧せずにスッピンでも大丈夫になりました。』

『夜のお仕事の女性が来られる飲食店で働いていますが、二重がアイテープとかでぐちゃぐちゃになっている人もたくさんいて、みんな手術すればいいのにといつも思ってます。』とおっしゃっていました。

 

 

 

わきが手術後4年半経った方の二重手術(埋没法)行いました。

わきが手術を約4年半前に当院で受けられた方が、今回は二重のご相談で来院され、二重手術を受けられました。

もちろんバッチリ可愛くなりました。

わきがのことも、おききすると『今も臭いはなく、特に気になることもありません。』ということでした。

 

二重のテープをされている方はほぼ全員かぶれています

二重のカウンセリングにお越しになる方は普段からすでにアイテープで二重を作られていることが多いです。
 
話をおききするとご自分ではかぶれていないとたいてい思っておられますが、実際にはほとんどの方がかぶれています。

なかにはひどくかぶれて皮膚が赤くはれあがっているかたもおられます。
 
皮膚がかぶれるといろんなデメリットがあります。
①皮膚が伸びてまぶたがたるんでしまう
②作っている二重がすでに不自然な二重になってしまっている
③手術を受けた時にも腫れやすくなる
④腫れのために正確なデザインができる手術の仕上がりが不正確になる

かぶれていない状態で手術するのがベストですが、すでにずっと二重で通してきているので、アイテープをいったんやめることはできず、そのまま手術されることがほとんどすべてです。

二重になるとどんなイメージになるのか自分で確認してみるにはアイテープをしてみるのもいいと思います。

でも二重が似合うと思ったなら早めに手術で二重にされることをおすすめします。

・・・といっても今は年度替わりで手術が非常に多く、手術のご希望に添えない場合もあります。

ごめんなさい。

今も数珠つなぎが続いています

年度がかわる春休みなので、普段にも増して二重手術などが多くなっています。

二重手術はたくさんご紹介いただくので、以前に二重の数珠つなぎとして話をしたことがあります。

2011年の二重じゅずつなぎのブログ

例えば今も友達の友達がここで手術を受けたというように直接は知られなくても話をきいてご来院いただくことがよくあります。

ありがとうございます。

目が見えやすくなりました

かなりの年配の方が二重手術を受けられました。

単に美容の目的だけでなく、『皮膚がかぶさって視界が狭くなってきて物が見づらい。』ということで手術を決断されたのでした。

手術が終わって手術室からでられるとすぐに『うわぁー』と驚きの声をあげられました。

『いったい何がおこったのか?』と思っていると上まぶたのたるみのために狭くなっていた視界が、手術によって改善し、視界がびっくりするほど広くなられたようで、目が見えるようになって喜ばれて思わず声をあげられたのでした。

手術室をでていきなり叫ばれた方ははじめてでした。

 

最新の記事

2017年07月20日
カーネーションの花茶です
2017年07月19日
合気道2段に昇段しました
2017年07月18日
超でっかいキャラメルコーン
2017年07月17日
牛田のほおずき祭り
2017年07月16日
パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 4DX 見てきました。

カテゴリ一覧

月別

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

桜美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 0120212238

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談