さくら美容クリニック さくら美容クリニック

美容医療コラム

TOP >  美容医療コラム > もしかしたらビタミンAで妊娠しやすくできるのかも

もしかしたらビタミンAで妊娠しやすくできるのかも

2020年2月9日

熊本大や京都大によって卵子や精子の形成を促す遺伝子「MEIOSIN(マイオーシン)」を発見されています。

ニュース

生物の全身の組織や器官では「体細胞分裂」と呼ばれる細胞分裂で細胞が増殖していますが、卵巣や精巣では、一時期を境に染色体の数が半減する「減数分裂」という細胞分裂に切り替わり、卵子や精子が形成されます。

人の細胞の場合23対46本遺伝子があるわけですが、子供は両親から23本ずつ受け継いで46本の遺伝子になります。その46本を23本にするための分裂が「減数分裂」なんですね。

動物がビタミンAを代謝する際に作られる化合物「レチノイン酸」を投与すると、マイオーシンが活性化し、人為的に減数分裂を誘発することができることも発見されています。

つまりビタミンAで減数分裂を引き起こして、妊娠させやすくできる可能性があるということになります。

まだマウスの実験で、ビタミンAは種類によっては奇形にも関係するとされているので注意が必要かもしれませんが、興味ある発見です。

ビタミンAは細胞の分化に関係するビタミンともともとされているので、納得できる感じがします。

ビタミンAは肌をきれいにするためのお化粧品に配合されていますし、ニキビの標準治療薬となっているディフェリンもビタミンAの仲間です。

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談