さくら美容クリニック

院長ブログ

広島の美容外科さくら美容クリニックHOME >  さくら美容クリニック院長ブログ > からだの内側からのアンチエイジング >  アルツハイマーの原因物質が3つの薬を併用することで減らせる?

アルツハイマーの原因物質が3つの薬を併用することで減らせる?

2017年11月26日

アルツハイマー病の時には「アミロイドβ(ベータ)」というたんぱく質が、脳内に蓄積していることがわかっています。

このため「アミロイドβを減らすことができれば、認知症が予防できたり、改善したりするのではないか?」と期待されて研究が進められています。

最近京都大学のiPS細胞を使った研究で『パーキンソン病の薬「ブロモクリプチン」、ぜんそくの薬「クロモリン」、てんかんの薬「トピラマート」の3種の薬を組み合わせて使用することで、アミロイドβの蓄積量を30~40%低減できた。 』という研究が発表されています。

ニュースはこちら

アミロイドβがアルツハイマー病の原因物質なのかどうかはまだわかりませんが興味を引く研究ですね。

最新の記事

2024年02月23日
副乳部分のアポクリン腺も除去しています
2024年02月22日
お兄ちゃんのワキガ手術でした
2024年02月21日
『満足しています』とお声がけいただくことが多くなりました
2024年02月20日
温泉と腸内細菌に関係がある?
2024年02月19日
ワキガ手術後の方の喜びのメールです

カテゴリ一覧

月別

皆さんの悩みにお応えする院長棒谷のお役立ち美容医療コラム

最新のたるみ治療を徹底比較

さくら美容クリニックの若返り治療 若返りの泉

キレイになりたい!を応援するBEAUTYマンガ

さくら美容クリニックチャンネル

さくら美容クリニックの美容塾

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

症例写真集

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談