さくら美容クリニック

院長ブログ

広島の美容外科さくら美容クリニックHOME >  さくら美容クリニック院長ブログ > しわ・たるみ・ニューリバイブ・PRP >  東京大学がヒアルロン酸と癌との関連を発表し慎重な使用を呼びかけている

東京大学がヒアルロン酸と癌との関連を発表し慎重な使用を呼びかけている

2019年06月03日

ヒアルロン酸の副作用は以前は主にアレルギーくらいしか言われていなかったのですが、失明してしまう事故が国内で起こり、血管が詰まってしまう塞栓症の注意喚起がなされるようになっています。

さらに最近の研究で東京大学がヒアルロン酸と癌との関連を発表し慎重な使用を呼びかけています。

東京大学の発表:がんの発症・進展におけるヒアルロン酸の「ジキルとハイド的」役割

高分子のヒアルロン酸は癌に抑制的に働き、分解されて低分子になると促進的に働くようです。

美容クリニックでは高分子のヒアルロン酸が用いられてわけですが、高分子のヒアルロン酸は癌を抑える方向に働くのですが、それが分解されて低分子のものになると癌を促進する方向に働くのではないか?という説明です。

ヒアルロン酸を注射した人に統計的に異常が認められたわけではないので本当にどうなのかはわかりませんが今後の動向には注意が必要だとは思います。

膝の関節に注射するヒアルロン酸製剤ははじめから低分子なのである意味癌との関連ではより悪いことばかりとも考えられますがそれは病気だから仕方ないということなのかどうかわかりません。

美容目的ではヒアルロン酸は顔のしわやくぼみ改善目的や隆鼻、豊胸目的に使用されています。

顔の注入治療でもヒアルロン酸、レディエッセ、脂肪注入、PRP治療などがあるわけですが、それぞれメリット・デメリットがあります

豊胸目的でもヒアルロン酸注入、アクアフィリング注入、脂肪注入、シリコンバッグ豊胸などさまざまな方法がありますが、これにもメリット・デメリットがあります。

現段階でのそれぞれのメリット・デメリットを詳しくきいて納得いくものを選択することが必要です。

最新の記事

2022年05月26日
10年以上経ってもきれいな二重
2022年05月25日
男性のワキガ手術でした
2022年05月24日
ウルセラ:たるみに応じて照射の仕方を変えています
2022年05月23日
ワキガ完治には丁寧な剪除法が必要
2022年05月22日
長期に続いたウルセラ(HIFU)の効果

カテゴリ一覧

月別

皆さんの悩みにお応えする院長棒谷のお役立ち美容医療コラム

最新のたるみ治療を徹底比較

さくら美容クリニックの若返り治療 若返りの泉

キレイになりたい!を応援するBEAUTYマンガ

さくら美容クリニックチャンネル

さくら美容クリニックの美容塾

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

症例写真集

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談