さくら美容クリニック

美容医療コラム

広島の美容外科さくら美容クリニックHOME >  美容医療コラム > 糊が細胞の培養に利用できた!?

糊が細胞の培養に利用できた!?

2019年6月4日

『洗濯のりや液体のりを細胞を培養する培地に使用することで細胞をたくさん増やすことができた』というニュースがありました。

これはけっこうビッグニュースです。

幹細胞は未分化な細胞で分化することでいろんな細胞に変わることができるため、いろいろな病気、美容、若返りまでさまざまな用途での効果が期待されています。

これまで幹細胞を大量に培養することが高価な培養液を使っても難しかったのですが、『培養液を工夫して液体のりをことでうまく培養できた』というのです。

東京大と米スタンフォード大などのチームが『洗濯のりや液体のりの主成分であるポリビニルアルコール(PVA)で培養したところ、幹細胞を数百倍にでき、実際にこれをマウスに移植し、白血球などが実際に作られることも確認した。』と発表しています。

幹細胞は白血病の人の治療にも使えますし、健康や美容の分野でも幹細胞や幹細胞の上清液が利用されるようになっていますからこれは非常に大きなニュースなのです。

 

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談