さくら美容クリニック さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

にきび・にきび跡にはeマトリックスがオススメ②

今回はにきび跡に関するお話です。

にきび跡のへこみ・くぼみを気にされている方も多いと思います。

にきび跡のへこみは皮膚がへこんでいるわけですからよほど強い治療を行わなければ改善させることができないのはわかると思います。

昔はへこんでいる部分にケミカルピーリングの中でも強い部類のTCAピーリングなども行われていましたが、全体として効果はそれほどではありませんでした。

そこに登場したのがフラクセルというレーザーです。

部分的ということを意味するフラクショナルというところからきています。

皮膚を部分的に焼いて収縮させるレーザーです。さくら美容クリニックにもフラクセル2がありました。

フラクセルは効果はあったのですが、さらに効果の高い治療を行いたいと考え、フラクショナル炭酸ガスレーザーでももっとも高価なブリッジセラピーを導入し、治療を行うようになりました。

ブリッジセラピーはさらに高い効果があったのですが、治療後長期に黒く色素沈着してしまう人がみられ、痛みも強いことから万人にはお勧めしにくい治療でした。

強く治療すれば効果は高くなりますが、色素沈着などの副作用も長くみられ、弱く治療すると効果自体が減ってしまうわけです。

そこでeマトリックスのことを知り、導入・治療したところ、副作用は少なく、効果が高いことがわかりました。

にきび跡だけでなく、他の治療では効果のみられない毛穴も改善することができ、満足度の高い治療となっています。

さくら美容クリニックではニキビ跡のへこみに対して、ケミカルピーリングや光治療などのほとんど効果の実感できない治療は行っていません。

 

にきび・にきび跡にはeマトリックスがオススメ①

昔はにきび治療と言えば、化膿止めを塗ったり投与したりする治療がメインでした。

しかしそれだけではうまくニキビをコントロールすることができず、美容クリニックがケミカルピーリングをはじめひろまりました。

ケミカルピーリングはできたりつぶれたりしている活動性のニキビに対しては効果的でした。美容クリニックでない普通の皮膚科も自費診療で取り入れるくらい人気がありました。

その後弱いケミカルピーリングのような作用があるディフェリンというビタミンAに構造が似た塗り薬が開発され、世界標準の薬となりましたが日本ではかなり経ってから導入され、今ではニキビ治療の主流の薬の1つとなっています。

しかし激しい活動性のニキビには十分効果がみられませんでした。

激しい活動性のニキビには海外ではビタミンAの飲み薬が使われ、日本でも輸入して使用するクリニックもありましたが、副作用が強く一般的な治療とはなりませんでした。

こうした治りにくいケースでも高周波で皮膚を焼き縮めるeマトリックスは効果的なことが多く、3~5日皮膚が赤くなるダウンタイムはありますが、容易にニキビをコントロールできることが多くなっています。

 

でこぼこ(凹凸)がかなり良くなりました。

eマトリックス治療を2回受けられた方のお言葉です。

eマトリックスは高周波で皮膚を部分的に焼き縮めるフラクショナル治療の1種です。

この方は他院で『フラクショナルレーザーを1年で7~8回受けたけれど効果を感じられなかった』ということでご相談にお越しになられ治療を受けられました。

『フラクショナルレーザーより痛くなく、効果もわかる』ということで今回が3回目の治療です。

eマトリックス治療は数日赤くなるダウンタイムがありますが、自信をもっておすすめできる毛穴、小じわ、ニキビ跡、ニキビ治療です。

 

最新の記事

2018年06月21日
宮島の牡蠣屋でランチを食べました
2018年06月20日
ワールドカップ初戦勝利!
2018年06月19日
阪神大震災のすごいゆれを思い出しました
2018年06月18日
ホームページのセキュリティレベルを上げました
2018年06月17日
24時間血糖測定装置がおもしろい

カテゴリ一覧

月別

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 0120212238

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談