さくら美容クリニック さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

同窓会で一番若いと褒められました

サーマクールCPTとPRPの併用治療後の1ヶ月目の検診がありました。

どちらも3ヶ月~6ヶ月かけて効果が増していくのでまだ完成形ではありません。

ただまだ1ヶ月にもかかわらず、すでに顔が引き締まってひとまわり小顔になり、目の下のたるみやゴルゴライン、ほうれい線も改善されていました

今まで髪の毛でフェイスラインを隠すようにしておられたのですが、改善したため自信がついて髪をバッサリ短く切られたそうです

最近同窓会もあったようで、その中でも一番若いと褒められたそうです

強力なたるみとり治療として、ウルセラもサーマクールもありますが、その方のお顔の状態に応じておすすめする治療が異なり、この方にはサーマクールCPTをおすすめしました。

まだ治療して1ヶ月ですのでさらに効果はすすむと思います

どこまで改善させるかを確認しながらリクエストすることができる

PRP治療のいいところに治療直後から改善を鏡で確認できるところがあります。

このため治療する時に自分で鏡をみていただいて、『もっとここを改善させたい』などと治療部位や程度をリクエストしていただくことができます。

正確には仕上がりは治療直後のままではなく、いったん少し腫れて、その腫れがひき、再度膨らんでくるのですが、最終的に治療時の仕上がりに近い感じになることが多いですので、調整することが可能なのです。

治療後の腫れも多くの場合軽度ですので、ほとんどの方は周りの人に気づかれずに治療を行うことができていると思います。

最近は男性でPRP治療を受けられる方もかなり多くなっています。

かなりご高齢の方も治療を受けられています

今は高齢の方でも元気な方が多く、ダンスやカラオケ、舞踊などのさまざまなイベントに参加されています。

このため人目が気になるということで、多くの方が治療を受けられています。

としを取るとPRPの効果がでないのではないかと心配される方もおられますが、90歳近くの方でも十分効果はみられ満足されていますので、安心して治療を受けていただければと思います。

PRP治療でゴルゴラインが改善

ゴルゴラインは頬骨のあたりが斜めにくぼんでいるラインのことをいいます。

インディアンラインとも呼ばれます。

今日のPRP検診の3人の方は3人ともゴルゴラインが改善されて若返られていました。

ゴルゴラインがはっきりしている方はゴルゴラインが改善することにより、頬がリフトアップして見えます。

暗い印象が明るい印象にかわります。

サプリメントで若返った??

PRP治療を受けられた方の1ヶ月検診がありました。

目の下のしわやくぼみ、ゴルゴライン、ほうれい線などPRP注入部位が改善して喜ばれていました。

ご主人にも若返りを指摘されたようなのですが、PRP治療を受けたことは秘密です。

ご主人には『サプリも飲んでいるからね』とごまかされたそうです

効果がでているだけでなく、他人に治療を受けたとは気づかれずに若返ったのも良かったと喜ばれていました

 

今日も80歳前の方の劇的若返り

今はフォトRFでシミやくすみ、お肌のはり治療を行われているのですが、ウルセラとPRPを行ってから4ヶ月半経っています。

目の下のたるみもゴルゴラインも強く、頬もたるまれているケースだったのですが、PRPで目の下のたるみやゴルゴラインがほぼなくなり、ウルセラで頬がリフトアップして治療効果としてほぼ完ぺきの仕上がりでした。

これだけ変化すると周りの方も驚かれているでしょうね

人に治療を知られるのはNGなので残念ですがモニターになっていただくことはできません。

傷跡も不自然さもまったくありませんから周りの方は何が起こったのか不思議に思われていると思います。

昨日の方も80歳前の方でしたが、高齢の方もたくさん治療を受けられています。

 

目の下のたるみは切らないと治らない?

昔は目の下のたるみは、余っている部分の皮膚と脂肪を切り取るしか方法がありませんでした。

しかし今はPRP治療でほとんどの方に満足いただけるレベルに改善させることができるようになりました。

注射をするだけですので、たいていのケースでは日常生活に支障なく治療を行うことができ、さらにほうれい線やマリオネットライン、手術では治すのが困難なゴルゴラインまで治すことができますので、切る手術を行うことがなくなりました。

 

 

PRPの再治療はかなりの頻度であります

『PRPは長期間持続効果があるはずなのに再治療とはどうして?』

効果が低いわけでも、持続期間が短いわけでもなく、実は満足度が高いからこそ再治療を受けられています。

若返った良い状態をいったん経験してしまうと少しでも老化が進むと、また治療をしたくなられるようです。

目の下のたるみはPRP治療では切らないため傷跡を残さず、ほとんどのケースで治療効果に満足されるので、切る治療をしなくなりました。

しかも目の下だけでなく、同時にゴルゴラインやほうれい線、マリオネットラインなどありとあらゆるしわやくぼみを改善できるので若返り効果が著明に見られます。

しかもそれをひとに知られず行えていることがほとんどなので人気があるわけです

何度も治療を受けたくなる

PRP治療は多くの場合5年以上効果が続くと思います。

でも実際には5年おかずに再治療を受けられるケースが非常に多くなっています。

効果がでて若返ってしまうと、その若さが普通になってしまって、少し老化を感じると治療を受けたくなられるようです。

ここ1週間くらいも毎日2回目や3回目のリピーターの方のPRP治療がありました

 

最新の記事

2018年07月22日
夏休みの二重手術は余裕をもって
2018年07月21日
そちらで手術を受ければ私のワキガは治るでしょうか?
2018年07月20日
人工知能が医師に勝つ時代がもうそこに
2018年07月19日
ウルセラによるリフトアップの写真
2018年07月18日
わきが手術の通院日数はどのくらいですか?

カテゴリ一覧

月別

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 0120212238

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談