来月中ごろにはソフウェーブ治療が開始できると思います

皮下数ミリのところをヤケドさせ、しわやたるみを改善させるソフウェーブ治療ですが、もうすぐ開始できるようになると思います。

まだ日本で3台目の新しい治療ですが、理論的に効くのは確実です。

以前にデモを受けていただいた方にも好評でした。

 

肌に当てる部分は

 

ソフウェーブはHIFUの1種で、ウルセラなどこれまでのHIFUは点状に凝固点を作りましたが、ソフウェーブは円柱状に凝固部位が生じます。

ウルセラも1.5ミリの深さのものがありましたが、それをはるかに強力にしたイメージです。

たるみやハリ・テクスチャ・肌質改善を目的とします

加熱範囲:真皮1.5㎜を中心に、深さ0.5~2.0㎜

加熱温度:60-70℃

凝固部位のサイズ :直径1.5㎜×長さ4㎜

立体的な円柱状の加熱で、他の治療にはないアプローチが可能で、真皮中層に60-70℃の熱をこれだけのボリュームで与えられるのは、ソフウェーブ(Sofwave)だけです。

とても楽しみです

光治療フォーマαも喜んでいただけているようです

以前は光治療としてはフォトRFを行っていましたが、今はフォーマαを行っています。

高周波部分RFはなくなったのですが、波長が異なるのと照射面自体が大きくなったのですが、照射数を減らすのではなく、その分たくさん照射するようにしてよりハリ改善効果を高めていますし、部分的に強くすることもできるようになり、シミ改善の選択肢も増え効果が増しました。

フォトRF時代からずっと治療を受けていただいている方がフォーマαにかわった感想を教えていただけました。

『顔全体が明るくなって化粧が楽になった』

『フォトRFの時は3ヶ月くらいでくすみを感じたがフォーマαは効果の持続が長い』

『高い化粧水を使うよりこの治療を受けていた方がいい』

と喜んでおられました。

 

院長がまた何か治療を受けた?

御贔屓いただいている患者さんが治療に来られた時に僕の診察が終わった後にスタッフに『院長がまた若くなってる?』とたずねられたそうです。

マスクをしていて顔がみえないのに鋭いですね

最近受けたのは水光注射です。

ご存じの方もおられると思いますが、水光注射はヒアルロン酸の液に美容液を足して顔の肌に細かく注射してお肌のハリなどを改善する治療方法です。

今回水光注射を行う機械がバージョンアップして、これまで5本針で注射していたのが9本針になったことと使用している針の太さもより細くなり34G針になりました。

僕もスタッフも肌のハリが良くなりました。

経過写真も近いうちに掲載したいと思います。

新型光治療フォーマαの経過➀

スタッフが光治療フォーマαを受けました。

フォーマαはIPLと呼ばれる光治療の1つです。

これまでの光治療よりシミへの反応が強くなっています。

治療前は

 

治療翌日はシミが反応してシミが黒く浮いています。

マイクロクラストと呼ばれる状態です。

マイクロ=ごく小さい クラスト=かさぶた です。

かさぶたといっても手で触っても通常のかさぶたのようなザラザラ感はありません。

これが数日で剥がれてシミが薄くなります。

1回だけの治療でなく通常複数回の治療を行います。

お化粧も直後からできますので、ガーゼやテープなどをすることもなく、シミやお肌のハリ、赤みなどを人知れず治療できるのが光治療のいいところです。