ワキガは手術で治し、たるみは美容機器で治しています

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

昨日カズレーザーの番組で若返り治療が特集されていましたね。

SMASの話もでていました。

もちろんたるみ治療時にはSMASも意識して治療しますが、SMASがたるんでいることだけが原因でなく、皮膚も皮下脂肪も治療のターゲットです。

だからフェイスリフトの手術時にもSMASを引き上げるだけでなく、脂肪吸引をしたり、皮膚も切除したりするわけです。

ただ皮膚を切るということ自体多くの人が抵抗があるため、皮膚を切らない治療が広く行われているわけです。

いっぽうさまざまなワキガ治療が行われていますが、当院では剪除法しか行っていません。

他の治療ではワキガが確実に治せないからです。

当院の治療機器を調べていただくとわかりますが、本当にたくさんの美容治療機器を備えていますが、ワキガに関してはそうした治療器を導入しておらず、剪除法のみで治療を行っているわけです。

そこに大きな意味があるわけです。

ミラドライの方が手術より優れていると宣伝しているクリニックもあります。

でもそのクリニックでミラドライを受けて治らなかった方が何人も当院へ手術を受けに来られているのです。

逆にたるみや肌治療器はたくさん導入しています。

皮膚表面はVENUS VIVA(フラクショナルRF)、浅い層を超音波で凝固するソフウェーブ、深い層を超音波で凝固するウルセラ、口の中から凝固させるフォトナなどさまざまな治療があります。

ワキガは手術のみで治療しているわけですが、たるみは糸で引き上げるスレッドリフト手術は行っておらずすべて美容機器で治療しています。

そこにも意味があるのです。

傷つけず、副作用なく確実に長期の効果をだしたいのです。

今回さらなる若返りの相談に来られた方はウルセラを1回、PRPを2回受けられているのですが、ウルセラを行ってから4年以上経った今もたるみは改善したままです。もちろん傷跡もありません。今回はソフウェーブ治療を提案しました。

 

フラクショナルRF治療後2日目の状態

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日はPRPやソフウェーブ、ヴィーナスビバなど若返り治療の多い日でした。

PRP治療後6ヶ月の方も目の下もほうれい線も改善し、とても喜ばれていましたラブラブ

僕がヴィーナスビバを受けて2日目の状態です。

よく見ないと赤みなどはわかりませんね。

目尻を拡大してみると角度によっては細かいカサブタがあるのがわかりますが、毛穴治療のカウンセリングに来られた方に僕の顔をお見せして説明していますが、わかりにくいようです。

以前行っていたブリッジセラピー(フラクショナル炭酸ガスレーザー)はダウンタイムが非常に長かったのですが、フラクショナルRFは効果は高くダウンタイムは短いので患者さんにも好評です。

 

肌入れ替え治療VENUS VIVA2日目の状態

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

 

黒い点状のやけど跡は昨日よりわかります。腫れがあるので今はシワは逆に目立っています。

VENUS VIVAは強い治療なのである程度のダウンタイムは避けられませんがその分しっかり効果がでます。

フラクショナルレーザーは効果を高めようとして強く行なうと色素沈着が長く続きましたが、フラクショナルRFはダウンタイムは短く、効果は高いので安心しておすすることができます。

やっとVENUS VIVAを受けることができました

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

何度か続けて受けたいと思っているのですが、なかなか時間がとれずごくたまにしか受けれませんが、やっとVENUS VIVAを受けることができました。

VENUS VIVAはフラクショナルRFといって高周波で皮膚を部分的にに点状にやけどさせ皮膚を入れ替える治療で、毛穴や小じわ、にきび、ニキビ跡などに効果的です。

従来のフラクショナルレーザーに比べて効果は高く、ダウンタイムは短くなっています。

VENUS VIVA治療後1日目の状態です。

顔が赤くムラになっているように見えると思います。

あごを拡大してみると

点状に黒くなっているのがわかります。

点状にやけどしている部分がそう見えているのです。

人によってダウンタイムの長さは異なりますが、僕は3~4日ほどだと思います。

先日のソフウェーブで顔を引き締めてたるみを改善し、今回のVENUS VIVAで表面の毛穴や小じわを改善しようとしているわけです。

 

 

VENUS VIVAの効果に驚き

『院長この写真を見てください

写真整理をしていたスタッフがVENUS VIVAの効果に驚いて発した言葉です。

先日はPRPの写真整理をしていた時にもいつもながらですが効果に驚いていましたが、今回はVENUS VIVAです。

VENUS VIVAは皮膚の表面を細かく焼き縮めて皮膚を入れ替える治療ですがこれによってニキビ跡や毛穴が良くなっているのをスタッフが写真の比較ではっきり確認できて興奮したのです。

VENUS VIVAはフラクショナルRFという高周波電流で皮膚を多数凝固させるグループの治療で以前使用していたeマトリックスよりダウンタイムが短くなっていると思います。

かなり以前はフラクショナルレーザーであるフラクセルやブリッジセラピー(炭酸ガスフラクショナルレーザー)を使用していましたが、フラクショナルRFの方が効果が高く、ダウンタイムも短くて済みますので今は毛穴やニキビ跡、ちりめんじわなどにはフラクショナルRFであるVENUS VIVAを好んで使っています。

 

僕がVENUS VIVA受けました

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

ソフウェーブを受けたかったのですが、諸事情でVENUS VIVA治療を受けました。

VENUS VIVAは電気で肌の一部を焼いて入れ替えるフラクショナルRF治療です。

毛穴やちりめんじわ、ニキビ跡を治療するのに以前はフラクセル2やブリッジセラピーなどフラクショナルレーザーを行っていたのですがダウンタイムと効果の面から今はフラクショナルRF治療を行っています。

治療直後です。

やはりソフウェーブでたるみ治療をする必要がありますね

eマトリックスは効果の高い毛穴・ニキビ跡治療です

美容皮膚治療で毛穴に効くと説明されて行われているものはたくさんあります。

でもその治療を受けて本当に効果を感じられましたか?

治療を受けてもごく短時間しか効果を感じられなかったのではないですか?

顔を強く平手打ちすると腫れます。

その腫れのために一時的に毛穴がましになるかもしれませんがそれは効果がでたとは言えないのではないですか?

ある意味それに近い治療がたくさん行われているのです。

もちろん短期間でもダウンタイムなくハリを出したい場合はそれでもいいのですが、eマトリックスなどの強力なフラクショナルRF(高周波)治療で皮膚を入れ替えれば毛穴やニキビ跡のくぼみが改善します。(フラクショナルレーザーではありません)

どのように改善するのかイメージがわかないと思うので毛穴を簡易的にイラストにしてみると

このギザギザのくぼみが毛穴だとします。

その山を削って、底を持ち上げることができれば毛穴は改善します。

つまり赤で囲った部分を削ってしまうのです。

すると

毛穴は浅く小さくなります。

これを繰り返すことでさらになめらかな肌に改善させることができます。

3~4日赤くなるダウンタイムを我慢できればこうした治療が可能です。