島根の方のワキガ手術

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日は島根の方のワキガ手術でした。

アポクリン腺です。

とても分厚いアポクリン腺でした。

このようなアポクリン腺が剪除法でない他の治療法で焼いたり、除去したりできるとは僕には思えません。

ハサミを使ってすべて丁寧に削りとると

そして細かく丁寧にアンカー縫合

こうしてまたひとりまたひとりとワキガが治っていきます。

島根の方のワキガ手術

今回のワキガ手術は島根の方で初めてのワキガ手術です。

切開してアポクリン腺と皮下脂肪の間を剥がしてアポクリン腺を含む層を露出します。

白い膜をかぶっていますがこの下にアポクリン腺があります

すべて丁寧に除去すると

アポクリン腺を除去した範囲を丁寧にアンカー縫合

左わきも

皮膚の壊死を防ぐためにたくさんのアンカー縫合を行っています。

逆にこれだけアンカー縫合を行うからこそ広くアポクリン腺が除去でき、ワキガを完全に治すことが可能なのです。

今回のわきが再発の手術は島根から

今回も他院手術後再発のわきが手術です。

前回手術時は臭いも汗もまったくよくならなかったということでしたので再発というより、アポクリン腺の取り残しと表現した方が正確かもしれません。

わきがの再発は実際は再発ではなくすべて取り残しです。

いいかげんな手術であってもわきを手術で傷つけるとしばらく神経も麻痺するのでいったんわきがが治ったように感じられることもありますが、数か月~1年するとまた臭いが気になるようになります。

切開して内部を確認するとやはりアポクリン腺がたくさん残っていました。

アポクリン腺をすべて綺麗に取り除くと

今も毎日わきが手術のご相談をいただいているのですが、3月は多くのご予約をいただいており、手術できる時間の空きが少ないので、ご希望の日程と会わないことが多くなっています。

今からカウンセリングを受けられても3月には手術できないかもしれません。

申し訳ありませんがご了承ください。

4月以降は今のところまだご予約可能ですので、手術をご希望される方は早めのご予約をおすすめさせていただきます。