臍帯血再生因子療法なら広島のさくら美容クリニック

さくら美容クリニック

診察メニュー

TOP >  診療メニュー >  エイジングケア >  臍帯血再生因子療法

たるみ・しわ

臍帯血再生因子療法

切らずに行う最新治療 臍帯血再生因子療法 肌のキメ、ハリ シミ 毛穴 小じわ 細胞レベルの若返り

臍帯血再生因子療法はHSCM100(臍帯血幹細胞培養液上清液製剤)を用いて行う肌の若返り治療です。
150種類以上の再生因子が、お肌の悩みを細胞レベルで改善することで、肌のキメやハリ、シミ、毛穴、小じわを改善します。

臍帯とは赤ちゃんとお母さんをつなぐ『へその緒』のことで、臍帯にある血液は赤ちゃんの血液で、さまざまな未分化細胞が含まれています。
この細胞はここから分裂や分化を繰り返し、からだのさまざまな部位に変化することのできる能力をもつ多能性のある細胞です。
幹細胞の培養液に含まれる再生因子は、幹細胞移植と同等の再生能力をもつとして注目されています。

へその緒から採取した「幹細胞」は臍帯血幹細胞と呼ばれ、培養すると特有の多種のタンパク質(再生因子)を分泌します。これが優れた再生能を持つ「臍帯血再生因子HS-CM100」です。

臍帯血再生因子HS-CM100に含まれる再生因子

臍帯血再生因子HS-CM100には、臍帯血幹細胞を培養中に生成/分泌されるタンパク質(IGF-1, IGF-2, EGF, IL-8, M-CSF, MCP-1, PDGF, IP-10, IGFBP-1, 2, 5 など150種以上の再生因子)が高濃度で含まれています。
これらのタンパク質は、皮膚や他の組織を再生させる因子として働き、優れた創傷治癒効果や組織再生をもたらします。

しかし、幹細胞培養液には幹細胞の由来によって再生因子の種類、濃度に違いがあり、臍帯血幹幹細胞由来では、再生因子の種類や濃度が脂肪幹細胞由来のそれと大きく異なり、臍帯血幹細胞由来の再生因子が多いことがわかります。

臍帯血再生因子HS-CM100に含まれる再生因子
IGF-1(インスリン様成長因子1)
IGF-2(インスリン様成長因子2)
MCP-1(単球走化活性因子)
IGFBP(インスリン様成長因子結合たんぱく質)
肌への投与は、塗る麻酔を行った後、オスモインジェクター(右写真)と呼ばれる40Gという極細でスリットの入った特殊な針やダーマペン、水光注射などで行います。
特にオスモインジェクターでは内出血することなく、治療をできます。
安全な臍帯血から培養・作成されています

臍帯血再生因子HS-CM100は、多分化能幹細胞研究に力を注いでいる世界最大規模の臍帯血バンクをもつ製薬会社ヒューコード社で製造されています。
“臍帯血”には幹細胞は含まれないとされてきましたが、2003年に世界で初めて臍帯血から幹細胞の抽出に成功したバイオ分野のリーディングカンパニーがヒューコード社です。
自社で産婦人科病院を運営し、臍帯の採取、保管、管理、製品の製造までを一元化した環境で行い、より安全な臍帯のみを母親の承諾を得て収集することのできる、世界でも数少ない臍帯血バンクの一つです。
権威のある学術誌「ネイチャー」が、ヒューコード社の技術力と臨床水準の高さを評価し、臍帯血幹細胞治療企業の中で、世界6大企業に選出しています。

臍帯血再生因子HS-CM100の効果

臍帯血再生因子HS-CM100には、多種で多量の再生因子が含まれていますが、1つの再生因子が各機序においていくつもの働きをするため、それぞれの再生因子のネットワークが皮膚や組織の再生能力を高めるものと考えられています。
たとえば、IGF-1(インスリン様成長因子1)の働きは、すべての細胞の成長に関与し、成長ホルモンの20~30倍の効果をもたらします。また、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の産生を促し、上皮細胞の成長にも関与するとされています。

このIGF-1の含有量をヒト由来幹細胞培養液(脂肪幹細胞由来)と比較した場合、臍帯血再生因子HS-CM100では264倍も高い濃度で含有しています。
これにより、より繊維芽細胞が活性化し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の増生が促されます。

期待される効果

皮膚再生・創傷治癒の促進、肌質・妊娠線の改善、美白作用、毛髪再生、アトピー性皮膚炎の改善などがあります。
未知の効果も予測され、皮膚科、形成外科、整形外科、口腔外科、歯科など臨床報告は増加しています。
※ヒアルロン酸注入でおこった血管閉塞による皮膚壊死を起こした組織を再生させた臨床事例もあります。

臍帯血再生因子HS-CM100の安全性

臍帯血再生因子HS-CM100には、細胞が含まれていません。幹細胞移植ではないため、幹細胞が腫瘍化するなどの危険性が回避できます。

臍帯血再生因子とホメオスタシス

臍帯血再生因子に存在する再生因子は、私たちの体がもつ「ホメオスタシス(生物学的恒常性)」を助ける働きするものと考えられます。臍帯血再生因子HS-CM100の多くの再生因子は体の異常を発見し、修復し、再生を促すものです。
急性期(組織機能不全)の細胞組織に対して臍帯血幹細胞由来の再生因子は、様々なサイトカインを動員しホメオスタシス(生物学的恒常性)を回復維持するために細胞組織の再生を行うものと考えられています。

よくある質問
プラセンタと何が違うのですか?
プラセンタは胎盤のことですが、胎盤まではお母さんの血液、へその緒は赤ちゃんの血液です。胎盤の内と外で血液型が変わることからもわかるように臍帯血は赤ちゃん側の血液です。
プラセンタは、酵素洗浄した胎盤から採取したもので、主な成分はアミノ酸となります。臍帯血再生因子HS-CM100は、成長因子そのものとなっています。
感染症などの安全面は大丈夫ですか?
臍帯血幹細胞(さいたいけつかんさいぼう)を培養する培地は、米国社製の牛胎児血清を使っているためBSE感染の問題はこれまでありません。
臍帯(さいたい)に関しては、自社の運営する産婦人科病院で一元管理された環境下で、母体、胎児、臍帯の検査を行い、世界最大の臍帯血バンクであることを活かし、安全で健康なものだけを選別し、保管したものを使用しています。
どのくらいの頻度で施術を受ければいいでしょうか?
肌のキメやハリ、シミ、毛穴縮小、小ジワといった肌の若返りでしたら、約2週間おきに4回の施術がすすめられています。肌の状態を見ながら施術間隔と回数を調節してください。
ニキビ痕やキズ痕の修復、アトピー性皮膚炎や毛髪再生ですと8回の施術が目安となります。
痛みはありますか?
オスモインジェクター40ゲージ極細針0.6mmを使えば、痛みはほとんど気になりません。効き目の高い麻酔クリームを塗布した後に施術しますので、痛みに敏感な方や心配な方も安心して治療をお受けいただくことができます。
ダウンタイムはありますか?
オスモインジェクターによる施術では、針刺しの痕は残りません。
臍帯血再生因子HS-CM100を注入後、個人差はありますが、紅斑や腫れがでますが、数日から1週間で自然消退します。万が一改善が見られない場合は、速やかに医師にご相談ください。
施術後、どのくらいで効果を実感できますか?
ヒアルロン酸注入のように治療後すぐに効果がでるものではありませんが、再生因子によって徐々に皮膚を再生させます。
術後2~3日くらいは化粧のりが悪いと感じる方もおられますが、次第に新しい皮膚に生まれ変わっていきます。1回目で実感しにくい方も、2週間~1ヶ月ほどの間隔で、2回目、3回目と継続していくと、実感していただけるようになります。
施術後、気を付けることはありますか?
1~2日は、直射日光に当たらないように気を付けてください。日焼け止めクリームを必ず塗布するようにしてください。
治療の流れ
1.洗顔後、お肌に麻酔クリームを塗布ししばらく待ちます。
2.40Gの極細の専用注射器オスモインジェクターを用いて、お肌に臍帯血再生因子を注入していきます。
針が細いため、ほとんど出血は起こりません。
3.そのままお帰りいただけます。
2週から1か月に1度の治療を複数回行います。
数か月かけてお肌の状態が改善されていきます。

料金表を見る

診療メニュー

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

桜美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談