さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

たるみ治療も効果が高い治療が好き

わきが治療は剪除法が好きというかそれしか行っていません。

その理由は1度の治療で確実に臭いをなくすことができる方法だからです。

顔のリフトアップを行うフェイスリフトという手術があります。

やり方によりますが、効果は確実です。

でも人に見せずに済むワキと違い、顔の場合は傷跡が大きな問題となります。

このため頬やフェイスラインのたるみを改善する方法としては効果は高く副作用は少なく傷跡のできないウルセラが好きです。


ウルセラはHIFUという超音波でやけどをさせる(凝固点を作る)治療で、アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる)に承認されているたるみ治療です。


美容クリニックで使用されている機器で、国内で開発・認可され、製造されている医療用の美容機器はほとんどなく、海外から輸入されたものがほぼすべてを占めています。


多数の機器がありますが実際にはどれが効果や安全性が高いのかわからないのです。


このためFDAに承認を受けているかどうかが大きな基準となっているのです。


あたためてたるみを改善するという美容機器はたくさんあります。


その中でもウルセラは皮下組織や筋膜をしっかりやけどさせて(凝固させて)効果を出す強い治療です。


『ウルセラは痛いが、新型のHIFUは痛くない』と宣伝されている機器もありますが、理屈に合わないので僕はまったく信用していません。


『痛いのはなぜなのか?』それはしっかりやけどしているからです。


ウルセラでも出力を弱めればいくらでも痛みを減らすことはできます。


つまり『痛くない=効果がないor弱い』ということになります。


効果をしっかりだすには安全に高い出力をだせる装置で強く多数の照射を行えばいいのです。


でも強く行った時の問題点は痛みです。


そこで高出力で行いながらできるだけ痛みを減らす工夫を行って僕はウルセラを照射しています。


効果はもちろん個人差があります。

でも切らないにもかかわらず、切る治療のような効果が出る場合もあるのでウルセラが好きです。

『ほんまでっか』で美容整形特集が組まれていました。

ほんまでっかテレビで美容整形特集が組まれていましたね。

その中でハイフ(HIFU)が紹介されていました。

ハイフは超音波で皮膚の奥をやけどさせることで引き締めて、たるみを改善する治療です。

当院にはハイフがベロハイフとウルセラシステムの2種類のハイフがあります。


ベロハイフが痛みが少ないもので、ウルセラがより効果の高いものになります。

番組では痛みの少ないハイフが紹介されていましたが、当院でこれにあたるものがベロハイフです。

ただ 痛くない=しっかりやけどをしていない=効果が低い ということにつながります。

当院では治療後に患者さんに充分効果を感じていただき、より喜んでいただきたいので基本的にはウルセラで強く治療することをお勧めしています。

ウルセラは日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAの承認を受けた治療となっています。

番組では3~6ヶ月に1度の治療をすすめていましたが、当院ではしっかり効果をだすようにしていますので、1度行うともっと長期間(年にわたって)効果を感じていただけると思います。

最新の記事

2022年06月25日
静岡の方のワキガ手術でした
2022年06月24日
ダウンタイムなく、若返ることが可能になっています
2022年06月23日
ワキガ手術後1年1ヶ月の状態です
2022年06月22日
三重の高校生のわきが手術でした
2022年06月21日
高知のスイカ『ルナピエナ』甘かったです

カテゴリ一覧

月別

皆さんの悩みにお応えする院長棒谷のお役立ち美容医療コラム

最新のたるみ治療を徹底比較

さくら美容クリニックの若返り治療 若返りの泉

キレイになりたい!を応援するBEAUTYマンガ

さくら美容クリニックチャンネル

さくら美容クリニックの美容塾

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

症例写真集

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談