さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

フィッシングメールが多くなっています

何か危機感をあおるメールを送ってきて、ログイン情報やパスワードなどを入力させるのがフィッシングメールですが、以前はすごくできの悪い見かけだったので、すぐにフィッシングメールだとわかったのですが、最近はかなり精巧になってきています。

そのようなメールが送られてきた場合はそのメール内のリンクをクリックせずに例えば楽天からのメールだったら、楽天のサイトをまず検索して本物の楽天サイトを開き、そこでメールで伝えられた内容が本当なのかをチェックすることが必要です。

本当のサイトにもこんなメールに注意というお知らせがあることも多いです。

ややこしくてわからないなら、自分で処理しようとせず、ネットのできる自分の家族にもみてもらうことが必要です。

 

治療後の検診も行っています

ほとんどの治療で治療後の検診も行っています。

定期的に検診をしていないのは、ほくろと二重手術くらいでしょうか。

でも何か異常を感じたり、二重手術だと手術後3ヶ月経っても二重に左右差があったり、希望の二重と違っていたりすれば検診に来るように伝えています。

わきが手術を行って1年経ってから検診に来られれば、臭いがなくなっているかも確認しています。

自分たちが受けたい治療を行っています

どんな治療がいい治療なのか?

それは自分たちやその家族も受けたくなるような治療を行うことだと思っています。

当院で行っている手術や治療の多くを僕やクリニックの受付や看護師や家族が受けています。

自分たちが受ける治療だから自信をもって人にもすすめられるのです。

 

ワキガ手術を含めすべての手術を院長である僕が行っています

当院ではすべてのカウンセリングも手術も院長である僕が行っていますので、カウンセリングと手術のドクターが違うなどということはありません。

連日のわきが手術ですが、今日もアポクリン腺はたくさんありました。

ピンクでプリプリしているところがアポクリン腺です。

アポクリン腺がある範囲を目で見ながら確認し、すべて除去します。

完全に除去したところです。

手術だけでなく手術後の検診も僕が必ず行っています。

 

前後幅の広いワキガ手術

当院のワキガ手術は目でアポクリン腺を確認しながら行う直視下剪除法です。

アポクリン腺は

アポクリン腺を除去すると

アポクリン腺の範囲は人それぞれですので、手術の範囲が異なることになり、アンカー縫合を行っている範囲も異なることになります。

今回の方は前後に長いため丸っぽいですが

左右に長い方もおられます。

どんな形であろうがアポクリン腺は完全に除去します。

わきが手術の経過について⑥ 10年後~

ワキガ治療の経過や傷跡のことをたずねられますので、①から⑤まで説明してきましたが今回は10年以上経ってからの状態です。

時間が経ってから、傷跡を見せていただく機会は少なく、実際にどこまできれいに治っているのかは手術している僕たちにもよくわかっていません。

でもいくつか見せていただく機会があったケースをご紹介します。

すべて掲載のご承諾を得ています。

まずお一人目は10年以上前に当院で手術を受けられた方がお子さんのワキガ治療のために来られた時にワキの検診を行った時の状態です。

もちろんワキガは治ったままです。

切った部分が少し白く残っているのと、皮膚をくっつけるためにアンカー縫合をした部分がところどころ白く残っていましたが、かなりきれいな状態でした。

中にはケロイド状に膨らむケースもあるので、全員このように治るわけではないと思いますが、少なくとも全員がひどい傷跡になるわけではないのがわかります。

次は別の方の10年後の状態です。1度目の手術は他院で剪除法を受けられたもののワキガが治らなかっため、当院で2回目の剪除法の手術を受けられた方が手術後約10年経ちました。

当院の手術でワキガは完治し満足されています。

別のブログでもご紹介していますが今回は娘さんのワキガの相談に来られたのですが、その際にわきの検診を行った時の写真です。

今の状態は

色素沈着が薄く残っているのと一部傷跡があります。

傷跡は当院の手術の痕だけでなく前回の手術の影響もあります。

毛は数本生えています。

手術後1ヶ月経ったところから通院されなくなったのでこれまで術後の処置は行っていません。

今回皮脂が溜まっているところは除去しました。

次の方は当院でワキガ手術を受けられて13年経った方です。

右ワキ

左ワキ

僕たちはワキガの手術を受けたということを知っている上で見るので傷跡はここかなという目でみて少しわかる程度です。

知らなければこのワキを間近でみても手術を受けたことはきっとわかりません。

時間が経ってから傷の経過を診せていただくことがあまりないのでどのくらいが普通なのかがわかりませんが、『完全にワキガが治るきっちりした手術をするとみんなひどい傷が残る』というわけではないことがわかると思います。

もちろんワキガの再発はありません。

このような結果を得るためにワキガをなくすだけでなく、できるだけきれいに治すために多数のアンカー縫合も行い、時間をかけた丁寧な手術を毎回行っています。

ただ長期に経過して今回はお子さんのワキガ手術のために来られたり、他の治療に来られたりしている方はご自身がいい経過だから受診されているつまりチャンピオンデータばかりをみている可能性もあると思いながら見ています。

今回ご紹介したケースには傷跡が膨らんで治療を加えたケースがありませんので今後そうした症例写真も作成していきたいと思います。

 

冷凍高級食パン買ってみました

チラシが入っていたので、昼ご飯後の運動がてらに24時間販売されている冷凍高級食パン買ってきました。最近話題の無人販売です。

『すい~つ食ぱん』と書かれているように甘めのパンです。

『高級食パンは焼かずに食べた方がおいしい』といわれているので僕はそのまま食べたのですが、スタッフは『焼いて食べた方がおいしかった』と言っていました。

いったん冷凍されているのでそうなのかもしれません。

 

新型の独創的なHIFUソフウェーブであご下のたるみが治られていました

今日検診のあったソフウェーブ治療2ヶ月後の方のあご下やフェイスラインのたるみが著明に改善していました。

ウルセラは4.5ミリ、3ミリ、1.5ミリの深さに作用するハンドピースがあるのですが、1.5ミリの作用があまりに弱いと僕は感じるため、これまで4.5ミリ、3ミリのみを使って治療を行ってきました。

ウルセラはしっかり行えばたるみ改善効果の高いHIFUなのですが、皮膚だけがたるんでいる場合の効果がもうひとつでした。

最近登場したソフウェーブもHIFUなのですが、この1.5ミリの深さに強く作用させることができるのが特徴です。

理屈の上で効くことはわかっていたのですが、やはり皮膚そのもののたるみにも効果が高いのを実感しました。

ソフウェーブすごいです

 

 

わきが手術の経過について⑤ 3~4年後

ワキガ手術後長く経ってからの検診はまれですが、今回は手術後3年の方と4年の方の経過です。

3年目の方は

右ワキは

左ワキは

右ワキはよく見ると少し切開部分がわかりますが、傷があると思いながらみないとわかりません

左ワキは傷自体わかりません

臭いや汗もまったく気にならなくなったままということでした。

4年目の方は

ご兄弟のカウンセリングにたまたまついてこられたので検診を行いました。

まず左ワキです。

美容と健康の魔法の杖
傷跡はわかりにくいです

次は右ワキです。
美容と健康の魔法の杖
今回少し処置を行って皮脂を除去したので、少し赤い部分がありますが、こちらも傷跡は目立ちません

汗も臭いもなくなり、快適だということです

もちろん全員傷跡無く治るわけではありませんが、ワキガの臭いはなくなり完治されています。

最新の記事

2022年05月26日
10年以上経ってもきれいな二重
2022年05月25日
男性のワキガ手術でした
2022年05月24日
ウルセラ:たるみに応じて照射の仕方を変えています
2022年05月23日
ワキガ完治には丁寧な剪除法が必要
2022年05月22日
長期に続いたウルセラ(HIFU)の効果

カテゴリ一覧

月別

皆さんの悩みにお応えする院長棒谷のお役立ち美容医療コラム

最新のたるみ治療を徹底比較

さくら美容クリニックの若返り治療 若返りの泉

キレイになりたい!を応援するBEAUTYマンガ

さくら美容クリニックチャンネル

さくら美容クリニックの美容塾

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

症例写真集

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談