さくら美容クリニック さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

クールスカルプティング(ゼルティック)受けました

以前も受けたことがありますが、バージョンアップして新型になったので、違いがあるのかを確認する意味もあってクールスカルプティングを受けてみました。

以前は1か所1時間かかったのですが、新型になって冷却する部分に改良が加えられ、冷却効率がアップして35分で済むようになったので、さらに楽になりました。

冷却したあとはマッサージするのですが、シャーベットのようにシャリシャリした感じがする方もおられますのでおもしろいと思います。

吸引をして冷やすので、キスマークのように内出血がでることもあるのですが、僕はでませんでした。

あとは2~3ヶ月で徐々に皮下脂肪が減っていき、さらに効果を高めたい場合は治療を追加します。

クールスカルプティングは薬機法という法律をパスした機器ですので、あやしげな治療でなく、国が認めた治療です。

ただ適当に冷やす機械ではありません。

光治療ではたるみはなおらない

他院で『eマックスをかなりの回数受けたけれどもたるみが治らなかった』ということで当院でPRPを受けられた方がおられました。

eマックスを受けると2週間くらいはたるみが改善したような気がしても1ヶ月もすると元通りに感じられるようです。

eマックスは当院にあるフォトRFと同じ治療器ですが、確かに患者さんに説明する時に見せる説明書にたるみがなおるかのように書かれていますが、そもそも僕が説明する時にはこの治療ではたるみは治らないのでたるみを気にされるなら他の強い治療を行ってくださいと説明しています。

eMAXやフォトRF、フォトフェイシャル、ライムライトなどの光治療でたるみが治るとは僕は思っていませんし、患者さんにもたるみに効くと説明していません。

具体的にはウルセラやサーマクールなどの強力な治療がたるみには適応です。

PRP治療直後にすでに目の下のたるみやほうれい線が改善しているのを見て喜ばれていました。

太もも脂肪吸引手術でした

当院にはクールスカルプティングやスカルプシュアーなど美容機器を使った皮下脂肪減少機器をたくさん導入しているので、手術は不得意なんじゃないかとい思われる方もおられるかもしれませんが、脂肪吸引は得意な手術の1つです。

時代の要請があるのでクールスカルプティングやスカルプシュアーなども導入していますが、脂肪吸引は彫刻と同じで、術者の技量が試される治療で、自分の美術作品を作成しているのと同じことなのでとてもやりがいがあります。

3回目のわきが手術を受けられた方が喜ばれていました

以前2回他院でワキガ手術を受けられていて、1回目は3~4年前に中部地方でミラドライによる治療、その後2回目は東京で剪除法によるわきが治療を受けられたものの結局わきがが治らず、仕事仲間にわきがの臭いを指摘されて落ち込んで、遠方に住まれているにもかかわらずこちらに相談に来られて手術をうけられました。

今回が3度目の手術となります。

まだ当院での剪除法での手術をして間もないですので、いまわきが臭がしなくても、わきが臭が無くなっているかどうかを判断することはできないのですが(わきがが治っている自信はあるのですが、客観的に判定できないだけです)、術後の傷の経過が以前の手術より良いとお褒めをいただきました。

わきが手術は広範囲にアポクリン腺を取り除くのですが、取り除いた部分は皮膚が浮いてしまいますので、それを血がたまるトラブルなく、再度元どうりに皮膚を貼り付ける作業が必要となります。

このために僕はたくさん皮膚を縫い付けます。これをアンカー縫合といいます。アンカーというのは舟が流れないようにつないでおく⚓いかりのことです。

アンカー縫合自体がまれに線状に残ることがあることを嫌って、アンカー縫合を少なくしかしない術者もいると思いますが、アンカー縫合を十分行わなければ、皮膚が浮いてその部分に血がたまって線状の傷どころではなくなってしまいます。

今回もアンカー縫合をたくさん行っているからこそ経過がいいと感じられているわけです。

アンカー縫合を多数行うのには非常に時間がかかり、そのために手術時間が長くなっているのですが、アンカー縫合をたくさん行うからこそ、広範囲のアポクリン腺を取り除けていて、再発のないわきが手術を行えているわけです。時間がかかってもこれからも再発のない丁寧な手術を続けていこうと思います。(ちなみにこの方が2回目に受けられた手術はアンカー縫合をあまりしない方がいいと主張しているクリニックで受けられています)

ミラドライによる治療が何が何でも悪いわけではなく、ワキガの臭いが充分軽減できない可能性があるのに、治るような話をするならそれはダメだと思います。

切る手術は傷跡が残る可能性があります。でも上手に行えばわきがを完全に治すことができると思います。親族や友人、知人に治療を依頼された場合でもすべて剪除法での手術を行っています。

浅煎りのコーヒーが癌の増殖を抑制した?

深煎りのコーヒーと比べて、浅煎りのコーヒーの方がより癌の増殖を抑制したという論文がでているようです。

該当の論文

ただこれは試験管内でがん細胞をコーヒーに浸した実験のようですので、浅煎りコーヒーを飲んだ方がいいということには直接つながらないと思います。

 

どこまで改善させるかを確認しながらリクエストすることができる

PRP治療のいいところに治療直後から改善を鏡で確認できるところがあります。

このため治療する時に自分で鏡をみていただいて、『もっとここを改善させたい』などと治療部位や程度をリクエストしていただくことができます。

正確には仕上がりは治療直後のままではなく、いったん少し腫れて、その腫れがひき、再度膨らんでくるのですが、最終的に治療時の仕上がりに近い感じになることが多いですので、調整することが可能なのです。

治療後の腫れも多くの場合軽度ですので、ほとんどの方は周りの人に気づかれずに治療を行うことができていると思います。

最近は男性でPRP治療を受けられる方もかなり多くなっています。

飲む日焼け止め?

今は飲む日焼け止めもいろんな種類がでています。

短期に飲むぶんにはどれを飲んでもいいのかもしれませんが、長期に飲む場合にはビタミンCがおすすめです。

中でも吸収されやすいリポカプセルビタミンCをおすすめしています。

ビタミンCは本来からだに必要なものですから、日焼けを早く引かせるだけでない他の効果も期待でき、なにより安全です。

 

ウルセラPRPで10歳以上の若返り?

ウルセラとPRPを受けられて4ヶ月目の検診がありました。

この方は今回のウルセラとPRPは2回目で、前回は5年くらい前です。

買い物に行った時に年齢を確認されることがあり、自分の年齢を言ったところ、10歳以上若く見えると驚かれたということで喜んでおられました

お世辞ではなく、本当に10歳くらいは若く見えました

スカルプシュアーやクールスカルプティングによる部分痩せ治療が増加傾向

これから肌の露出が多くシーズンですので、夏に向けて部分痩せ治療を受けられる方が増えています。

さくら美容クリニックにはレーザーで脂肪を溶かすスカルプシュアーも冷却で脂肪を溶かすクールスカルプティングもあります。

つまり脂肪は暖めても、冷やしても減ることがわかっているのです。

どちらもほぼダウンタイムはありませんが、クールスカルプティングが吸引しながら冷やすのでキスマークのように少し内出血がみられることがあります。

今日の方はクールスカルプティングを選択されて治療を受けられました。

1か所行うのに35分かかり、はじめの10分くらい冷た痛い感じになることがあるのですが、この方は治療の不快感はまったくないようでした。

治療後にご自分の治療部位をさわっていただいたのですが、脂肪がシャリシャリになっているのがわかって驚かれていました。

アポクリン腺がいっぱい~ワキガ再発の手術

今回も他府県から来られたワキガ治療後の再発のケースです。

以前の治療は機器を使ったワキガ手術だったようです。

手術台に寝転んでいただいて手術するわけですが、その前に座った段階ですでにワキガ臭がしていました。以前治療を受けられているにもかかわらずです。ご本人はひとに気づかれないように隠すのが大変だっただろうと思います。

今回は切る手術ですので、切り開いて内部を見るとアポクリン腺が驚くほどぎっしりありました。

前回本当に治療したのかというくらいたくさんのアポクリン腺が残っていました。

すべてきれいに取り除き手術を終えました。

これでワキガ臭に悩むことはありません。

最新の記事

2018年08月16日
カープついにマジック32
2018年08月15日
学会で台湾に行けず・・・
2018年08月14日
マイクロ波によるワキ多汗症治療?
2018年08月13日
ワキガ手術後2年、再発なくきれいに治っていました
2018年08月12日
日焼けをすることで老化が進む動画を見せると日焼けをしなくなる?

カテゴリ一覧

月別

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 0120212238

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談