さくら美容クリニック さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

長期連休を利用してワキガ手術

長期連休を利用してワキガ手術を受けられる方が多く、ここ数日は毎日ワキガ手術です。

過去に再発したことがない当院のワキガ手術を希望されて遠くからお越しいただく方もかなり多くなっています。

最近手術された東京の方はご自分のアポクリン腺をみたいということでしたので掲載します。

手術前のアポクリン腺の状態は

右ワキ内側

右ワキ外側

丁寧にアポクリン腺を除去した後の右ワキ内側

アポクリン腺を除去した後の右ワキ外側

これで今後ワキガ臭に悩むことはありません。

 

ワキの汗は全く気にならなくなりました。

ワキガ手術とワキ多汗の手術は基本的には同じ手術なのですが、2年前にわきの多汗で手術された方が検診に来られた時に、『治療前の汗の量を100%とするとどのくらいになりましたか?』とたずねてみました。

お答えは『ワキの汗は全く気にならなくなりました。10%以下になっていると思います。』ということでした。

ワキガの臭いに関係するのはアポクリン腺で、ワキの汗の量に主に関係するのはエクリン腺です。

アポクリン腺はやや深い層、エクリン腺は浅い層に存在し、皮膚をすべて取り除くことはできないので、エクリン腺をすべて取り除くことはできないことから汗をゼロにすることはできませんが、通常直視下剪除法でワキの手術を行えばかなり汗を減らすことができます。

 

ゴールデンウィークはたくさんの治療のご予約をいただいています

カープは7連勝で波に乗ってきました。

ありがたいことですが、クリニックはゴールデンウィークはすでに治療のご予約でいっぱいで、とくに前半3分の2くらいはこれからご予約をいただくのは難しそうですが、後半3分の1くらいはまだご予約をいただけます。

ダウンタイムのあまりない治療もあるので、あきらめずにご予約いただければと思います。

たるみ治療の歴史と今②

前回のたるみ治療のお話は主に頬や顎下のリフトアップに関するお話でしたが、今回はさらに気にされている方の多い『目の下のたるみやくぼみ・クマ』についてのお話です。


前回もご説明させていただきましたが、以前は目の下の皮膚と脂肪を切り取る方法や脂肪を抜き取る方法しかなく、手術は躊躇される方が多かったので、結局カウンセリングで話をきいても切るとなると治療を受けられない方が多かったのです。


目の下の脂肪を抜く方法は若い方には適応があることがありますが、脂肪をとることで皮膚がたるんでしまうことがあるのと適量抜くことが一度の治療では難しかったりすることや、やはり皮膚を切る方法では傷跡が問題となったりしました。またどちらも腫れや内出血などのダウンタイムが長かったり、適応の判断をあやまると目の下がくぼんでしまって逆にげっそりした感じになってむしろ老けてしまうというようなことがおこりました。


そこへPRP注入が登場したことでくぼんでいる部分をPRP注入を行うことでほとんどの方で満足を得られるようになったのです。


吸収されるヒアルロン酸注入で改善できる場合もあるのですが、効果が短いことやヒアルロン酸注入だとチンダル現象と言ってむくんで腫れがでてしまってかえってたるんでみえてしまうことがあるのとヒアルロン酸注入によって失明してしまった方が日本ででて、ヒアルロン酸注入の危険性が指摘されるようになり、目の周りへのヒアルロン酸注入をやめてしまったクリニックもあります。


手術もやはり脂肪を除去するだけではかえってくぼんでしまうことがあることに気づいて、脂肪を除去せずにずらして固定する方法などが考案されています。しかし手術の場合は1度でうまく修正できなかった時に2度目の手術がさらに困難になることもあります。


もちろんその方のたるみの状態などによってもおすすめの治療は異なるのですが、PRP治療でほとんどの方に満足をいただけることやPRP治療では目の下だけでなくほうれい線やゴルゴラインなど多部位に治療・改善できることからPRP治療を選択される方が増えているのです。

カープが5連勝です

劇的なサヨナラ勝ちで5連勝ですね。

これまで連勝がなかったというのがウソのような5連勝です。
 
まだまだ安定しているとは言いがたいですが、帳尻を合わせてきました。
 
これからですね。😀

『4~5年は楽しく暮らせそう』と喜ばれていました

最近はご高齢の方でも元気に活動しておられますので80代の方で若返り治療を受けられる方も多くおられます。

今日の検診の方もご主人と一緒に検診に来られたのですが、ほうれい線も目の下のたるみもかなり改善し、しかも全く違和感のない自然な感じの改善です。『4~5年は楽しく暮らせそう』と喜んでいただきました。

カープ4連勝で5位に浮上

カープは4連勝し、5位に浮上しました

開幕して4カード連続負け越したチームの優勝は0%と言われていますが、

まだはじまったばかりなので巻き返しは十分可能です。

この調子でがんばってほしいですね。

たるみ治療の歴史と今

たるみが気になる場合にどんな治療があるのか?

昔はたるんでいる部分を切り取って縫い縮める方法しかありませんでした。

治療後の傷跡や腫れや内出血などのダウンタイムもあり、誰もが簡単に受けれる治療ではなかったんですね。

切る手術しかない時代はクリニックにカウンセリングに来られても話を聞いて治療を断念される方がほとんどでした。

その後切らない治療がいくつもでてきました。

1つは糸で吊り上げる方法で、ギザギザのかえし(トゲ)がついた糸を皮膚の下に挿入し、脂肪などの皮下組織をひっかけてずらす方法です。

この糸の治療の中にも種類があって、吸収する糸を使う方法と吸収しない糸を使う方法、そしてフローティングタイプと呼ばれる固定しない方法と側頭部の筋膜や筋肉に固定する方法があります。

吸収しない糸や側頭部に固定する方法は副作用が問題となることがあり、吸収する糸を使って固定しない方法が多くなっています。

もうひとつは手術でなく、機器を使ってたるみを改善する方法です。

その中で代表的なものがウルセラシステム(ウルセラ)とサーマクールです。

ウルセラはHIFUと呼ばれる治療の1つで超音波を使う方法でサーマクールは高周波を使う治療です。

どちらも皮下を高温にして効果をだす治療で、簡単に言えばお肉を焼くとお肉が縮む原理です。

今はそんなことはありませんが、サーマクールは昔は本当にやけどを起こしてしまうことがありました。

サーマクールはボリュームが減りやすく、ウルセラはリフトアップ効果が強い治療になります。

では糸を使う方法がいいのか、機器を使う方法がいいのかという話ですが、僕自身は機器を使った治療で様々な工夫を行った結果、長期に効果を感じていただけるようになったのでウルセラやサーマクールの治療を好んで行っています。

先日の美容外科学会で糸を使ったたるみとり治療は半年で効果がなくなるという話だったのですが、今日ウルセラの1年検診をされた方も十分効果が続いており、ご本人も満足されていました。

 

 

最新の記事

2019年08月26日
肥満にならないワクチンができる?
2019年08月25日
男性もかなり若返り治療を受けられています
2019年08月24日
鹿児島の方のわきが手術でした。
2019年08月23日
あるお休みの日
2019年08月22日
ウルセラは効果が高く、しかも自然なリフトアップができます

カテゴリ一覧

月別

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 0120212238

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談