さくら美容クリニック さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

F1オーストリアGP決勝レッドブルホンダはついに最前列からスタート

昨日の予選でレッドブルホンダのフェルスタッペンは3位だったのですが、2位のメルセデスAMGのハミルトンが他車の走行の妨害をしたと判断されて降格されるペナルティを受けたので、決勝は2位の位置からのスタートとなりました。1位はフェラーリのルクレールです。

フェラーリはエンジンのパワーが優れているといわれ、メルセデスAMGは総合力に優れ、今期連勝中です。

レッドブルホンダは楽に勝つことはできないと思いますが、いい位置からのスタートなので今夜の決勝に期待したいと思います。

 

近々PRP治療を受ける可能性があるならヒアルロン酸注射は受けない方がいい

他院でのヒアルロン酸注射の結果に不満足で、PRP治療を受けられることになったのでヒアルロン酸を溶かすヒアルロニダーゼの注射を行いました。

PRPは持続期間が長期ですが、ヒアルロン酸は早くなくなってしまうので、ヒアルロン酸が残った状態でPRPを注入すると、はじめは見た目が正常でも注入されたヒアルロン酸が吸収されるにしたがって、ヒアルロン酸が減った部分がくぼんでおかしくなってしまう可能性があります。

このためいったんヒアルロン酸を溶かしてしまってもとのしわやくぼみにしてからPRPを注入することになります。

このような場合ヒアルロン酸の費用もヒアルロン酸を溶かすヒアルロニダーゼ分の費用も無駄になってしまうので、慎重に何を注入するかを決められた方がいいと思います。

この方はPRP治療を受けたかったにもかかわらず、前クリニックでほうれい線にはヒアルロン酸しか効かないと説明されて、おかしいと思いながらもヒアルロン酸を受けてしまったそうですが、ほうれい線もゴルゴラインも目の下のクマやくぼみ、マリオネットラインなどあらゆるしわやくぼみをPRP治療で改善させることが可能です。

 

PRP後のウルセラ治療でした

PRP治療を受けられてゴルゴラインが良くなり、喜ばれて今度はウルセラ治療を受けられました。

この方は以前他院でヒアルロン酸注入を受けてゴルゴラインが治らなかったのが、当院でPRPを受けられて満足されています。

PRP治療は浅いしわから深いしわやくぼみまで幅広く治療でき、持続期間も長いので非常に満足度が高い治療となっています。

 

ロタウイルスワクチンで1型糖尿病の発生を減らせるかも!?

ロタウイルスは乳幼児の下痢症の大きな原因です。

そして1型糖尿病は膵臓から血糖値を下げるインスリンがでなくなるため高血糖になってしまう病気でインスリンの補充が必要となります。

1型糖尿病の原因はまだはっきりしていないのですが、ウイルスが膵臓のインスリンを分泌する細胞に感染し、細胞を破壊してインスリンがでなくなることも一因だと考えられています。

ロタウイルスワクチンをうった人に1型糖尿病発生率が少なくなったというデータがでています。

これはロタウイルスが膵臓のインスリン分泌細胞を破壊してインスリンをでなくしている場合があって、それをロタウイルスワクチンでしっかり防ぐことで1型糖尿病の発生を少なくできるのではないかというわけです。

1型糖尿病のすべてを防げるわけではありませんが、ワクチンで防げる人がいるのなら有用なことです。

 

 

美容鍼(はり)で若返り

『鍼を打つだけで本当にリフトアップできるのか?』と疑われる方もおられるかと思いますが、ある程度リフトアップはできそうです。

ただ組織が変化しているわけではなく、おそらく筋肉が収縮してそう見えるだけでなので効果は一時的です。

でも通常の美容皮膚治療と原理が異なるので、使いようによって何か生かすことができるかもしれません。

成長期(学生時代)のわきがは治る?治らない?

今日もいつもの他院術後のわきが再発の相談で、はるばる関東から来られた方でした。

この方の親戚の方が当院でわきが手術をうけて完全に治られているため紹介を受けて受診されました。

診察すると脇には腋毛がたくさん残っており、前回の手術はあきらかに不充分なことがわかりました。

前回手術を受けた時にワキガが治らなかったので、そのクリニックに術後の診察に行って、『ワキガの臭いがまったく治っていない』と伝えてもドクターの診察はなく、カウンセラーがでてきて対応するだけで『成長期だから様子を見てください。以上』というような感じで、『ここではもう何を言ってもだめだな』とあきらめて今回当院を受診されました。

『成長期だから様子を見てください』って何を言っているのか意味が分かりませんよね。

成長期で周囲の子供たちと身近に過ごし、体育で汗もかくからより臭いを気にして手術したのに。

『成長期は再発しても仕方がない』とでも言いたいのでしょうか?

手術前にそんな説明はなく、しかも同年代の親戚は当院で手術を受けて完全にわきがが治っています。

きちんとアポクリン腺を除去すればわきがは治ります。

 

ワキガを再発させないようにアポクリン腺をきちんと除去する方法

単純に考えればアポクリン腺をすべて露出させて取り除けばいいだけですが、それを充分行わないとアポクリン汗腺の取り残しがでて再発というかわきがの臭いが治らないわけです。

切開を加えてからアポクリン腺の層と皮下脂肪の層を分けてアポクリン腺がある範囲を目で確認しながら露出していきます。

切った部分近くにたくさんのアポクリン腺があります。

もう少し奥へ進んでもたくさんのアポクリン腺があります。

さらに奥へすすむとまばらにはなってきますが、まだアポクリン腺がところどころに存在します

わかりにくかもしれないのでアポクリン腺部分に赤丸をつけてみると

こうしてアポクリン腺をすべて確認しながらこのアポクリン腺をきちんと取り除けばワキガは治ります。

これが直視下剪除法です。

逆に言えばこうして確認しながらアポクリン汗腺をすべて除去しないとアポクリン汗腺が残って臭いが残ることになります。

 

スマホを長時間すると頭の骨がでっぱってくる?

オーストラリアの研究者が18歳から86歳までの1200名を対象に調査したところ、33%の人に頭の後ろの骨(外後頭隆起)突出していたという研究結果を発表しています。

テキスト・ネック(スマホ首)といって前かがみになってスマートフォンなどを長時間、頻繁に操作し続けることによって引き起こされる首の張りや痛みがおこりますが、骨までできてしまうという話です。特に若者に骨化がおこりやすいようです。

スマホを長時間してはいけないという話は以前もしています。

以前のブログ(スマホの使用は1時間以内にしないといけない?)

 

口の中の衛生は大切です

以前は口の中の衛生状態が全身に影響するなどと思われていませんでしたが、今は手術前に虫歯や歯周病をチェックするぐらいなので時代がかわればかわるものです。

ロイテリ菌が歯周病にいいというような発表もされていますが、何が一番いいのかはまだ分かっていないと思います。でも口の中の衛生は大切なのは間違いがないと思います。

口腔内のことでは水銀の合金のアマルガムの詰め物も以前は普通に使われていたわけですが、深刻な害があると言われ、今では保険適応からもはずれ使用されなくなりました。

 

今日も他院術後の再発のわきがアポクリン汗腺除去でした

今日は姫路から手術に来られた方でした。

この方は以前はわざわざ東京まで行って、稲葉式に類する治療を受けたもののわきがはなおらず、制汗剤を使っても汗をかきやすい夏場はワキガの臭いをごまかすことができないため夏場は仕事以外は家にひきこもって外へでないそうです。

友人の結婚式があっても夏場は怖くて参加できず、夏は友人に誘われても遊ぶのもすべて断ってしまうので、悲しいことに『今では友人がほとんどいなくなってしまった。』と話されていました。

手術の時には麻酔をかけてからメスを入れるわけですが、メスで切った瞬間に残っているアポクリン汗腺が顔を出し、アポクリン汗腺が残っていることがはっきりわかりました。この時点でアポクリン汗腺をきちんと除去すればわきがが治ることは確定です。

赤で囲んでいる部分がアポクリン汗腺が見えているところで、ここだけにアポクリン汗腺があるように見えるかもしれませんが、実際にはここはメスで切った切断面だからアポクリン汗腺が見えているだけで青で囲った部分(前回手術の瘢痕部分)を削るとその奥に赤で囲われた部分のようにアポクリン汗腺がたくさん残っていました。つまり脇全体にアポクリン汗腺が残っていたわけですがすべて丁寧に除去しました。

これで夏場もわきがを気にしなくてよくなると思います。

これからの人生がかわるといいですね。

 

最新の記事

2020年06月03日
目の下のたるみPRP治療3ヶ月目の方も喜ばれていました
2020年06月02日
キューのキラリ人に掲載されます
2020年06月01日
目の上のくぼみも目の下のくぼみもほうれい線も良くなられていました。
2020年05月31日
本日のワキガ手術のアポクリン腺
2020年05月30日
ワキガレーザー治療後再発の男性のワキガ手術

カテゴリ一覧

月別

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 0120212238

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談