超音波HIFUによるたるみ治療ウルセラシステムをスタッフが受けました

どの治療も効果は高く、副作用は少なくしたいというのは当然ですが、そのために何か改良できないかを常に考えて改良しようとしています。

今回も改良するためのポイントを見つけようとしてスタッフがウルセラ治療を受けました。

まだ治療後1週間くらいしかたっていないので効果としては『少し頬がすっきりしたかな?』くらいの感じですが、早いと1ヶ月、遅くても2か月後にはさらにリフトアップしすっきりしていると思います。

わきがの原因のアポクリン腺の写真

当院で手術を受けられた方でアポクリン腺の写真を見てみたいとおっしゃる方の場合は写真をお見せしています。

実際に除去した実物をご覧になられたい場合はその場でもお見せしますし、除去する前のアポクリン腺の状態を見たい方には写真でお見せしています。

除去する前のアポクリン腺右側外側

もりもりと褐色のアポクリン腺があります

 

除去する前のアポクリン腺右側内側

こちらは外側に比べるとアポクリン腺の量が少なく見えます

外側よりは少ないもののしっかりアポクリン腺はあります

これをすべて除去した後の

右側外側

内側

除去する前の左側外側

除去する前の左側内側 どちらも多量にアポクリン腺が存在します

こちらもすべて除去すると

左外側

左内側

写真で見えている範囲だけでなく、ワキの毛の範囲より少し広い範囲くらいのアポクリン腺すべてを目で確認しながら丁寧に取り除くことで再発のないワキガ手術となります。

剪除法以外では完全にアポクリン腺を除去することはできないと思います。

他院で手術前に9割とかほとんど治ると説明されてワキガが治らず、当院で再手術を受けられている方がたくさんおられます。

すすめる治療を受けた場合に『本当に治るのか』『治らない時にはどうしてもらえるのか』等きちんと確認してから手術を受けられることをおすすめします。

期待以上に効果が良かったようです

目の下のくぼみ・ゴルゴラインを気にされてPRP治療を受けられた方の検診のエピソードです

目立っていたゴルゴラインがなくなって、平らになられていて、すごい若返り&美容効果でした。

ご本人も『予想以上に良くなりました』と喜ばれていました。

周囲の方にも治療を受けたことはばれなかったということでした。

くぼみがなくなって顔が明るくなったためか『やっと疲れがとれたんだね』と言われたそうです。

鹿児島からのワキガ相談

今回は鹿児島からのわきがの相談でした。

ご家族のうち2人がイナバ式のわきが手術を受けられたもののお2人とも臭いが残っていてまだ気になるようです。

今回カウンセリングに来られたお子さんには1度で完全にわきがが治る手術を受けさせたいと考えられて、『調べに調べてここの情報にたどりつきました。』とおっしゃっておられました。

詳しく説明を行い、夏休みの手術のご予約をされてお帰りになりました。

ネット以外特に全国的に広告をしているわけではないのですが、遠方からわきが手術にお越しいただく方が非常に多くなりました。

それだけわきがの再発に悩んでいる方が多いということだと思います。

 

 

厳島神社にお参りしてきました

厳島神社にお参りしました。

お参りする直前はまだ海の水がたくさんあります。

神社の中から見たところですが、鳥居のすぐそばを走れるくらい水があるわけです。

でもその2時間少しあとには

もう人々が鳥居の方まで歩いて行っています。

潮の満ち引きはあっという間ですね。

美容治療をおすすめしないこともあります

例えばですが毛穴が気になって『光治療を受けたい』『レーザー治療を受けたい』と希望されても、原因が別のところにあって、効果が認められないかあるいは効果が少ないことが予想される場合、美容治療をおすすめせず、原因の治療をおすすめすることもあります。

実は『病名がついている=原因がわかっている』ということでは全然ありません。

しかも病名がついていても、他の状態があてはまらないのでその病名がついているだけということもあり、原因がわかっていないか、追及されていない、追及できないケースがたくさんあると思います。

可能な限り原因を追究してそれに対処することが大切だと思います。

日焼け止めの情報に注目しておく必要がありそうです

ご存知のように、しわやしみ、たるみなど肌の老化を防ぐために紫外線を防ぐことは重要だとされています。

紫外線を防ぐ日焼け止めの成分が肌から吸収されて血液中に入っていることが明らかになったという報告がされています。

ニュース

これが何を意味するのかというと、体内に入った時に安全と言い切れないものが体内に入っている可能性があることが問題になっているのです。

心臓の血管を広げる薬をはじめさまざまな貼る薬があることからもわかるように、薬剤によっては肌からたくさん吸収されてしまうものがあるわけです。

世の中は化学物質まみれで、体内に入った時に安全かどうかわからないものがはびこっていますからいろいろなものに注意が必要だと思います。

日焼け止めに関しても今後の情報に注目しておく必要がありそうです。

驚異の粘りで広島カープが2位に!!次勝てば首位?

逆転のカープが帰ってきました。

ヤクルト相手に5点差をひっくり返しての勝利です。

これでカープは4連勝。逆にジャイアンツはエース菅野が打ち込まれて4連敗。

2位が3チームありますが、1位ジャイアンツとは1ゲーム差しかありません。

もしかしたら次の試合に勝てば首位?

ずっと連勝というわけにもいきませんが、ずっと勝ち越していって欲しいですね。