さくら美容クリニック さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

出雲大社のうさちゃんが可愛かった

コロナの影響でセミナーがなくなり、休日ができました。

せっかくなので、屋外へでかけることにしました。

毎年参拝している出雲大社です。

さくらもきれいに咲いていました。

コロナ対策で手水舎もひしゃくがなくなっていました

境内のあちこちにある『うさちゃん』が可愛かったです。

 

ミラドライ2回治療後も汗の量がかわらない

今日カウンセリングの方はミラドライを2回受けたものの脇汗の量がまったく変わらないと言うことでした。

1回治療して変わらないものは2回しても3回しても変わらないと思います。

多量にでているものが少し減っても汗が減ったとは感じないのだと思います。

効かないもので保証してもらっても意味がないので剪除法で保証してもらった方がいいと思います。

ただ名ばかりの剪除法ではなく、あくまできちんとした剪除法でです。

ウルセラ&PRP5ヶ月検診の方も若返られて喜ばれていました。

ウルセラとPRPの併用治療を受けられて5ヶ月目の検診の方も若返られて喜ばれていました。

頬のたるみはウルセラでリフトアップし、目の下のたるみやゴルゴライン、目の上のくぼみ、ほうれい線、マリオネットラインなどがそれぞれ改善されていました。

娘さんやお孫さんにもかなり若返ったと褒めてもらえるそうです。

PRPの検診

PRP1ヶ月目の方はほうれい線やマリオネットライン周辺のしわが気になるという方でした。かなり改善し、娘さんにもほめられて、『満足しています』と喜ばれていました。

PRP7か月目の方も目の下、ほうれい線ともに改善されていました。

PRP2か月目の検診の方は目の下のたるみがなくなって喜ばれていました。

目の下のたるみはPRP治療でほとんどの方が満足されます。

『PRPで目の下のたるみは治らない』『たるみは切らないと治らない』と説明して切るのと脂肪注入を同時に行う施設もありますが、その切る治療を受けたものの効果を感じられずに、当院でPRP治療を受けられて満足される方が多数おられます。

切るだけでなく同時に脂肪注入をすすめるということは要はボリュームを増やして改善させることが必要だと認めているわけです。

PRPも基本的にはボリュームを増やして改善させる治療です。

脂肪注入の脂肪はかなり吸収されてしまうので当初膨らみすぎるように注入せねばならず(人が見てふくらでいると感じるのでダウンタイムが問題となる)、しかも残る量が不安定ですので当然効果も不安定です。しかも浅いしわは治せません。

PRPは大きなくぼみから浅いしわまで治療できるため、いろんな部位を改善させることが可能です。しかも効果も安定しているために満足度が高い治療を行えるのです。

 

 

 

 

 

最新の記事

2020年07月05日
京都の方のわきが手術
2020年07月04日
6回目のワキガ手術
2020年07月03日
5周年の感謝価格でPRPとウルセラを行っています。
2020年07月02日
さくら美容クリニック開院5周年となりました。
2020年07月01日
4時間半かかったワキガ手術:大阪の方

カテゴリ一覧

月別

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 0120212238

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談