さくら美容クリニック さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

冷やして痩せるクールスカルプティングが『ココブランニュー』で紹介されます

『ココブランニュー』のレポーターの方が当院でクールスカルプティングによる二の腕の痩身治療を受けられました。

先日検診があったのですが二の腕がかなり細くなられており、リポーターの方も喜んでおられました。

その様子が明日ホームテレビで10時からの『ココブランニュー』で放映される予定ですのでぜひご覧ください。

ガボールパッチおもしろそうです

50歳も後半となるとやはり老眼傾向になります。裸眼では気になりませんが、コンタクトやメガネで視力を上げると気になることがあります。

ガボールパッチのことを知って本を買って練習していますが、ボヤッとしたラインをゲーム感覚で眺めるだけなので簡単にできます。

詳しく書かれているサイト

直後から見やすくなった感じを感じられるかもしれません。

 

今日も“モリモリ”アポクリン腺を除去

今日の方のアポクリン腺もモリモリとたくさんありました。

すべてを丁寧に除去

これで臭いも汗も治ります。

すでに手術を受けられた方から経過をメールでいただくのですが、『夏が来るといつもは臭いと汗でたいへんなのが今年は臭いも汗も気にならない』と喜んでいただいている方がたくさんおられます。

その治療で本当にワキガが治るのかよく調べてください。

『他院でワキガ治療を受けたもののまだ臭いが治っていない』というご相談が以前よりさらに増えています。


治療前のカウンセリングでは『傷跡もなく術後の制限もほとんどなく簡単に治りますよ』という話だっだのに、治療後に治っていないことを伝えるととりあえずは追加治療をすすめられ、さらに治療を何度も受けたのに結局治らず、そのことをさらに訴えると『完全に治るとは言っていない』と開き直られて泣き寝入りしたという話はたくさん聞きます。


時間も費用も無駄になる治療を受けてしまう前にまずいったん立ち止まってしっかり情報を集めることをおすすめします。

大阪でわきが剪除法の手術を受けたものの治らなかった方の再手術の詳細

今日は大阪の方の再発の手術です。

ご自身の状態を詳しく知りたいということなのでいつもより詳しく説明します

手術前の状態です。

前回アポクリン腺を除去しようとした部分であろうと思われるところを赤く囲っています。

左右とも除去している範囲が狭いと思います。左の傷は大きく盛り上がっています。傷は体質によって盛り上がることがあるのでそのためかと思ったのですが、ご本人に話を聞くとはじめから盛り上がる形に縫い合わされたということでした。通常の切開であれば縫い合わせるときにはやや盛り上がるように縫い合わせることもありますが、わきがの手術は皮膚を薄く削いでしまうので盛り上がるように縫い合わせることは通常ではありません。なぜそのように縫い合わせたのか疑問です。

赤く囲っているところが左わきを当院で今回剪除した範囲です。その大半を縫い合わせた後です。前回の手術で膨らんだ部分を切り取ってそこから手術しました。今回は盛り上がるように縫っていません。

前回の手術跡をもう一度提示すると

アポクリン腺を除去している範囲がまったく違うことがわかります。

しかも次の写真のように剪除されているはずの部分にもアポクリン腺が残っています。

右側

左側

つまり除去している範囲も厚さも足りないわけです。

アポクリン腺をすべて除去

これで今回はワキガ&ワキ多汗から解放されます。

話をよくお聞きすると、前回の手術を受ける前から当院のワキガ手術のことは調べて知っておられたそうです。でも地元で手術を受けてしまって結局治らなかったということでした。

この方のように以前から当院のことを知っていたものの他院で治療を受けられたものの結局当院でやり直しをしているケースはときどきあります。

よく情報を集めてしっかりカウンセリングも受けて本当にきちんとした手術をしてくれるところで治療を受けられることをおすすめします。

 

 

京都の方のわきが手術

今日は京都の方です。

アポクリン腺はしっかりありました。

すべて丁寧に除去

全体像をご覧になりたいということなので

赤くなっている範囲がアポクリン腺を除去した範囲です。

アポクリン腺が存在する範囲を目で確認しながら広範囲に除去しました。

青く見えるのは糸で縫い付けているところです。これをアンカー縫合といいます。

皮膚が浮かないように押さえています。

皮膚がきちんと生着するように丁寧に多数行っています。

 

6回目のワキガ手術

他院で剪除法を3回、吸引法を1回、ミラドライを1回受けられている方のワキガ再手術がありました。これまでは大阪や兵庫で治療を受けられています。

剪除法→剪除法→吸引法→剪除法→ミラドライの順のようです。

剪除法後にまだ臭いが残っていると悩んでいるのに、剪除法より確実性のない吸引法やミラドライを行うことが僕には理解できません。

内部の様子は

さすがにアポクリン腺がモリモリ残っている感じではありませんが、残っているところもありました。瘢痕部分はアポクリン腺が残っていてもわからないことがありますが、アポクリン腺の層はきっちり除去しますので問題はありません。

すべてきれいに除去すると

これでわきがとワキの多汗は治ります。

さくら美容クリニック開院5周年となりました。

おかげさまでさくら美容クリニックは開院して5周年を迎えることができました。

ありがとうございます。

城本クリニック時代も含めると約15年となります。

この間ずっとワンドクターで診療を行っています。

先日もこの話をしましたが、ワンドクターで診療を行うということはきちんと継続性をもった治療を行えることと責任の所在が明確になります。手術後に『自分を治療してくれたドクターに相談したい』と思っても『そのドクターはもうここにはいないのでどうすることもできません』というようなことがありません。

同じ治療でも常にバージョンアップするように努めていますが、去年導入したのは、①痛みが少ない②スピーディ③脱毛効果が高い④高い安全性をコンセプトにした新型脱毛レーザー『ラインスキャン』でした。

今年は新型の光治療機『フォーマα(アルファ)』をすでに導入しました。

また新しいシワ・毛穴・にきび跡治療機も近日導入予定になっています。

最新の記事

2020年07月11日
冷やして痩せるクールスカルプティングが『ココブランニュー』で紹介されます
2020年07月10日
埼玉の方のワキガ手術
2020年07月09日
ガボールパッチおもしろそうです
2020年07月08日
今日も“モリモリ”アポクリン腺を除去
2020年07月07日
その治療で本当にワキガが治るのかよく調べてください。

カテゴリ一覧

月別

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 0120212238

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談