さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

目の下のたるみは切った方がいい?

目の下のクマやたるみを治療するために目の下の脂肪除去を他院で受けられて、目の下がくぼんで逆に症状がひどくなってしまった方が何人もPRP治療を受けられて良くなられています。

局所的に膨らんで見えても全体としてくぼんでいれば、その局所をへこませた場合全体としてはさらにくぼんでしまうことは当然です。

わかりやすいように目の下の断面をイラストにしてみます。

右からヒトの目の下を見たところです。

黒い線が皮膚のラインで、上の突出しているところがたるみ部分です。

これを切り取ってくぼませたのが青いラインのところです。

そうすると全体に大きくくぼんでしまいます。

くぼませるのではなく、赤のラインのようにふくらませることで目の下のクマやたるみを改善させるのがPRP治療です。

手術が必ずダメだと言っているのではなく、PRPなどで膨らませる処置をおこなって治した方がいいケースが多くあるということです。

要は見立て(治療前の判断)の問題だと思います。

若返り治療が増えています

6周年感謝企画を行っていることもあるのだと思いますが、PRPやウルセラ治療が増えています。

どちらもリピーターが多いというのは満足度の高さを現していると思います。

『興味はあるけれど、いまひとつ不安があってなかなかカウンセリングまで踏み込めない』と思っておられる方もたくさんおられると思います。

カウンセリングを受けても治療はすぐに受ける必要はなく、そこからよく考えて受ける気持ちになれば受けられればいいと思います。

当院では強引な勧誘はしていませんので安心してカウンセリングを受けていただければと思います。

PRP、ウルセラ、二重手術など忙しい1日でした。

7月になりさらに忙しくなっています。
忙しいということはご贔屓いただく方が多いということですので、ありがたい限りです。

PRPは治療中に鏡を見ていただいて、足りないところがないか確認していただきながら追加注入しています。ご自身で治療中にリクエストできるのもPRP治療のいいところだと思います。当院では初めから多めにPRPを作成し追加料金なく多部位に注射しています。

二重手術の方は他院で手術を受けて腫れが強く1週間で抜糸された方でした。しかし今回の腫れはあまり感じられなかったようで喜んでおられました。

当院のウルセラは効果をしっかりだすために最大出力で行っています。ただ強く行っても皮膚表面はやけどをさせないようにしないといけないので、照射はスタッフ任せにせず、僕みずから照射を行っています。

実年齢より10歳は若い?

ほうれい線や目の下のたるみを治すためにPRP治療を行い、1年経った方が検診に来られました。

周囲の人にも『実年齢より10歳は若い』と言われているそうです

治療する前のご自分の写真を見て

『100歳に見えるわ

『80歳でも女は女いつまでも若々しくあらんといかん』と言っておられました。

でもPRP治療を受けたことは周りの方には秘密です。

6周年の感謝価格でPRPとウルセラを行っています

さくら美容クリニックリニューアル開院6周年を記念してPRPとウルセラを感謝価格で行っています。

たるみやしわや目の下のクマなどが気になられている方はこの機会をご利用いただければと思います。

『こんなに簡単に若返ることがができるんだ。もっと早く治療を受ければ良かった。』と思われる方も多いです。

カウンセリングは無料で行っております。

カウンセリングを受けられてもしつこく勧誘するわけではありませんのでお気軽にカウンセリングをご予約ください。

 

注入時に効果がわかるPRP治療

PRP治療を受けられた方が治療中に鏡を見ていただいた時に『わっ何か違いますね』と喜ばれていました。

実際には何かどころでなく、気にされていた目の下のくぼみがなくなっていました。

もちろん治療直後は完成形ではないのですが、変化するのはわかりますので、ほとんどの方は治療中から喜ばれています。

『PRPってこんなに効くんだ(笑)』と喜ばれていました

PRP治療後1ヶ月目の検診の方のお言葉です。

目の下のくぼみを気にされて治療を受けられたのですが、バッチリ治って喜ばれていました。

いろんな若返り治療があり、すべてがPRPで解決するわけではありませんが、PRPは効果のわかりやすい治療なので、治療を受けられた方のほとんどの方が喜ばれています。

 

 

目の下のたるみは切らないと治らない?

昔は目の下のたるみは、余っている部分の皮膚と脂肪を切り取るしか方法がありませんでした。

しかし今はPRP治療でほとんどの方に満足いただけるレベルに改善させることができるようになりました。

注射をするだけですので、たいていのケースでは日常生活に支障なく治療を行うことができ、さらにほうれい線やマリオネットライン、手術では治すのが困難なゴルゴラインまで治すことができますので、切る手術を行うことがなくなりました。

 

 

最新の記事

2021年07月28日
中学生のワキガ手術
2021年07月27日
二重手術を受けられた方からのお礼のメールが届きました。
2021年07月26日
小学生でもモリモリのアポクリン腺でした
2021年07月25日
わき毛の範囲よりアポクリン腺がかなり広いケースでした
2021年07月24日
「バイオサンビーム」で病気が治った

カテゴリ一覧

月別

皆さんの悩みにお応えする院長棒谷のお役立ち美容医療コラム

さくら美容クリニックの若返り治療 若返りの泉

さくら美容クリニックチャンネル

さくら美容クリニックの美容塾

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

症例写真集スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談