中学生のワキガ手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回は中学生のワキガ手術でした。

いつものように切開しアポクリン腺を露出

すべてきれいに除去

術前のワキは

毛の生えている範囲にマークすると

実際にアポクリン腺を除去した範囲にアンカー縫合したところ

わき毛の範囲よりかなり広範囲に手術している(つまりそこまでアポクリン腺が存在した)のがわかります。

ワキガを治すにはアポクリン腺をきちんと除去することが必要です。

高校生のワキガ手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回は高校生のワキガ手術でした。

切開しアポクリン腺を露出

この写真上でアポクリン腺がわかるところにマークすると

実際には脂肪の下にたくさんのアポクリン腺が隠れています。

すべてきれいに除去

そして丁寧にアンカー縫合

そこそこ広めですね。

これでワキガは治ります。

 

剪除法術後再発の手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

かなり前に他院で剪除法手術を受けられて治らず、ずっと悩んでおられたようです。5年以上前からこのブログをご覧いただいていて『やっぱり治したい』と今回決心して手術に来られました。

切開してアポクリン腺を露出

アポクリン腺ははっきり残っていました。

これらは右わきですが左わきはもっとたくさんアポクリン腺が残っていました。

すべてきれいに除去

そして丁寧にアンカー縫合

今回の手術でワキガは治ります。

 

ビューホット2回治療後のワキガ再発の手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回はビューホットを2回受けたものの効果は続かず、すぐに再発した中学生の手術でした。

切開しアポクリン腺を露出

膜につつまれていてわかりにくいので膜の一部を除去するとアポクリン腺が顔を見せます。

わかりやすいようにアポクリン腺部分にマークすると

アポクリン腺はべったり残っています。

すべてきれいに除去すると

そして丁寧にアンカー縫合

今回の手術でワキガは治ります。

 

 

ワキガ剪除法術後再発の剪除法手術

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回はかなり以前に剪除法を受けられたもののワキガは治らず、今回当院の情報に接して手術を受けられました。

切開してアポクリン腺層を露出

すべて除去

そして丁寧にアンカー縫合

広範囲の手術だったので約4時間かかりました。

前回は1時間くらいだったそうです。

これでワキガは治ります。

 

石川県の方のワキガ手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回は石川県の方の手術でした。

東京のクリニックにもカウンセリングに行かれ、クワドラカット法と剪除法があり、クワドラカットの方が傷が小さくて、効果は同じと説明を受けられたそうです。

つまりそこではどちらを受けてもワキガ臭が残ると言っているに等しいのです。

『ワキガをきちんと治したい』と当院での剪除法手術を選ばれました。

切開しアポクリン腺を露出

この写真でわかるアポクリン腺にマークしてみると

さらに

これらの写真上見えるアポクリン腺に赤丸をつけただけで、赤丸部分だけにアポクリン腺が存在するのではなく黄色の脂肪や白い皮膜の下にアポクリン腺はたくさんありました。

すべて除去すると

そして丁寧にアンカー縫合

これでワキガは治ります。

 

 

今回もミラドライ2回治療後の再発のケースでした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回もミラドライ2回受けられた後の再発のケースでした。

切開しアポクリン腺を露出

瘢痕と共にアポクリン腺が残っています。

すべて除去

そして丁寧にアンカー縫合

これでワキガは治ります。

ワキガ・ミラドライ治療後の大量のアポクリン腺

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

ミラドライ治療を受けたもののワキガは再発し、当院で剪除法手術を希望されました

切開したところ大量のアポクリン腺を認めました。

すべて丁寧に除去

そしてアンカー縫合

この方は実はミラドライを受けられる前からこのブログをご覧いただいていて当院のことも知っておられたということでした。

でも1度ミラドライを試してみようと思い、治療を受けられて一時期効果を感じておられたものの完全に再発したので今回は当院での剪除法手術を受けられたのでした。

今回の手術でワキガは治ります。

 

新潟の方のワキガ手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回は新潟の方の手術でした。

切開してアポクリン腺を露出

隅々まで取り残しがないように除去

丁寧にアンカー縫合

今回はあまり広くない方でしたが約3時間かかりました。

これでワキガは治ります。

 

ローラーを使ったワキガ手術後再発のケース

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回も他院術後再発でした。

汗と臭いを気にして治療を受けられたのですが、臭いも人に指摘され、汗が減った期間はわずか1ヶ月だったそうです。

切開しアポクリン腺を含む層を露出

すべて丁寧に除去

そしてアンカー縫合

これでアポクリン腺が原因のワキガもエクリン腺によるワキの多汗も治ります。

次の写真は術前のワキです。(左ワキの方が傷がわかりやすいので左ワキです)

オレンジで囲んだ範囲は今回の手術でアポクリン腺を除去しようとデザインしたラインです。(最終的には中を確認して範囲を決めて除去します)

右の方に前回の手術で器具を差し込んだ穴が残っています。

マークを付けると

赤丸で囲んだところに白い傷があります。

前回の他院での手術ではここから器具を差し込んでアポクリン腺を除去しているのです。

この穴から器具を差し込んで傷より左側のアポクリン腺を除去していることになります。

つまり赤線のラインより左側しか手術しておらず、赤線のラインより右側はそもそもアポクリン腺は除去されていないわけです。

しかも手術されているはずの部位も不完全なのです。

『臭いは完全には治らない』とか『再手術は絶対にできない』ということを強調する場合には注意が必要だと思います。