さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

昨日ワキガ手術を受けられた方のお子さんのワキガ手術です

昨日ワキガ手術を受けられた方のお子さんのワキガ手術です。

小学5年生ですが、ワキガ臭はかなり強いので、気にされるのも当然だと思います。

切開剥離してアポクリン腺を露出すると

腺体は小さめですが、このアポクリン腺からも強い臭いが発せられるわけですね。

つまり『アポクリン腺が小さい=臭いが弱い』ということではないということになります。

アポクリン腺をすべて丁寧に除去すると

アポクリン腺を除去した部分にアンカー縫合を行い、タイオーバー固定の糸をかけたところ

そしてタイオーバーを固定します。

これにさらにテープ圧迫を行い終了です。

昨日手術されたお母さんからお礼のメールが届きました。

『連日、お世話になりました。

ブログ、拝見させて頂きました。

私が言うのも・・・ですが、治療してない方と同じ状態のアポクリン腺でしたね(笑)

子供にはあんな思いさせずによかったと思ってます。

先生との出会いに感謝です。

アンカー、とても丁寧で驚きました。

しかも、タイオーバーも糸の数も多くて感動しております。

他院のブログ等で見ていたのと大違いでした。

先生、ほんとお疲れ様でした。

子供が帰りに「オレの子供がワキガになった時も先生にしてもらえるやろうか?」と心配しておりました。

また、これからも宜しくお願いします。』

うれしいですね

 

 

ワキガ手術からタイオーバー固定まで

今回のワキガ手術の方は以前レーザー治療を2年かけて何十回も行ったものの治らなかったという方で九州からお越しいただいた方です。

根治できるワキガ手術を求めて当院にお越しいただきました。

当院でわきが手術を希望される他の方にもわかりやすいように術後の様子がわかるようにタイオーバー(ワキの圧迫の綿)も撮影してくださいと申し出がありました。優しい方ですね。

まず皮膚を切開し、アポクリン腺を露出します。

今回も多量のアポクリン腺を認めます。

やや剥がしにくいのは前回治療を受けているためだと思いますが、アポクリン腺が多すぎて治療を受けた状態とはわかりません。

すべて丁寧に除去すると〝とり皮〟のようにも見えますね。

はがした部分は丁寧に縫いつけます。赤い範囲です。この部分がアポクリン腺を除去した範囲です。ブルーの糸がたくさんついています。

これをアンカー縫合といいます。アンカー=いかり⚓という意味です。

船がいかりを下ろして動かないように固定しますが、皮膚がずれて動かないように皮膚とその下の組織を縫い合わせます。

周囲についている黒い糸は圧迫の綿(タイオーバー)を固定するための糸です。

タイオーバーを固定するとこんな感じです。

この上からテープで圧迫して手術は完成です。

 

 

 

何をしたのかわからないが綺麗になっている

今日のPRPのカウンセリングの方の知人が当院でPRPを受けられた方でした。

この方は普段からひとの顔をよく観察しておられるそうです。

ある時、知人が明らかにイメージがかわって良くなっていて何をしたのかわからないが明らかに若返っていることに気づかれたそうです。

そのことを尋ねても理由を教えてもらえなかったようですが問い詰めたら観念?して😅当院でPRPを受けたことを教えてくれたそうです。

自然な感じで若く見えたり、疲れて見えていたのが元気になったように見えるのに何をしたかはわからない。これがPRPの典型的な効果の感じです。

新婚の妻にワキガ手術をお願いされました。

今日のワキガ手術の方はまだ新婚さんです。

一緒に暮らし始めてから奥様がワキガを気にされたようで、ご主人に伝えるかどうか悩まれた末に手術を受けるようにお願いされたようです。

奥様がワキガが再発しない手術を行っているところを探されて当院の情報にたどりつかれ今回手術となりました。

手術時にもはっきり臭いがわかるくらい臭いが強いケースでした。

アポクリン腺はたくさんありました。

すべてきれいに除去しましたので

奥様にも喜んでいただけると思います。

 

プラズマ療法を受けてきました。

美容の分野でもプラズマは利用されていますが、今回お話しするプラズマ療法というのはこれとは別物です。

今回お話しするプラズマ療法は全身に電子を供給することで、エネルギーの元であるATPを増やす療法のことです。さまざまな作用があるようです。

説明されているHP

これがいいという話を聞いたので早速試してきました。

体感としては手足が温かくなる感じでした。

サロンやクリニックでこの機械に30分ほどあたるだけでなく、その後 一酸化窒素(NO)をプラズマの状態で溶かし込んでいる プラズマウォーターを1週間ほど飲みます。

これを定期的に続けるようです。

僕たちの分野でも利用できるかもしれません。

面白そうです。

 

チーズ納豆アボカドサンド作って食べました

チーズ納豆アボカドサンドがテレビで紹介されていて、その時食べていた3人さんが大絶賛されていたので早速作って食べてみました。

チーズ納豆アボカドサンドの作り方

納豆を温めてたべるとまずい印象があるのですが、このレシピだと大丈夫でした。

でもまた作るかというと・・・

もう少しパリッとさせないと本来の味にならないのかもしれません。

チーズの種類によっても仕上がりが違うのかも。

スタッフが鼻へのヒアルロン酸注射を希望したので行いました。

そんなに鼻が低いわけではないのですが、鼻の根元はもっと高く、鼻背のくぼんでいるところは平らにしたいという希望だったのでヒアルロン酸注射を行いました。

ヒアルロン酸注射前

ヒアルロン酸注射後

マークのつけ方が下手ですが、おおよそ赤マークのところに注射しています。

1ヵ月後の様子を見て希望があれば再度注射する予定です。

最新の記事

2021年05月13日
広範囲に多量のアポクリン腺がありました
2021年05月12日
わきがミラドライ2回治療後の再発の手術
2021年05月11日
小学生でもワキガは治ります
2021年05月10日
にきびやニキビ跡、毛穴、小じわにはeマトリックスが効果的です
2021年05月09日
多くの方が選ばれている光治療の経過です

カテゴリ一覧

月別

皆さんの悩みにお応えする院長棒谷のお役立ち美容医療コラム

さくら美容クリニックの若返り治療 若返りの泉

さくら美容クリニックチャンネル

さくら美容クリニックの美容塾

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談