『ビューホット』と『イナバ式シェービング法+切開剪除法』術後の腋臭症再発

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

他院で『イナバ式シェービング法+切開剪除法』を受けた方がワキガがまったく治らずに相談に来られていました。わき毛もたくさん残っている上に臭いもはっきり残っていました。

この方はこの手術の前にビューホットも受けられています。

僕には2つを組み合わせる意味がわかりません。

イナバ式の切開口から剪除することはできません。

手術方法を理解している人にはこの2つは組み合わせることができません。

剪除法が最も確実なワキガ治療法で他の手術と組みあわせる必要もありません。

 

関東のワキガシェービング法と剪除法術後ワキガ再発の再手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

関東の方のワキガ再発の手術です。

これまでシェービング法と剪除法2度のワキガ治療を受けたものの臭いは治らず、3回目の治療を当院で希望されました。

切開してアポクリン腺を露出

再手術の方は前回手術の瘢痕のために肉眼でアポクリン腺が確認しにくいことがありますがこの方は残っているのがわかりました(たとえ瘢痕でわからなくても除去する部位は同じなので問題はありません)

アポクリン腺の範囲は非常に広範囲でした。

術前に予想してマークをつけたうえで麻酔を行い、切開を加えて目でアポクリン腺を確認しながら剥がしていくのですが、予想より広かったため、少し痛みがでて途中で麻酔を追加しながら行ったのですが、前回他院での手術途中で痛いと言ったところ、麻酔を追加するのではなくそれ以上範囲を広げなかったということでした。つまりアポクリン腺を確認せずに外から予想した範囲だけの手術を行っているわけです。

剪除法の一番いいところは目で確認しながら手術を行えることなのに・・・絶句

アポクリン腺をすべて除去

そして丁寧にアンカー縫合

非常に範囲が広かったため約5時間半の手術でした。

(ちなみに前回の手術は2時間以下だったそうです。)

これでワキガは治ります。

 

福岡のシェービング術後ワキガ再発の手術

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回も他院術後再発でシェービング法術後です。

切開しアポクリン腺を露出

すべて除去

そして丁寧にアンカー縫合

アンカー縫合をたくさん行うのは面倒です。

しかしアンカー縫合を減らすと血腫(血が貯まること)が起きやすくなります。

少ないアンカー縫合で済ますにはアポクリン腺を除去する範囲を狭くせざるを得ないのでアポクリン腺の取り残し(ワキガの再発)につながります。

このため当院ではアポクリン腺はきちんと除去した上で丁寧に多数のアンカー縫合を行うようにしています。

これでワキガは治ります。

大阪のシェービング法術後再発のワキガ手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回は大阪の方でシェービング法術後再発です。

切開しアポクリン腺を露出

アポクリン腺は多量に残っており、根こそぎ除去されていません。

はさみですべて丁寧にに除去

そしてアンカー縫合

広範囲だったので約4時間の手術でした。

これでワキガは治ります。

北海道のワキガ再発の方の手術

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回は北海道の方でした。

前回はかなり前に保険で治療をしたがワキガが治らなかったということでした。

保険診療だと通常剪除法(皮弁法)の手術だと思いますが、この方の傷跡はなぜかシェービング法の傷跡で、内部の瘢痕もシェービング法の手術後のように見えました。

アポクリン腺層を露出

赤丸のところがアポクリン腺のように見えます。この部位だけがアポクリン腺なのではなく、確認できること自体が全体に不充分な手術だと予想させます。

すべて丁寧に除去

そして細かくアンカー縫合

これでワキガは治ります。

約5時間かかったワキガ手術

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回も他院術後再発です。

以前イナバ式シェービング法と剪除法をあわせた方法で一番確実な方法と説明を受けて手術を受けたもののワキガは残り、再度同じ方法で治療を受けたものの臭いは改善せず、さらには職場でも臭いを指摘され、『臭いも汗も改善していない』と相談すると『においのついたシャツを持参してにおえば再度手術しましょう』と説明をうけ、シャツを持参したものの『臭いは残っているが、ワキのどのポイントかわからないので手術できない』と拒否されたそうです。

『なんじゃそれ?』という話です。

ワキガを治すにはワキのアポクリン腺の範囲をすべて再度除去すればいいだけですよね。

でもそこで再手術を受けなくて正解です。

2回手術して治せないのにもう1回手術してもそこでは治せません。

数年前から当院のブログを見て手術を受けたいと時期を見計らっておられたそうです、

切開してアポクリン腺を含む瘢痕層を露出

これらの写真では瘢痕でアポクリン腺がわかりませんが次の写真にはアポクリン腺が写っています。

わかりにくいと思うので赤マークを付けると

ここに残っているということは他の部位にも残っています。

広範囲にアポクリン腺層を除去

そして細かくアンカー縫合

非常に広範囲で前回手術の癒着もあったので約5時間かかりました。

今回の手術でワキガもワキ多汗も治ります。

今日もワキガ再発の手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回はシェービング法の術後と患者さんは話しておられましたが、よく話を聞くと前回は東京でカミソリのついたローラーを使用して手術されたようです。

通常の吸引法などよりアポクリン腺を除去できるとは思いますが、剪除法に比べると明らかに不完全です。

切開してアポクリン腺層を露出

すべて丁寧に除去

そして細かくアンカー縫合

これでワキガは治ります。

4回目のワキガ手術

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

これまですべて他院で3回ワキガ治療を受けられています。

1回目 保険を使った剪除法

2回目 ミラドライ

3回目 シェービング法

今回は当院で治療を受けてワキガが完治された方の紹介で当院での手術となりました。

手術が始まり麻酔の注射が前回手術時と異なり痛みが少なかったことにまず驚かれていました。

シェービング法を受けた時に痛いと言ったらその部分は手術をしてもらえなかったそうです。びっくりですね。

切開しアポクリン腺を露出

アポクリン腺部分にマークを付けてみると

アポクリン腺がたくさん残っているのがわかります。

そしてすべて除去

除去した部分が浮かないようにアンカー縫合

範囲がそこそこ広いのと、何度も手術されていて癒着が強く、皮膚を破らないようにさらにアポクリン腺を残さないように丁寧に剥がすことと瘢痕とそれに埋もれたアポクリン腺をきっちり除去するために時間がかかり、片脇2時間以上の手術となりました。

右わきの手術が終わり、左わきの手術をしていた時に患者さんが何か話されたので確認すると『感謝でいっぱいです』と話されていたのでした。

その言葉は1年後にワキガが治っているのを確認できた時にいただだければとお返事しました

でも今回の手術でワキガは必ず治ります

 

 

 

名古屋の方の10回目のワキガ手術

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日も他院術後再発の方のワキガ手術でした。

何と今回が10回目の治療ということでした

1回目吸引法

2回目シェービング法

3回目剪除法

4~9回目電気分解法

そして今回は当院での剪除法です。

3回目に受けた剪除法の時だけ1年くらい臭いがましになったということでした。それ以外の治療は全く効果を感じなかったということでした。

切開してアポクリン腺層を露出

何度も治療を受けているので瘢痕化しています。

瘢痕ごとすべて除去

そして丁寧にアンカー縫合

これでワキガはやっと治ります。