さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

PRPでこんな風に『しわ』や『くぼみ』が治ります。

以前治療を行った68歳の女性を例にとってご説明します。

施術前の状態です。
目の下のくぼみ、ほうれい線が深いのがわかります。


PRPを注入する部位を囲んで図示すると


この方の場合は目の下とほうれい線が中心ですがその他の部位にも注入しています。
できるだけ多くの部位を治療できるように、多めにPRPを作成しています。

ご本人が気にされているところから注入していくのですが、通常メインの部位以外も治療できることが多いです。
もし余れば例えば首のシワやこめかみのくぼみや目の上のくぼみなどを治療することもできます。

施術1年経った状態です。
目の下のくぼみもほうれい線も大きく改善されています。
長期に効果は続くので1年たっても効果の減少はみられていません。

基本的にはしわを埋めているのですが、前後の写真を比べていただくと頬がリフトアップして見えます。

しわやくぼみが改善すると見た目にはリフトアップして見えるのですね。

娘さんにも若返ったとほめてもらったと喜ばれていました。

副作用には内出血や腫れがでることがあります。

PRP治療について詳しくはこちらです。

PRPとヒアルロン酸の違いと特徴

いくつも違いがあります。

まず効果の長さの違いがあります。

ヒアルロン酸は効果が短いため半年~1年ごとに再注入が必要ですが、PRPは何年も効果が続きます。

ヒアルロン酸はボリュームを増やす効果だけですが、PRPはボリュームを増やすだけの効果ではなく、組織を入れ替える効果があります。例えるならヒアルロン酸は家を増築しているだけですが、PRPは家を建て替えている感じです。このため目の下のたるみ治療を行う際にヒアルロン酸はより膨らんでしまうので注入できないケースがありますが、PRPだと安心して治療を行うことができます。

またヒアルロン酸にはチンダル現象と言って青くむくんでしまう副作用があります。目の下のくまを治療するときには目の下の黒さや青さを治さないといけないわけですが、クマの部分の皮膚は薄いことが多くチンダル現象を起こす確率が他の部位より高いのでクマの治療としては不適です。この場合にもPRPだと安心して治療を行うことができます。

目の上のくぼみについても中サイズの粒子のヒアルロン酸を使うともっこり膨らんでしまい、小粒のヒアルロン酸を使うと早くなくなってしまったりします。この場合もPRPだと長期にナチュラルに改善した状態を保つことが可能です。

PRPとウルセラ治療のラッシュです。

ここのところPRPとウルセラ治療が多くなっています。

根が正直なので効果がないものを効果があると言って人に勧めることができません。

カウンセリングに来られた方が何か治療を受けたいと希望された場合でもそれがその方にあわないものだったら受けない方がいいと言ってしまいます。

当院のPRPは目の下のたるみやクマ・くぼみ、目の上のくぼみ、ほうれい線、ゴルゴライン、インディアンライン、マリオネットラインなどあらゆるしわに効果的で、ウルセラは頬のリフトアップに効果的です。

どちらも自信をもっておすすめできる治療です。

ウルセラとPRPの併用治療が増えています

たるみを改善するウルセラとしわやくぼみを改善するPRPの併用治療が増えています。

どちらか単独でも強力な治療ですが、併用するとたるんでいる部分は引き締まり、くぼんでいる部分はふくらむので相乗効果があります。

 

朝からずっとPRP治療でした

お盆休みを利用して治療される方が多く、今日は5件のPRP治療がありました。

目の下のくぼみやクマを気にされている方が多く、あとはほうれい線などを気にされてのPRP治療でした。


注入するとすぐに改善するのがわかるので、治療中に鏡を見て改善具合をご自身の目で確認していただき、どこまで治療するかを相談しながら治療を行いました。


良くなった感じがすぐにわかるのもPRP治療のいいところだと思います。

クマ治療が増えている印象です

正確に数えて言っているわけではなく、印象ですが、最近若い方のクマ治療が多い感じがします。

クマは青クマとか黒クマとか茶クマとか分類されていて、実はその説明も一定していないようですが、

ほとんどの方のクマの原因はくぼみがメインで、それに中の血管が透けていて赤く見えたり黒く見えたりしていることがほとんどのようです。

PRPを行うとくぼみが改善し、皮膚の一部が分厚くなることで透ける部分が少なくなり、全体としてクマがかなり改善します。

治療効果の完成は数ヶ月先ですが、直後から効果を感じることができます。

治療中に鏡で効果を確認していただくのですが、その時に『おーっ』と声を上げて効果に感動する方もかなりおられます。

ヒアルロン酸で改善させることもできますが、チンダル現象と言ってむくんでしまう副作用がでることがあったり、失明の副作用が問題となって目周りにはヒアルロン酸を使わない施設も増えているようです。

PRPとわきが治療の多くのご予約をいただいています

今後お盆までの期間はPRPとわきが治療のご予約をたくさんいただいています。


ワキガ治療は時間をかけて丁寧な手術を行うため、1日に1件しか手術を行っていないこともあり、特にご予約が取りにくくなっています。


お盆までの平日でワキガ治療のできる枠でご予約をいただいていないのはすでに7月28日だけになっています。


今も毎日ご相談をいただいているのですが、PRPはまだ余裕がありますが、ワキガに関してはご相談いただいても近日中には手術をするのが難しいこともあります。


再発のない丁寧な手術を行っているためですので、ご容赦いただければと思います。

朝から夕方までたくさんのPRP治療でした

PRP治療はそれほど腫れを気にされないことが多いのですが、中には腫れる可能性があることを説明させていただいていますのでだいじをとって連休初日に治療される方が多かったのだと思います。

検診が楽しみです。

 

最新の記事

2021年05月13日
広範囲に多量のアポクリン腺がありました
2021年05月12日
わきがミラドライ2回治療後の再発の手術
2021年05月11日
小学生でもワキガは治ります
2021年05月10日
にきびやニキビ跡、毛穴、小じわにはeマトリックスが効果的です
2021年05月09日
多くの方が選ばれている光治療の経過です

カテゴリ一覧

月別

皆さんの悩みにお応えする院長棒谷のお役立ち美容医療コラム

さくら美容クリニックの若返り治療 若返りの泉

さくら美容クリニックチャンネル

さくら美容クリニックの美容塾

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談