東京の方の3度目のワキガ手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回の手術の方は以前他院で2回手術を受けておられます。

1度目はローラークランプ法で2度目は大学病院での剪除法です。

切開してアポクリン腺層を露出します。

アポクリン腺とわかるところにマークを付けると

何度も手術を受けていると瘢痕のためアポクリン腺がわかりにくくなっていることも多いのですが、アポクリン腺がはっきり残っています。

これまでの手術できちんと除去ができていないということを意味します。

すべて丁寧に除去すると

そしてアンカー縫合

かなり広く手術しているのがわかります。

これでワキガは治ります。

わきがローラークランプ法術後再発の手術

広島・さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日は宮崎の方で以前ローラークランプ法でワキガ手術を受けられたもののすぐに再発された方でした。

最近PDT療法も受けられたそうですが、まったく効果は見られなかったそうです。

PDTでワキガが治ると聞いたことがありません。

切開してアポクリン腺を露出

メスで切開したとたんアポクリン腺が残っているのがわかりました。

これは剥離をすすめたところですが

切開したとたんに見えたアポクリン腺にマークをつけると

赤丸部分がすぐに見えたのです。

アポクリン腺層をすべて露出

瘢痕に覆われています

瘢痕と瘢痕の下にあるアポクリン腺を除去

これでワキガが治ることは確定です。

丁寧にアンカー縫合を行い、タイオーバー固定して手術は終了です。

わきが再発の治療法も剪除法しか考えられない

おはようございます。

さくら美容クリニック広島の院長 棒谷 です。

今回はわきが再発の治療法に関する話題です。

最も確実なわきが治療は直視下剪除法ですが、ワキガ治療を受けて再発した場合の治療法は剪除法しか考えられないと思います。

わきが治療を行うということはアポクリン腺の層を除去したり、アポクリン腺を焼いたりすることでダメージを与えて働きを少なくしたりしているのです。

このため治療を行ったあと皮下組織が炎症をおこし、皮膚と皮下組織(脂肪)の癒着(くっつくこと)が起こります。

わきがが再発した場合アポクリン腺を除去するためには残っているアポクリン腺の層と脂肪の間を剥がす必要があります。

剪除法の場合皮膚を反転しながらその境界を目で確認しながら脂肪に切り込まないようにはがして除去することが可能です。

しかし他の手術方法では、この層を正確に剥がすこともできませんし、アポクリン腺の確実な除去ができません。

目で確認せずに剥がそうとしても手術部位が硬くなっているために剥がせずに結局は剥がすべき層より深い脂肪の層が裂けてしまいます。

脂肪が裂けると神経を傷つけたりすることがありますし、除去する必要のない脂肪が除去する側に残ってしまいます。

除去すべき残っているアポクリン腺と前回手術による瘢痕と皮下脂肪が除去する側に残ってしまうと除去した場合脇がくぼんでしまったりします。

しかも瘢痕ごと残っているアポクリン腺を除去するのは、目で見て除去する剪除法でさえ慣れないと難しいのですが、他の方法ではこれをきれいに除去することはできないので結局ワキガが治らないことになります。

繰り返しになりますが直接目でアポクリン腺を除去できる剪除法がもっとも確実なわきが治療ですが、再発の場合は剪除法でないと治せないといっても過言ではないと思います。

 

ビューホット治療が手術と同等?

今日の方は香川の方で、両脇のビューホット治療、ローラークランプ法治療、そして右わきの剪除法手術を受けられています。

しかしまだ臭いが治っていないということで今回は当院での左右両方の手術を希望されました。

ビューホット治療を受けるときには、手術と同等の効果という説明を受けたそうです。

いったいどんな手術と同等なんでしょうか?

1回目の他院での剪除法で手術した後にこれだけ治っていればあとは制汗剤で何とかなる程度だという説明を受けたということでした。

ワキを切開すると

瘢痕に覆われていてこの写真だけではわかりにくいですがアポクリン腺はかなり残っていました。

すべて丁寧に除去

そしてアンカー縫合

すごく遠まわりされましたが、今回の手術でワキガは治ります。

ワキガ再発の手術:アポクリン腺ははっきり残っていました

今日はローラークランプ法術後再発のケースです。

切開しアポクリン腺を露出

わきの外側はある程度アポクリン腺が除去されているようですが、内側には多量のアポクリン腺が残っていました。

再発のケースだと瘢痕にまぎれてアポクリン腺が露出しにくいこともありますが、左わきもアポクリン腺ははっきりわかります。

すべて除去

そしてアンカー縫合

切開線を赤でマークすると

切開線が真ん中にありません。

これは外から見てアポクリン腺が存在しそうな範囲の真ん中を切っているのですが、アポクリン腺を追っかけていくとどんどん内側まで剥離範囲が広がったため結果的に切開線が真ん中でなくなったのです。

目でアポクリン腺を確認できる剪除法だからこそアポクリン腺が内側まで及んでいることがわかり、そこを除去できているわけです。

剪除法が最も確実な方法であることがよくわかるケースです。

これでワキガもわき多汗も治ります。

ローラークランプ法2回手術後のワキガ手術

他院でローラークランプ法によるわきが手術を2回受けたものの治らなかったということで当院へ手術に来られました。

1回受けて『治っていない』と申告すると、『では2回目は半額でします』と2回受けたものの効果はまったくなかったということでした。

わきをみると多量に毛が生えていました。

わき毛がたくさん生えている時点で前回の手術がかなり不完全であることを予想させます。

切開して内部をみると分厚い瘢痕を認めました。

この瘢痕がアポクリン腺を隠してしまっています。

瘢痕を取り除くと毛と共にアポクリン腺がしっかり残っていました。

この写真ではまばらに見えますが、瘢痕を除去すると同時にアポクリン腺もとれてしまうのでまばらに見えるだけで実際にはもっと多く残っていると思います。

こうした瘢痕は剪除法以外では露出することも除去することもできませんから前医での2回目の手術はまったく意味がなかっただろうと思います。

すべて丁寧に除去すると

丁寧に縫合して終了です。

今回は瘢痕もアポクリン腺も完全に除去しましたので、効果を感じていただけると思います。

お子様のワキガ手術についてのQ&Aはこちらです。

3回目のワキガ手術です

これまで2回ワキガ治療を受けられている方です。

1回目は大阪でローラークランプ法、2回目は東京で剪除法による手術を受けられています。

まだワキガ臭が気になるということで今回で3回目の手術を当院で希望されました。

アポクリン腺が多量に残っているという感じではなく、サイドにある程度残っている感じです。

アポクリン腺の層は広範囲にすべて除去しました。

 

今日も他院術後のワキガ再発の手術でした

今日も他院術後再発です。

ローラーを使ったわきが手術後のケースです。

術前の説明では『ワキガの臭いは7~8割軽減する』という説明だったもののご本人の自覚としては『効果はまったくなかった』ということでした。

脇を観察してみると毛がいっぱい残っています。

毛が残っている=再発ではありませんが、毛がいっぱい残っている=再発とほぼ言えます。毛根とアポクリン腺の場所が近いためです。

切開して内部を確認するとアポクリン腺が多量に残っています。前回手術でどこが除去できているのか全く分からないレベルです。

次の写真は一見ではアポクリン腺がはっきりしませんが

瘢痕を一部ひとかわ除去してみるとアポクリン腺が多量に残っているのが確認できます。

アポクリン腺はすべて丁寧に除去

これでワキガは100%治ります。

 

わきが治療の効果はすぐでます。

わきがが治っているかどうかは1年以上経ってから確認しないと意味がないと以前ブログで書いていますが、わきが臭がなくなるのに1年かかるわけでなく、わきがは治療直後に治ります。

いいかげんな治療を行っても数ヶ月効果がでることがあるので、再発を確認するために1年以上が必要だという意味です。

今回ワキガの再発の相談に来られた方は数ヶ月前に他院でローラーを使ったワキガ手術を受けられていました。

しかし治療を受けて2週間後にはもうワキガが再発し、しかも以前の臭いより強くなったように感じるということでした。

当院でのカウンセリング時にわきをガーゼで拭って臭いを確認すると明らかにワキガ臭がありました。

治療を受けたクリニックでワキガが治っていないと伝えると

『3カ月後くらいから効果がでる』と説明を受けたということでした。

すでに3ヶ月以上経ってますがいつ効果が出るのでしょう?


ワキガ治療はアポクリン腺を除去したり、痛めつけたりしてワキガ臭をなくしたり、減らしたりする治療ですから治療直後から臭いがなくなったり、軽減したりします。

時間が経ってから効果がでるということはありません。

剪除法手術をうけて絶好調

他院でミラドライを2回受けたものの治らず、当院で剪除法による手術を受けられて治った方がおられます。

この方の親御さんがワキガ治療の相談に来られました。


お子さんは今は絶好調ということで喜ばれていました。


親御さんご本人は以前に稲葉式わきが手術、吸引法、ビューホット、ボトックス注射と数多くの治療を受けられたもののまだわきがが気になり、もうあきらめようかと考えていたものの、お子さんの姿を見て、やはり当院での剪除法を受けたいとご相談に来られました。


二人合わせると稲葉式わきが手術、吸引法、ビューホット、ボトックス注射、ミラドライ、剪除法とほぼすべてのワキガ治療を経験されたことになります。


でもわきがが治っているのはお子さんが当院で受けられた目で確認しながら行う剪除法だけです。