さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

こうみると症例写真はおもしろい~脂肪吸引②

症例写真からはほかにもいろんなことがわかります


写真を2枚撮ってみました
美容と健康の魔法の杖

美容と健康の魔法の杖

『上が手術前で、下が術後です』と説明されたらそのように見えると思います


でもこの2つは実際は同じときに撮った写真です


画像処理で形や大きさも変えていません


つまり撮る時の条件をかえている(ひいて撮影している)だけです


 つまり症例写真は撮影した画像を処理しないだけでなく、撮るときの条件もそろえないとまったく意味がないのです


写真を撮るときに何度も撮影して患者さんにご迷惑をかけることもあります

これは術前術後の状態を正確に比べるために可能な限り条件を揃えようとしているためなのです


『画像処理で形や大きさも変えていません』とあたかも不正をしていないかのように強く主張している場合も、撮った後の処理でなく、撮るときの条件自体が全く違って、術後の写真は細く見えるように引いて遠くから撮っていることがよくあると思います


そういう目で見てみるとまたおもしろいかと思います


 治療していない部位も同時に細くなっていますから


関節部分の幅の太さなど吸引前後で変化するはずのない部分の幅を比べたり、足のサイズやスリッパの大きさなどを比べてみるとわかります













こうみると症例写真はおもしろい~脂肪吸引①

症例写真はいろんな意味でけっこう参考になることがあります


例えばヒップの脂肪吸引を行う場合


お尻が垂れてみえないように術後の形を考えながら吸引を行います


お尻の写真は削除されてしまうかもしれないので、ここには載せれないので僕のクリニックの症例写真を見ていただき

一番下のヒップの症例写真をみていただくと

http://www.sc-hiroshima.com/picture/diet.html


足は細くなり、お尻の下垂が改善され、お尻の下のしわのラインが浅く短くなっているのがわかります


その上のその他の症例写真のヒップの垂れ方をみても同じように下垂が改善されているのがわかると思います


僕の美的感覚だと(普通はそれが当たり前だと思いますが)そのような仕上がりがいいと考えているのでそのようになるように吸引しているわけです


しかしいろんなところで調べて症例写真をみているとわかりますが、ただ多く吸引することだけを考えて吸引しているために足は細くなっているのですが術後お尻がたるんでしまい、まるで手術前後の写真が逆のように術前の方がたるみが少なく、術後の方がたるみが大きくなってしわが深くはっきりしてしまっている写真をよく見かけます


『ズボン姿しか人には見せない(直接は肌をみせない)ので、とにかくお尻が小さくなって足が細くなればいい』と希望されているのならともかく手術前に確認すると『ただ細くなればいい』と希望される方は少数ですので、通常は形もきれいになるように考えて手術を行っています


そういう目でいろんな症例写真を見てみると参考になるとおもいます




















かわいい!!

娘さんが二重手術を受けた直後にお母さんが娘さんの顔を見られたときの第一声です


『いいよラブラブいい音譜かわいい!!リスみたい』


『おいわさんみたいに腫れると思ってたけど全然腫れてないね』


『心配してたけどこれならこのまま帰っても大丈夫ビックリマーク


『いいな~これならお母さんもしたいな~』


『お母さん興奮してしまうわ~』と言われて、ご本人以上に大興奮されていました


ずっと『かわいい~』を連呼しながら帰られましたニコニコ










意外においしいゆずあずきバー

最近少しアイスづいています


今回は ゆずあずきバーです
美容と健康の魔法の杖
ラジオ番組と井村屋がタイアップした企画ものです


期間限定とか企画ものはたいていいまいちなことが多いと思いますが、これは定番化しそうな感じがします



美容と健康の魔法の杖
商品によってゆずの量がけっこう違うのはご愛嬌?













塗り薬とトランサミンでシミが治らない?

いつものことながら最近相談に来られたADMのケースです


ご本人は肝斑と思ってハイドロキノンよりいいと称する塗り薬とトランサミン内服治療を受けられていたようですが、これまで何度も指摘しているようにADMには『塗り薬』も『飲み薬』も『光治療』も効きません


たとえ最新の美白剤を使ってもADMにはまったく効果はありません


Qスイッチレーザーが唯一の治療法です


素人はともかく治療する側がこれでは話になりません


『目が節穴でございますか?』


このフレーズ知ってます?



































近場の穴場アスレチック

午前中に所用があるので、昼からしかでかけられず、遠出はできないということで、『近くで戸外であそべるところ』を検索したら近くにアスレチック広場があることがわかりました


『三滝少年自然の家』です


横川駅からすぐ近くです


しかも駐車場代もアスレチック代も無料です


アスレチックの入り口にはつり橋があります
美容と健康の魔法の杖


奥にはアスレチックの遊具が20個くらいあります


でも腕の力が必要な遊具が多いので女の子には少しきついかもしれません
















巷で人気の溶けないアイス

スタッフの周囲で溶けないアイスがおいしいと評判だということで買ってみました
美容と健康の魔法の杖


給食でおなじみの Mousse ムース とけない不思議なアイスです


と書かれています


主に九州方面で販売されているようです


広島ではセブンイレブンに置いてあることがあります


味はホームランバーみたいな味です


室温にしばらく放置してもやわらかくはなりますが確かに溶けません
美容と健康の魔法の杖

この時は牛乳プリンを食べているような味と食感です




















 



PRP治療でなぜ効果に違いがでるのか?

さまざまな原因が考えられます


1つめは注入するPRPの質の違い

どこの会社のどのようなキットを使うかによってどんなPRPになるかが違います

また成長因子を加えて打つのかどうかも大きな違いになります

スムーズに血液採取できるかや途中の工程をいかに確実に行うかによってできるPRPが当然のことながら違ってきます(このため面倒でも僕は採血からPRPの分離・収集、成長因子の付加、注入まですべての工程をスタッフまかせにせず自分の手で行います)


2つめは注入するPRPの量の違い

これも当たり前ですが、注入する量が少なければ充分しわやくぼみを治せません

充分な量のPRPを作製することが必要となります


3つ目は術者の技術力やデザイン力の問題


ヒアルロン酸をあちこちのクリニックで打たれたことのある方はご存知と思いますが、ヒアルロン酸注入はできあいのヒアルロン酸をしわやくぼみに注射するだけの単純な処置ですが、これも施術者によって仕上がりに大きな違いがでます


目の下にヒアルロン酸は打たないクリニックもありますが、目の下は他の部位より微妙な調整が必要な部位です

目の下に打てないということはそうした調整ができないレベルの技術だということを意味します


PRPは通常ヒアルロン酸より多くの量を1度に注入しますから、これも施術者によってヒアルロン酸よりさらに大きな違いがでる要因となります


PRP治療は、PRP皮膚再生療法と呼ばれることもあるので、皮膚全体に打って全体に少しハリをだす治療と思われている方もおられると思いますが、実際にはそうした弱い効果でなく、しわやくぼみ、場合によってはたるみを大きく改善できることが大きな利点となっています

目の下のたるみはこれまで切らないと治らないと思われていたのですが、PRPで切らずにほとんど治療することができるのが一番の利点だと思います

昔は『目の下のたるみを治したい』と来院された方も『切る手術になる』とお話するとやはり傷跡が問題となるので、二の足を踏まれる方が多かったのですが、今ではPRPで人知れず治療できるケースがほとんどです


このようにPRP治療とひとことでいっても実は同じことが行われているのではなく、各クリニックでかなり異なった治療になっていると思います


実際にカウンセリングを受けてみるとPRPに対するそのクリニックの(ドクターの)自信の程度がわかります










かわいいおばあちゃん

いくつもの治療を受けていただいている方が、ご予約なく飛び込みでふらっとしわのご相談にお越しになりました


以前にPRPやウルセラ、二重手術などを受けられています


PRPで目の下のたるみやほうれい線が改善し


ウルセラで頬がリフトアップ


二重手術でぱっちりしたかわいい二重になられていました


周囲の方に『かわいくなっているけど何かしたんじゃないの?』といわれるそうですが、『何もしていないよ』と答えられているそうです


大先輩の患者さんのことをかわいいというのは失礼ですが、一般的に見てかわいいおばあちゃんになられていましたニコニコ


モニターになっていただけるといいのですが、残念ながら年配の方はモニターを好まれませんしょぼん




最新の記事

2017年10月17日
東京国立博物館の運慶展に行ってきました
2017年10月16日
小学生や中学生でもわきが手術はできる?
2017年10月15日
三十三間堂にお参りしました。
2017年10月14日
ニードリング後5日目の状態
2017年10月13日
今回も他県からのワキガ手術でした

カテゴリ一覧

月別

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

桜美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 0120212238

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談