さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

PRPでこんな風に『しわ』や『くぼみ』が治ります。

以前治療を行った68歳の女性を例にとってご説明します。

施術前の状態です。
目の下のくぼみ、ほうれい線が深いのがわかります。


PRPを注入する部位を囲んで図示すると


この方の場合は目の下とほうれい線が中心ですがその他の部位にも注入しています。
できるだけ多くの部位を治療できるように、多めにPRPを作成しています。

ご本人が気にされているところから注入していくのですが、通常メインの部位以外も治療できることが多いです。
もし余れば例えば首のシワやこめかみのくぼみや目の上のくぼみなどを治療することもできます。

施術1年経った状態です。
目の下のくぼみもほうれい線も大きく改善されています。
長期に効果は続くので1年たっても効果の減少はみられていません。

基本的にはしわを埋めているのですが、前後の写真を比べていただくと頬がリフトアップして見えます。

しわやくぼみが改善すると見た目にはリフトアップして見えるのですね。

娘さんにも若返ったとほめてもらったと喜ばれていました。

副作用には内出血や腫れがでることがあります。

PRP治療について詳しくはこちらです。

PRP2ヶ月目の方はほうれい線がなくなっていました

PRP2ヶ月目の方はほうれい線がなくなって喜ばれていました。

PRP施術の方も2人おられましたが、目の下もほうれい線もマリオネットラインも治療を行いました。

途中、鏡で治り具合を確認していただきながらリクエストもおききして治療しています。

PRPは本当に効果があるの?

『PRPは本当に効果があるの?』と治療前に不安に思われておられる方もおられると思います。

他院でPRP治療を受けて『治療したけれど効果がない』という方もかなり治療しましたが、ほとんどの方に効果を感じていただいていると思います。

ちなみのそのクリニックは患者さんに『効果がない』と言われると『何度も治療してください』と説明していたようですが今はもうそこではPRP治療自体行わなくなったようです。

当院では1回のPRP治療で長期に効果を感じていただけると思います。

多くの患者さんに満足いただいているので僕もスタッフも自信をもっておすすめしています。

PRP後の方がとても喜ばれていました

PRP1ヶ月目の検診の方がとても喜ばれていました。

PRPは注入直後に効果が出ますがその後少し腫れて腫れが引くとともに2週間後くらいの時点でいったん効果が低くなってしまったように感じる場合があります。

この方は効果が低くなったのは感じないということでした。

腫れが引くのと効果が増す時期がうまくあうケースだとこのように感じられるようです。

PRPは安定した効果が出せる治療です。

PRP治療後1年の方も1ヶ月の方も喜ばれていました。

わきが手術とは異なり写真がだせないのが残念ですが、PRP治療後1年の方も1ヶ月の方も喜ばれていました。

PRP治療は効果を実感しやすい治療です。

ずっと治療を迷われていてお子さんの結婚式があってギリギリにお越しいただくこともありますが、あまり結婚式が近いと治療自体できないこともありますので、結婚式とか同窓会とか何かイベント目的に治療される場合は治療するかどうかは後でゆっくり考えられればいいと思うのでカウンセリングだけは早めに受けておかれることをおすすめします。

 

今日も2回目のPRPのご相談がたくさんありました

今日も2回目のPRPのご相談がたくさんありました。

PRPはダウンタイムもほとんどなく、効果をしっかり感じることができるため2回目を受けたいという気持ちになられることが非常に多い治療です。

治療中に『すごい!!』と感動されることも多いPRP治療

PRP治療は注入する治療なので治療したその場で改善しているのが自分の目でわかります。

ある程度注入してからご本人に状態を見ていただいて、どこまで治療するかを確認していただくのですが、その時点で『すごい!!』と変化に感動される方も多いです。

実際にはそのままの仕上がりではないのですが、最終的にかなりそれに近い形の仕上がりになることも多いですので、多くの方に満足頂いています。

 

PRPとヒアルロン酸の違いと特徴

いくつも違いがあります。

まず効果の長さの違いがあります。

ヒアルロン酸は効果が短いため半年~1年ごとに再注入が必要ですが、PRPは何年も効果が続きます。

ヒアルロン酸はボリュームを増やす効果だけですが、PRPはボリュームを増やすだけの効果ではなく、組織を入れ替える効果があります。例えるならヒアルロン酸は家を増築しているだけですが、PRPは家を建て替えている感じです。このため目の下のたるみ治療を行う際にヒアルロン酸はより膨らんでしまうので注入できないケースがありますが、PRPだと安心して治療を行うことができます。

またヒアルロン酸にはチンダル現象と言って青くむくんでしまう副作用があります。目の下のくまを治療するときには目の下の黒さや青さを治さないといけないわけですが、クマの部分の皮膚は薄いことが多くチンダル現象を起こす確率が他の部位より高いのでクマの治療としては不適です。この場合にもPRPだと安心して治療を行うことができます。

目の上のくぼみについても中サイズの粒子のヒアルロン酸を使うともっこり膨らんでしまい、小粒のヒアルロン酸を使うと早くなくなってしまったりします。この場合もPRPだと長期にナチュラルに改善した状態を保つことが可能です。

最新の記事

2021年05月13日
広範囲に多量のアポクリン腺がありました
2021年05月12日
わきがミラドライ2回治療後の再発の手術
2021年05月11日
小学生でもワキガは治ります
2021年05月10日
にきびやニキビ跡、毛穴、小じわにはeマトリックスが効果的です
2021年05月09日
多くの方が選ばれている光治療の経過です

カテゴリ一覧

月別

皆さんの悩みにお応えする院長棒谷のお役立ち美容医療コラム

さくら美容クリニックの若返り治療 若返りの泉

さくら美容クリニックチャンネル

さくら美容クリニックの美容塾

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談