治療時に鏡で確認しながら治療してくれるところで治療を受ければいい

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

PRP注射もヒアルロン酸注射も治療直後から効果がわかります。

今日のPRP注射の方も直後から目の下のくまが無くなっているのを見て喜ばれていました。

PRP注射のできあがりは半年くらい先なので、注入時が仕上がりとはいえないのですが、それでも注入時に効果はわかります。

PRP注射もヒアルロン酸注射も基本的にはくぼんでいるところをふっくらさせて改善させるので注射をすればすぐに効果はわかります。

その場で改善するから、鏡を見て改善度合いをご自身で確認していただくことができます。足らなければその場で追加注入が可能です。

逆に言えば治療直後にまったく改善していなければ、時間が経っても効果はでません。

ということは治療時に鏡で改善効果を見せてくれて希望通りに治してくれるところで治療を受ければいいことになります。

PRP治療やヒアルロン酸注入は直後から効果がでます

今日のPRP注射の方も直後から目の下のくまが無くなっているのを見て喜ばれていました。


PRP注射はできあがりは半年くらい先なので、注入時が仕上がりとはいえないのですが、それでも効果はわかります。


それはPRP注射もヒアルロン酸注射も基本的にはくぼんでいるところをふっくらさせて改善させるからです。


その場で改善するから、鏡を見て改善度合いをご自身で確認していただいて必要があればその場で追加注入することができるのです。


逆に言えば治療直後にまったく改善していなければ、時間が経っても効果はでません。


ということは治療時に鏡で確認しながら改善効果を確かめてくれるところで治療を受ければいいのです。

ダウンタイムなく、若返ることが可能になっています

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

ウルセラ&PRP治療後3ヶ月目の検診やPRP治療後1~数か月後の検診がありました。

頬やアゴ下のたるみはウルセラで、目の下のたるみやほうれい線などのくぼみやしわはPRPで改善することができ、喜んでおられました。

ウルセラ以外にもソフウェーブやフォトナ4Dなども加わり、今では切らない治療でダウンタイムもほとんどなく、若返ることが可能になっています

 

目の下のクマが改善し、以前のいい状態に戻ったと褒められた

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

PRP治療を受けて3ヶ月の検診での話です。

目の下のくぼみが治り、クマがなくなっていました

この方は他院でダーマペン治療を受けられたものの気にしていたクマが治らなかった方です。

今回の治療で目の下のクマが治り、妹さんにも『以前のいい状態に戻った』と褒められたそうです

 

生まれつきの目の下のクマも改善できます

老化で目の下がくぼむ方もおられますが、もともと目の下がくぼんでいてクマとして目立っている方も多くおられます。

『生まれつきのくぼみ・クマは治せない』と思っておられる方もおられますが生まれつきでも治せます。

若い方でもPRP治療でクマが改善し、喜ばれている方も多くおられます。

クマの多くは、シミなどがあって黒く見えるのではなく、一番の原因は段差があって黒く見えてしまうわけですから、その段差をPRPなどの方法で埋めれば、かなりクマは改善させることが可能です。

クマに悩んでいた若い方も喜ばれていました

ほとんどの方の目の下のクマはくぼみを治すとかなりよくなります。

当院ではくぼみにはPRP治療を行う事が多いのですが、今日6ヶ月目の検診に来られた方も喜ばれていました。

ヒアルロン酸は効果が短いこととチンダル現象といって青くむくんでしまうことがあることそして失明などの塞栓症があるのが問題点ですが、PRPはそうした副作用はなく長期に効果をだすことが可能です。

 

切らないとたるみは治せない?

目の下のたるみが気になる場合『たるんでいるんだから切るしかない』

そう説明を受けることもあると思います。

僕も以前はそう思っていたのですが、実際にPRP治療を行うとかなりの程度に治り、患者さんにも喜んでいただいています。

しかも他院で切る手術をしたのに治っていないケースでも治療できていることが多いと思います。

クマに関しても黒い色を全部なくすことはできませんが、かなりの程度に改善できることが多いと思います。

頬やフェイスラインのたるみに関しても、ウルセラで引き締めることにより、まったくわざとらしさがないリフトアップが可能となっています。

フォトナやソフウェイブなどもでてきていますから、さらなる改善が可能だと思います。

目の下の脱脂(脂肪除去)をしてくぼんでしまった

目の下のクマやたるみを治すために『目の下の脱脂(脂肪除去)をしてくぼんでしまった』というご相談がよくあります。

それははじめの治療方法の選び方が間違っていることが多いと思います。

全体にくぼんでいて一部分が膨らんでいる場合その一部分を減らしてしまうと全体的にくぼんでしまうのです。

つまり手術前から予想される当然の結果です。

しっかり確かめてそうした結果にならないことを確認してから治療を受けられることをおすすめします。

 

PRP治療のモニター治療後2ヶ月のテレビ撮影がありました。

テレビ局の取材でモニターの方に目の下のたるみやクマ、ほうれい線をPRP治療し、約2ヶ月がたちました。

2ヶ月だとまだ経過途中で完成してはいないのですが、目の下のくぼみやクマ、ほうれい線が改善し喜ばれていました。

近いうちにテレビで放映されると思いますのでご覧いただければと思います。

詳細が決まれば追ってお知らせさせていただきたいと思います。

若返ると気持ちも若返るから治療したくなる

今日PRP治療にお越しいただいた方はPRP治療を受けるのが今回で5回目の方でした。


かなりご年配の方ですが、『若返ると気持ちも若返るからまた治療したくなる』ということで5回目の治療となりました。


喜んでいただけるのはうれしいですね。


何度も行わないと効果がでないから短期間に5回受けられているのではなく、1回ごとに効果を感じられていて、期間をおいてPRP治療を受けられていて今回は5回目となっているのです。


帰られる時にすでに喜んでおられました。