さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

生まれつきの目の下のクマも改善できます

老化で目の下がくぼむ方もおられますが、もともと目の下がくぼんでいてクマとして目立っている方も多くおられます。

『生まれつきのくぼみ・クマは治せない』と思っておられる方もおられますが生まれつきでも治せます。

若い方でもPRP治療でクマが改善し、喜ばれている方も多くおられます。

クマの多くは、シミなどがあって黒く見えるのではなく、一番の原因は段差があって黒く見えてしまうわけですから、その段差をPRPなどの方法で埋めれば、かなりクマは改善させることが可能です。

クマに悩んでいた若い方も喜ばれていました

ほとんどの方の目の下のクマはくぼみを治すとかなりよくなります。

当院ではくぼみにはPRP治療を行う事が多いのですが、今日6ヶ月目の検診に来られた方も喜ばれていました。

ヒアルロン酸は効果が短いこととチンダル現象といって青くむくんでしまうことがあることそして失明などの塞栓症があるのが問題点ですが、PRPはそうした副作用はなく長期に効果をだすことが可能です。

 

切らないとたるみは治せない?

目の下のたるみが気になる場合『たるんでいるんだから切るしかない』

そう説明を受けることもあると思います。

僕も以前はそう思っていたのですが、実際にPRP治療を行うとかなりの程度に治り、患者さんにも喜んでいただいています。

しかも他院で切る手術をしたのに治っていないケースでも治療できていることが多いと思います。

クマに関しても黒い色を全部なくすことはできませんが、かなりの程度に改善できることが多いと思います。

頬やフェイスラインのたるみに関しても、ウルセラで引き締めることにより、まったくわざとらしさがないリフトアップが可能となっています。

フォトナやソフウェイブなどもでてきていますから、さらなる改善が可能だと思います。

目の下の脱脂(脂肪除去)をしてくぼんでしまった

目の下のクマやたるみを治すために『目の下の脱脂(脂肪除去)をしてくぼんでしまった』というご相談がよくあります。

それははじめの治療方法の選び方が間違っていることが多いと思います。

全体にくぼんでいて一部分が膨らんでいる場合その一部分を減らしてしまうと全体的にくぼんでしまうのです。

つまり手術前から予想される当然の結果です。

しっかり確かめてそうした結果にならないことを確認してから治療を受けられることをおすすめします。

 

PRP治療のモニター治療後2ヶ月のテレビ撮影がありました。

テレビ局の取材でモニターの方に目の下のたるみやクマ、ほうれい線をPRP治療し、約2ヶ月がたちました。

2ヶ月だとまだ経過途中で完成してはいないのですが、目の下のくぼみやクマ、ほうれい線が改善し喜ばれていました。

近いうちにテレビで放映されると思いますのでご覧いただければと思います。

詳細が決まれば追ってお知らせさせていただきたいと思います。

若返ると気持ちも若返るから治療したくなる

今日PRP治療にお越しいただいた方はPRP治療を受けるのが今回で5回目の方でした。


かなりご年配の方ですが、『若返ると気持ちも若返るからまた治療したくなる』ということで5回目の治療となりました。


喜んでいただけるのはうれしいですね。


何度も行わないと効果がでないから短期間に5回受けられているのではなく、1回ごとに効果を感じられていて、期間をおいてPRP治療を受けられていて今回は5回目となっているのです。


帰られる時にすでに喜んでおられました。

 

何をしたのかわからないが綺麗になっている

今日のPRPのカウンセリングの方の知人が当院でPRPを受けられた方でした。

この方は普段からひとの顔をよく観察しておられるそうです。

ある時、知人が明らかにイメージがかわって良くなっていて何をしたのかわからないが明らかに若返っていることに気づかれたそうです。

そのことを尋ねても理由を教えてもらえなかったようですが問い詰めたら観念?して😅当院でPRPを受けたことを教えてくれたそうです。

自然な感じで若く見えたり、疲れて見えていたのが元気になったように見えるのに何をしたかはわからない。これがPRPの典型的な効果の感じです。

レーザー治療では目の下のクマはなおらない

『他院で目の下のクマにレーザー治療を受けたけれども治らない』というご相談をよくいただきます。

ADMという深いシミだとレーザー治療が効くのですが、目の下のクマを気にされている方のほとんどはADMではないので効果はありません。

クマを気にしている方の原因は目の下の皮膚が薄くて下の血管網が透けているのと目の下がくぼんでいてその段差がクマとなって見えることが多いと思います。

当院では目の下のクマにはPRP治療を行うことが多いのですが、PRPだとくぼみを改善させることができ、同時に皮膚の一部を分厚くさせることができるので、クマをかなり改善させることができます。

脂肪除去手術でさらに目立つようになった目の下のクマがPRPで改善しました

目の下のクマの治療のためのPRP後1ヶ月目の検診がありました。

この方は目の下のクマを治療するために目の下の脂肪を除去する手術を他院で受けられています。

しかしクマが良くなるどころかさらにひどくなり、今回当院でPRP治療を受けられたのでした。

今回のPRP治療でクマが良くなったと喜ばれていました。

ふくらませて治さないといけないのに前回の治療ではくぼませて治そうとしたためにクマがひどくなったわけです。

何が合っているのかを見分ける目も大切です。

 

昨年は過去最高のPRP治療数でした

人気のPRP治療ですが昨年はこれまでで一番多くの方にPRP治療をお受けいただきました。

ほうれい線や目の下のたるみ・くぼみ・クマ、ゴルゴライン、目の上のたるみ、マリオネットラインなどあらゆるしわやくぼみをご本人にも改善しているのがよくわかる形で治療することができ、しかも治療したその場で効果を確認でき、その効果も長く続くのが人気の秘密だと思います。

20代から90代までのひろい年齢層の方に治療をお受けいただいています。

当院のPRPは4ccか2ccを作成し、一部位の治療だけでなく、できるだけ多くの気になる希望の部位を治療しています。多部位になっても追加費用はいただいておりません。

このため目の下のたるみとほうれい線、マリオネットライン、眉間のシワ、額のシワを同時に治療しているケースもたくさんあります。

また採血からPRPの調合をスタッフ任せにせず、採血からPRPの調合、注入まですべての工程を院長自ら行っていることも特徴となっています。

PRPの効果は長期に続くのですが、満足度が高いゆえに再度の治療を希望される方も多く、昨年治療された方の2割ぐらいは2回目以上の治療となっています。

効果が低いから何度も受けることが必要なわけではなく、効果がよくわかるからこそもっと受けたいと思われて再度の治療をお受けいただいています。

最新の記事

2022年05月26日
10年以上経ってもきれいな二重
2022年05月25日
男性のワキガ手術でした
2022年05月24日
ウルセラ:たるみに応じて照射の仕方を変えています
2022年05月23日
ワキガ完治には丁寧な剪除法が必要
2022年05月22日
長期に続いたウルセラ(HIFU)の効果

カテゴリ一覧

月別

皆さんの悩みにお応えする院長棒谷のお役立ち美容医療コラム

最新のたるみ治療を徹底比較

さくら美容クリニックの若返り治療 若返りの泉

キレイになりたい!を応援するBEAUTYマンガ

さくら美容クリニックチャンネル

さくら美容クリニックの美容塾

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

症例写真集

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談