さくら美容クリニック さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

冷却痩身治療クールスカルプティングの経過

クールスカルプティングは国内でも認証された冷却して皮下脂肪を減らす装置です。

ちまたのあやしげな冷却治療ではなく、冷やして皮下脂肪を減らす機器として国内で唯一認められているものです。

クールスカルプティングを行って3日たちました。

約2ヶ月かけて徐々に皮下脂肪が減っていきますので、まだ見た目に大きな変化は感じませんが、触った感じは違うのがわかります。

治療部位を強くにぎるとまだ少し痛みを感じます。

今後の経過が楽しみです。

クールスカルプティングの経過 治療翌日

昨日自分の腹部にクールスカルプティングを行いました。

新型のクールスカルプティングを受けるのははじめてです。

もともと日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAの承認を受けた治療ですが、昨年12月に国内で承認をされました。

美容機器らしい美容機器としては初めての承認ではないかと思います。

クールスカルプティングは効果がピークに達するのに約2~3ヶ月かかるのですが、治療したところとしていないところを比べると、皮膚をつまんだ時の触った感じがすでに違うので、もう変化がでている感じがします。

副作用としては治療部分は強くつまむとほんの少し痛みがあるくらいで全く問題ありません。

太もも脂肪吸引手術でした

当院にはクールスカルプティングやスカルプシュアーなど美容機器を使った皮下脂肪減少機器をたくさん導入しているので、手術は不得意なんじゃないかとい思われる方もおられるかもしれませんが、脂肪吸引は得意な手術の1つです。

時代の要請があるのでクールスカルプティングやスカルプシュアーなども導入していますが、脂肪吸引は彫刻と同じで、術者の技量が試される治療で、自分の美術作品を作成しているのと同じことなのでとてもやりがいがあります。

スカルプシュアーやクールスカルプティングによる部分痩せ治療が増加傾向

これから肌の露出が多くシーズンですので、夏に向けて部分痩せ治療を受けられる方が増えています。

さくら美容クリニックにはレーザーで脂肪を溶かすスカルプシュアーも冷却で脂肪を溶かすクールスカルプティングもあります。

つまり脂肪は暖めても、冷やしても減ることがわかっているのです。

どちらもほぼダウンタイムはありませんが、クールスカルプティングが吸引しながら冷やすのでキスマークのように少し内出血がみられることがあります。

今日の方はクールスカルプティングを選択されて治療を受けられました。

1か所行うのに35分かかり、はじめの10分くらい冷た痛い感じになることがあるのですが、この方は治療の不快感はまったくないようでした。

治療後にご自分の治療部位をさわっていただいたのですが、脂肪がシャリシャリになっているのがわかって驚かれていました。

国内承認されたクールスカルプティングってどんなもの?

クールスカルプティングを輸入販売している会社は今はアラガン(ボトックスで有名な会社)です。

クールスカルプティングのわかりやすい資料は下記です。

この冷やして皮下脂肪を減らすクールスカルプティングもレーザーで脂肪を温めて減らすスカルプシュアーも広島で導入しているのはさくら美容クリニックのみです。

 

二の腕➡腰腹部➡太ももの脂肪吸引手術

1回目はの脂肪吸引手術を受けられて、2回目は腹部と腰の脂肪吸引手術、そして今回は太ももの脂肪吸引手術でした。

二の腕と腹部と腰はすでにバッチリ痩せられていました。

手術にそれほど抵抗がなく、内出血や腫れなどのダウンタイムがあることも許せて、1回で劇的な変化を求める方は手術がいいと思います。

でもやっぱり手術は怖いとおっしゃる方には、レーザーで温めて脂肪を溶かすスカルプシュアーや脂肪を冷やして減らすクールスカルプティング・ゼルティック、注射で脂肪を減らす脂肪分解注射などもあります。

おかげさまで開院2周年を迎えました。

はやいものですね。

おかげさまでさくら美容クリニックとなって2周年となりました。

ありがとうございます。

月日が経つのは早いのは老化の証拠

今年はレーザーを当てるだけで楽に痩せることができるスカルプシュアーも導入しています。

アンチエイジング系の治療の2周年キャンペーンも行っています。

ご興味ある方はクリニックまでお問合せいただければと思います。

二の腕の脂肪吸引と腹部・腰の脂肪吸引手術

二の腕の脂肪吸引を行ってから2週間くらいたって、まだ腫れが残ってはいるものの二の腕はかなり細くなられていました。

今回は腹部や腰周りの脂肪吸引を行いました。

内出血などは我慢できで1回の治療でたくさん脂肪を減らしたい場合はこのように脂肪吸引がいいのですが、手術を受けるのも麻酔するのも恐い、青あざや治療後の痛みも無理という方はレーザーで熱して脂肪を減らすスカルプシュアーや逆に冷やして脂肪を減らすゼルティック・クールスカルプティングがおすすめで最近は治療を受けられる方が多くなっています。

どちらもアメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる)承認の治療です。

持続的に痩せるには

若返り治療の経過観察のために診察に来られた方が『最近食べ過ぎで太ってしまったので痩せたい』ということでしたので脂肪吸引や最新のレーザーで脂肪を溶かす治療スカルプシュアーなどの説明を行いました。

脂肪吸引やスカルプシュアーは直接皮下脂肪を減らしますからリバウンドがありません。

ただ脂肪吸引やスカルプシュアーでは内臓脂肪はなくならなりません。『内臓脂肪を減らすには運動したり、食事を変えることが必要です。』とお話ししました。

すると『○○(?十万円かかる運動と食事制限を行う会員制の方法)で友人が何人も数か月でいったん痩せたにもかかわらず、すぐにリバウンドして戻ってしまった。』と話されました。

ご友人たちはみんな後悔されているようで、その方法は『絶対しないほうがいい』と忠告されたと言われていました。

糖質制限するだけでもかなり痩せます。

運動しながら糖質制限を行えばさらに痩せることができます。

しかしずっときついトレーニングをしたり、好きな食べ物を食べずに過ごすことは困難です。

だから、結局リバウンドをしてしまうわけです。

持続的に痩せたいと思うなら長期的にできることを少しづつ組み合わせるしか手立てはありません。

食物繊維を含む繊維質の野菜から先に食べる

ゆっくり噛んで食べる。

たんぱく質を充分摂る。

お酢をとる。

ギムネマをとる。

などが考えられます。

これらはすべて血糖値を急激に上げないための方法です。

血糖値が急激に上がるとインスリンが出て太ります。

また血糖が高値になると血管を傷めます。

好きなものがある時それを食べてはいけないといっても実際には長続きはしません。

我慢することがストレスにもなります。

考え方として『いつでも好きなものを食べてもいい。でも今日は少し控えておこう。』と思って長続きする方法を行うのがいいと思います。

運動もつらくなくて楽しく続けられる方法を工夫する必要があります。

 

 

 

部分やせ治療の方が増えています。

さくらが咲くくらい温かくなり、もうすぐ露出が多くなるシーズンですよね。

このため脂肪吸引やレーザーによる痩身など部分痩せの施術が増えています。

痩身の方法もいまではたくさんの方法があります。

脂肪吸引手術、レーザーで脂肪を溶かすスカルプシュアー、冷却して脂肪を減らすクールスカルプティング・ゼルティック、脂肪分解注射などがあります。

1回の治療で確実に多くの脂肪を減らしたい場合は、脂肪吸引手術がおすすめです。

手術では彫刻をするように脂肪を削って形を整えます。

でも脂肪吸引のように内出血や腫れ、痛みなどのダウンタイムがあるものは受けられない場合の最新治療が脂肪をレーザーで減らすスカルプシュアーです。

脂肪を減らしたい部位にレーザーを25分間照射するだけですので、ダウンタイムなく部分痩せすることが可能となっています。

ダウンタイムというほどでもありませんが、仮にダウンタイムがあるとしても、ちょっと筋肉痛かな?くらいの程度だと思います。

最新の記事

2018年08月16日
カープついにマジック32
2018年08月15日
学会で台湾に行けず・・・
2018年08月14日
マイクロ波によるワキ多汗症治療?
2018年08月13日
ワキガ手術後2年、再発なくきれいに治っていました
2018年08月12日
日焼けをすることで老化が進む動画を見せると日焼けをしなくなる?

カテゴリ一覧

月別

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 0120212238

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談