今日もワキガ再発の手術:東北の方

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日は東北の方で過去に他院で2回ワキガ治療を受けられていますが治っていません。

1回目は皮弁法(剪除法)2回目はミラドライです。

どちらも効果を感じられなかったそうです。

わきが専門に治療している相談に行かれたそうですが、きちんとした理由は説明してもらえず再手術は断られたそうです。

アポクリン腺の取り残しによるワキガ臭であればアポクリン腺をきちんと除去すればワキガはなくなります。

切開しアポクリン腺層を露出

わかりにくいと思いますのでアポクリン腺にマークを付けてみると

写真でこれだけわかるということはアポクリン腺は多量に残っています。

すべてきれいに除去すると

そして丁寧にアンカー縫合

これでワキガは治ります。

 

小学生のワキガ手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日は小学生のワキガ手術でした。

小学生としては範囲は広めでした。

アポクリン腺です。

白い膜の下に褐色に見えているのがアポクリン腺です。

まだらな部分もアポクリン腺はすべて丁寧に除去

そしてアンカー縫合

これでワキガは治ります。

 

 

新しいしわたるみ治療ソフウェーブを受けられる方が増えています

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

カウンセリングは二重や脂肪吸引、ワキガなどいろいろありましたが、施術としてはソフウェーブの多い一日でした。

ソフウェーブはHIFUと同じく超音波で皮膚を引き締める治療ですが、これまでのHIFUが点状に凝固させるのに対し、SUPERB@テクノロジーという軸状(棒状)に凝固させる方法で、しかも冷却装置がついているので皮膚の浅い層である1.5ミリ付近を強力に治療できるのが特徴です。

ウルセラ(HIFU)も優れたたるみ治療で、3ミリや4.5ミリの深層に照射し、効果も高くいいのですが、ウルセラでも1.5ミリの深さにも照射そのものはできるのですが、効果が弱いと感じているため当院ではウルセラを1.5ミリには照射していません。

この1.5ミリ付近に強く照射できるのがソフウェーブなのです。

皮膚のたるみ具合によっては深い層より浅い1.5ミリに照射した方が効果が出るのです。

ソフウェーブはまだ日本に入ってきて1年くらいの治療ですが、当院で治療を受けられた患者さんの評判も上々です。

 

切らない若返り治療も効果はバッチリでます

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

若返り治療を受けたものの効果が感じられず、治療したクリニックに『効果がみられない』と伝えると『何回も治療を受けてください』と言われた経験がありませんか?

1度の治療で効果がなければ、何回も治療しても効果はありません。

以前他院でHIFU治療を5回受けたけれど効果がわからないと言われていた方がおられました。

これはミラドライなどのワキガ治療でも同じです。

効果がある治療は1度の治療で効果はでます。

当院では切らない若返り治療も自信をもっておすすめすることができます

(ワキガは必ず切って治しています)

今日は初回のワキガ手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日は初回手術でしたので再発手術のように大変ではありませんでした。

とは言っても約3時間かけた丁寧な手術です。

切開しアポクリン腺を露出

取り残さぬようにきっちり除去

そして皮膚を丁寧に固定

アンカー縫合を少なくすると血腫(血が溜まる)ができたり、皮膚が壊死したり、皮膚がずれて固定されてしわくちゃのワキになったりしますので時間や手間がかかっても多数のアンカー縫合を行っています。

ワキの臭いがなくなって運動部に入部できました

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

お子さんが当院でワキガ手術を受けられたお母さんからお礼のメールをいただきました。

『娘は4月に中学校へ入学しました。日差しも強く暑い日もありますが、臭いも汗も気にならず、快適な学校生活を送れています。運動部へ入部しました。もし、手術をしていなかったら、臭いを気にして文化部を勧めてしまったかもしれません。丁寧な手術をしていただき、本当にありがとうございました。』

喜んでいただけてうれしく思います

この方のように臭いを気にしてクラブに制限がかからないように治療を受けられる方もたくさんおられます。

 

いつもに増してワキガ手術が多くなっています。

夏休みを利用してワキガ手術を受けられる方が多いためだと思いますが、いつもにも増してワキガ手術が多くなっています。

当院のワキガ手術は充分な時間をとって丁寧なワキガ手術を行っていますので、予約が長時間制限されることになり、申し訳ないのですが他の治療のご予約を取るのに支障がでてしまっていることがあると思います。

今後場合によってはワキガ手術数を制限するなど何か対策をとらないといけなくなるかもしれません。