さくら美容クリニック さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

PRP治療をしていてとても楽しい

当院ではPRPのリピーターの方がたくさんおられます。

皆さん喜ばれて再度の治療を受けられています。


はじめから複数回行うことを決めているわけでもなく、1回ごとの効果が少ないから何度も行うわけではありません。


通常1回するだけでもしっかり効果を感じていただけます。

でも『もうちょっと改善させたい』とか、『今度は治療部位を変えて受けてみたい』とか、『何年も経って老化自体がすすんだのでまた治したい』ということである程度時間が経ってから(1~数年後)複数回の治療を希望されています。


満足するからまた治療したくなるというわけです。

新型光治療フォーマα 高評価いただいています

これまでフォトRF治療を長く行ってきましたが、数ヶ月前に新型光治療フォーマα(アルファ)を導入し、切り替えて治療を行っています。


これまでフォトRF治療を受けていただいているリピーターの方に効果の違いをおききしていますが、シミへの効果はほとんどの方が高評価をいただいていましたが、赤ら顔にもフォーマαの方が効果がよかったとの評価をいただきました。


もうひとつは肌のハリに関してですが、フォトRFはRFがついていて、フォーマαにはついていません。

RFは肌をより暖めてお肌のハリを改善するために併用しているわけですが、RFがついていない分ハリ改善の効果が低くなっては意味がありませんので、こちらに関しても照射方法を工夫してより温まるように照射していますが、肌のハリに関しても高評価をいただいています。

今のところフォトRFに負けているところはないと感じています。

若返り治療デ―でした。

ここ2日はウルセラとPRPを同時併用治療される方やそれぞれ単独治療される方が多く、若返り治療デ―でした。


PRP単独でも目の下のたるみやくぼみ、ゴルゴライン、ほうれい線、マリオネットラインが改善します。

ただマリオネットラインは頬がのっかかってたるんでいるために目立つため、頬や顎下のたるみを改善できるウルセラを併用するとのっかかりを減らすことができ効果を増すことができます。


PRPは治療時に効果がわかりますが、ウルセラは治療時には効果がわかりませんが、早くて1ヶ月、遅くても2か月目には効果を感じることができると思います。

PRPとウルセラ治療のラッシュです。

ここのところPRPとウルセラ治療が多くなっています。

根が正直なので効果がないものを効果があると言って人に勧めることができません。

カウンセリングに来られた方が何か治療を受けたいと希望された場合でもそれがその方にあわないものだったら受けない方がいいと言ってしまいます。

当院のPRPは目の下のたるみやクマ・くぼみ、目の上のくぼみ、ほうれい線、ゴルゴライン、インディアンライン、マリオネットラインなどあらゆるしわに効果的で、ウルセラは頬のリフトアップに効果的です。

どちらも自信をもっておすすめできる治療です。

ウルセラ&PRP治療後1ヵ月目の方が喜ばれていました

『ここまで良くなるとは思っていなかった』と喜ばれていました。

目の下のたるみがほとんどなくなり、頬のたるみがかなりすっきりされていました。

僕たちにとってはいつもの日常ですが、ご本人にとっては想像以上に若返られたようです。

マスクをしているので周りの人も気づいていないそうです。

でもあれだけ若返ると気づく人はいそうです。

ウルセラ治療後1ヵ月の時点だとまだ腫れが残っていると思うので、2ヶ月目にはさらに効果が増すと思います。


PRPもまだ完成形ではないので次の検診が楽しみです。

肌が白くなってファンデーションを買い換えました。

スタッフの肌治療に関するエピソードです。

先日フォーマαを受けたスタッフが肌が白くなってこれまで使っていたファンデーションがあわなくなってより白いファンデーションに買い替えたということでした。

シミがうすくなっただけでなく、肌が全体に白くなっているということです。

別のスタッフはシミが薄くなって気にならなくなったため隠す必要がなくなり、ファンデーション自体を塗らなくなったということでした。

それぞれまだ1~2回しか治療を行っていませんから、さらに治療を重ねてからの経過が楽しみです。

若返ると気持ちも若返るから治療したくなる

今日PRP治療にお越しいただいた方はPRP治療を受けるのが今回で5回目の方でした。


かなりご年配の方ですが、『若返ると気持ちも若返るからまた治療したくなる』ということで5回目の治療となりました。


喜んでいただけるのはうれしいですね。


何度も行わないと効果がでないから短期間に5回受けられているのではなく、1回ごとに効果を感じられていて、期間をおいてPRP治療を受けられていて今回は5回目となっているのです。


帰られる時にすでに喜んでおられました。

 

新型光治療フォーマαの経過②

スタッフが光治療フォーマαを受けた約1週間後の経過です。

フォーマαはIPLとも呼ばれる光治療の1つで、シミや赤ら顔、お肌のハリなどをひとに知られずに改善できる治療です。

フォーマαはこれまでの光治療よりシミへの効果が高くなっています。

治療前のしみの状態は

 

治療翌日はシミが反応してシミが黒く浮いています。

マイクロクラストと呼ばれる状態です。これが数日で剥がれてシミが薄くなります。

マイクロ=ごく小さい クラスト=かさぶた です。

かさぶたといっても手で触っても通常のかさぶたのようなザラザラ感はありません。

このマイクロクラストがこれまでの光治療よりできやすくなっています。

それが効果の高さにつながっています。

1週間後の状態は

かなりシミがとれて薄くなっています。

フォーマαはレーザーとは異なり、1回だけの治療でなく通常複数回の治療を行います。

お化粧も直後からできますので、ガーゼやテープなどをすることもなく、シミやお肌のハリ、赤みなどを人知れず治療できるのが光治療の長所となっています。

今通院いただいている方の多くからもこれまでの光治療器より効果が高いという評価をいただいています。

何をしたのかわからないが綺麗になっている

今日のPRPのカウンセリングの方の知人が当院でPRPを受けられた方でした。

この方は普段からひとの顔をよく観察しておられるそうです。

ある時、知人が明らかにイメージがかわって良くなっていて何をしたのかわからないが明らかに若返っていることに気づかれたそうです。

そのことを尋ねても理由を教えてもらえなかったようですが問い詰めたら観念?して😅当院でPRPを受けたことを教えてくれたそうです。

自然な感じで若く見えたり、疲れて見えていたのが元気になったように見えるのに何をしたかはわからない。これがPRPの典型的な効果の感じです。

ウルセラとPRPの併用治療が増えています

たるみを改善するウルセラとしわやくぼみを改善するPRPの併用治療が増えています。

どちらか単独でも強力な治療ですが、併用するとたるんでいる部分は引き締まり、くぼんでいる部分はふくらむので相乗効果があります。

 

最新の記事

2020年10月20日
健康のために最近はじめたこと
2020年10月19日
プレステ5当選しました。
2020年10月18日
PRP治療をしていてとても楽しい
2020年10月17日
2年経っても2年前とかわらない若さでした
2020年10月16日
兵庫から小学生のワキガ手術

カテゴリ一覧

月別

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談