さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

ウルセラPRPはこんな風に効きます

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

ウルセラPRP治療を受けられて3ヶ月経過した方のBe

fore Afterの写真です。

治療前は

そして治療後には

PRP治療によって目の下のくぼみ(インディアンラインあるいはゴルゴライン)が改善し、

ウルセラによって頬や顎下のたるみが改善してフェイスラインがシャープになっているのがわかります。

PRPはもともと効果がわかりやすい治療ですし、ウルセラも強く行えばこのようにしっかりした効果を出すことができます。

副作用は場合によってですが、一時的に腫れ、内出血、しびれなどが起こることがあります。

PRPとウルセラの日でした

今日はウルセラ&PRP、そしてPRP、PRPと若返り治療デーでした。

おふたりはほうれい線改善がメイン、もうお一人は目の下のたるみ改善がメインでした。

ウルセラの効果はその場ではわかりませんが、PRPの効果は直後から感じていただけたと思います

2回目のPRP治療後の方も満足されていました

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

10年以上前にPRP治療を受けられた方が、今回2回目のPRP治療を受けられて約3ケ月経ち検診がありました。

『とても満足しています』と喜ばれていました。


別のPRP治療後1ヶ月の方も『満足しています』と喜ばれていました。


PRP治療は効果がわかりやすく満足度の高い治療です。

ウルセラPRPですごく若返られていました

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

ウルセラPRP治療後の検診がありました。

まだウルセラPRP治療後1ヶ月だったので完成形ではないのですが、効果はバッチリでていてご本人も喜ばれていました。

当院のHIFUウルセラは

まず一番実績のあるHIFUであるウルセラであること

スタッフが照射するのではなく、院長である僕自身が照射すること

工夫を加えてできるだけ強くたくさんの照射をしていること が特徴です。

焼肉をすると肉が縮みます。それを実現しているのがウルセラやソフウェーブなどのHIFUです。

当たり前ですが肉をレアに焼いても縮みません。焼けてないからですね。

中までしっかりウェルダンに焼くとぐっと縮みますよね。

実際には完全にウェルダンにするわけではありませんが、確実な効果をだすために当院のHIFUはしっかり行っています。

 

ぜんぜん違うと喜ばれていました

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

忙しい連休を過ごしています。

PRP治療を行う時にはすぐに効果が確認できますので、鏡でみていただきながら治療を行っています。

今日の方も目の下のくぼみやほうれい線を治療したのですが、改善しているのを見て『ぜんぜん違う(もちろんいい意味で)』と喜ばれていました。

ヒアルロン酸もそうですがPRPも治療直後から効果を感じることができます。(完全な完成形ではありませんが)

直後にかわっていなければ治療前の見立てや注入技術が間違っているのだと思います。

若返って朝からゴキゲン!!

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

PRP治療6ヶ月目の方が目の下のたるみもほうれい線も著明に改善されて喜ばれていました。

『朝起きたら憂鬱だっだのが、今は朝からゴキゲン本当に治療して良かった。感謝感激』と何度も大絶賛いただきました。

『気持ちがかわって美容院も頻繁に行くようになった』ともおっしゃっておられました。

周りの方にもPRP治療をすすめていただいているそうです。

うれしいですね美容外科医冥利に尽きます

新型HIFUソフウェーブが好評です

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

新型のHIFUであるソフウェーブが好評です。

皮膚を冷却して保護しながら、皮下1.5ミリの浅い層を収縮させることで効果を発揮します。

通常のHIFUでも1.5ミリの設定は可能ですが冷却装置はついていません。

つまり冷却しなくても大丈夫な弱いレベルでしか治療できないわけです。

ソフウェーブは冷却しながら行うだけでなく、通常のHIFUが点状にヤケドさせるのに対し、独自の同期平行型超音波ビームSUPERB™テクノロジーを使用し、軸状にヤケドさせることで強力な効果をだすことが可能となっています。

動画はこちらです

 

スタッフがPRP治療を受けました

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

まだ写真は掲載できませんが、スタッフがPRP治療を受けました。

目の下や目の上のくぼみ、インディアンライン(ゴルゴライン)、ほうれい線などを治療しました

強制しているわけではなく当院ではスタッフが自分の希望でいろんな治療を受けていますが、それは次々に患者さんがきれいになっている姿を見て自分も受けたくなるのです

 

ウルセラと他のHIFUは同じなのか?

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

他のHIFUがウルセラと同じと称して行われていたり、ウルセラと混同するような名前をつけて他のHIFUが行われていたりします。

つまりそれだけウルセラが一番有名なHIFU治療なわけです。

ウルセラと他のHIFUを両方持っているところも『効果をだすならウルセラを受けてください』とすすめているのも見かけます。

でもひどいケースだとウルセラは痛くて、別のHIFUだと痛くないのでそちらの方がいいとすすめているケースもあります。

本当に痛くないのであれば、痛くないのはそのHIFUが優れているわけではなく、弱く照射しているだけなので実際には効果がでないのです。

HIFUは高密度焦点式超音波の略ですが、新しいHIFUで焦点を少しぼかして痛みを少なくするというような説明をしていることもあります。

焦点をぼかせばそもそも高密度でなくなり温度があがらないので効果がなくなってしまいます。

ウルセラでも出力を小さくすれば痛みを少なくすることは可能です。

しかし当然効果も少なくなるのでそれだとなんのために治療をするのかわからなくなります。

このため当院では効果を上げるために強く治療を行っていますが、単に強く照射するのではなく痛みを抑えるためにさまざまな工夫をしながらウルセラで強く照射する方法をとっています。

しかも効果をしっかりだすために照射をスタッフ任せにせず院長である僕自身が行っています。

彫刻する時にここはより削ってここは残しておくというようなことをしますが、それと同じようにひとりひとりたるみ方やたるみ具合が違うので、それを詳細に観察して部分的にたくさん照射したり、照射を避けるなどするわけですが、スタッフ任せにするとそれができないのです。

またウルセラは深さ4.5ミリ、3ミリ、1.5ミリが照射できますが、1.5ミリの照射は出力が弱すぎて効果が低いため、当院ではウルセラで1.5ミリは治療していません。浅い層を治療した方がいい場合は当院では1.5ミリを強く照射できるHIFUであるソフウェーブで治療を行っています。

さらに4.5ミリより深い深部を口の中から治療できるフォトナ4Dも導入していますし、より表面を治療できるeマトリックスもありますので、今ではあらゆる層の治療がダウンタイムなくできるようになっています。

 

最新の記事

2022年05月26日
10年以上経ってもきれいな二重
2022年05月25日
男性のワキガ手術でした
2022年05月24日
ウルセラ:たるみに応じて照射の仕方を変えています
2022年05月23日
ワキガ完治には丁寧な剪除法が必要
2022年05月22日
長期に続いたウルセラ(HIFU)の効果

カテゴリ一覧

月別

皆さんの悩みにお応えする院長棒谷のお役立ち美容医療コラム

最新のたるみ治療を徹底比較

さくら美容クリニックの若返り治療 若返りの泉

キレイになりたい!を応援するBEAUTYマンガ

さくら美容クリニックチャンネル

さくら美容クリニックの美容塾

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

症例写真集

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談