HIFUを受けたのに効果がなかった?

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

たるみ相談に来られる方に『他院でHIFUを3ヶ月ごとに5回受けたけれど効果がよくわからない』という話をよく聞きます。


でも当院のHIFUウルセラは通常1度で著明な効果が出て、そもそも短期間に治療を繰り返すことがありません。


その違いはどこにあるのでしょう?


それは適切な場所に適切な強さで適切な量のエネルギーを与えれば効果はでて、そうでなければ効果が低くなるのです。


HIFUは超音波を集めて組織を凝固させる方法です。簡単に言えばお肉を焼いているのです。


よく焼く(ウェルダン)にするのと生焼け(レア)では当然効果は異なります。


レアのお肉をその場で何回も焼けばよりウェルダンになりますが、期間を空けてHIFUを照射して(お肉を焼いて)も照射が弱ければ当然毎回レアに焼けるだけあって何度やってもウェルダンにはなりません。

新型のHIFUは痛くないなどというのも僕は信じられません。

しっかり焼けばやはりそれなりのダメージ(痛み)は生じます。ほとんど痛くなければそれはやけどしていないのです。


つまり適切な強さで適切なエネルギー(照射数)を行うことがとても重要なのです。


また当院では一番有名なHIFUであるウルセラを好んで使っており、4.5ミリ、3.0ミリ、1.5ミリモードがありますが、1.5ミリモードは使っていません。それは僕の効果がある基準に1.5ミリモードが達していないからです。(1.5ミリはその深さにもっと効果的なソフウェーブを好んで使っています)

また適切な場所ですが山を平坦にする場合には当然のことながら山の高いところをよりたくさん削る必要があります。

つまり全体に同じように照射するのではなく、より引き締めるべきところにたくさん照射して効果をだすのです。


HIFUを行って顔がこけたというような話を聞くことがありますが、それははじめの見立てが悪い(治療しなくていい人にしている)かあるいは照射してはいけない場所に照射しているのです。


当院でHIFUウルセラを受けられた方は照射時に注意していればわかりますが、途中照射せずに当て方をかえている瞬間があります。それは画面を見て適切に照射できるように確認しているのです。モニターのないHIFUだと照射部位を画面で確認することもできません。


またHIFUは本当にやけどする治療ですから正確に深部に照射しないと表面がやけどしてしまいます。

HIFUはもともと表面をやけどさせる装置ではありませんので表面をやけどさせるとひどいことになります。

これらの理由からウルセラの照射はスタッフまかせにせず、必ず僕が照射を行っているのです。


こうした条件をクリアすれば効果的なHIFUが可能だと思います。

ウルセラ&PRPのすごい効果

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

ウルセラ&PRP治療後の3ヶ月目の検診がありました。

PRPで目の下のくぼみ(ゴルゴライン・インディアンライン)、ほうれい線、額のしわが改善し、ウルセラによって頬のたるみが改善して大変喜んでおられました。

モニターでないので写真で示せないのが残念ですが、この効果を目にすると誰もが驚くと思います。

PRPとウルセラは非常に相性のいい治療で、野球で言えばホームラン、俗に言えばチャンピオンデータがバンバンでるのがすごいところだと思います。

目の下のたるみがなくなった?!

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

当院で半年前にPRP治療を受けられた方が検診に来られました。

バッチリ効果がでていて目の下のたるみもほうれい線もとても改善されているのですが、ご友人に『あなた目の下のたるみどこにいったんか?』とたずねられたそうで喜んでおられました。

100%たるみが無くなっているわけではありませんが、非常に効果は高く満足されているのですが、効果を実感されているがゆえにもう次のPRP治療を受けることを考えておられるようでした

ついつい勧めたくなるソフウェーブ治療

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

最近はソフウェーブの話題をすることが多くなっていますが、1年前にソフウェーブを導入後、当院をごひいきしていただいている方がソフウェーブ治療を次々に受けられているのですが、その評判が非常にいいのです。

効果のある治療は痛くてダウンタイムがあることが多いのですが、ソフウェーブは痛みも少なくて、ダウンタイムはありません。

ごひいきいただいている方が他の治療を受けに来られた時にはついついすすめたくなります

 

今まで受けた治療の中でソフウェーブが一番良かった

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

当院をご贔屓いただいている方がかなりソフウェーブを受けられていますが、『今まで受けた治療の中でソフウェーブが一番良かった』と言われる方がけっこうおられます。

引き締まり効果を感じられてそう言われているようです。

ダウンタイムがまったくなく、効果も高いということで受けられた方には喜んでいただいております。

治療によって改善できる症状が異なるので、ソフウェーブがウルセラやPRPや他の治療にとってかわれる訳ではないのですが、ソフウェーブを受けられた方がとてもいい印象をもっておられるのは事実です

ウルセラは本当にヤケドさせることでリフトアップさせます

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

ウルセラはHIFUという超音波エネルギーを集めて皮下組織をヤケド(凝固)させる治療ですが、以前どのように作用するのか実際に確かめています。

お肉を焼いたり煮たりする時に縮んで白くなりますが、本当にそのようなことが起こっています。

これは以前にも紹介しましたが再掲します。

そのウルセラのビデオはこちらです。

当院ではウルセラでは皮下3ミリと4.5ミリを凝固させて治療しています。

ウルセラは1.5ミリモードもありますが、当院では1.5ミリモードは使わず、1.5ミリはより効果の高いソフウェーブを使用しています。

ヤケドすると言っても適切に治療すればウルセラもソフウェーブも安全で効果的な治療です。

ウルセラやソフウェーブで上手に治療すれば切らない治療でもこんなに良くなるんだと驚かれると思います。

ダウンタイムがまったくないのに効果が高いのに驚くソフウェーブ

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

ソフウェーブの検診が日々あるわけですが、ほぼ全員の方が効果を感じて喜ばれています。

冷却しながら皮膚を強力に軸状に加熱するSUPERB®テクノロジーという最新のテクノロジーなのはわかりますが、予想より効果が高いと思います。

効果が高いものにはダウンタイムがあったり、痛かったりするのが通常ですが、ソフウェーブはダウンタイムはまったくなく、痛みはないと言えばウソになりますがおそらくほとんどの方にとっては許せる程度だと思います。

導入して約1年ですがすごい治療だと思います。

 

 

ウルセラ&PRPのすごい効果

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

肌を引き締めてリフトアップするウルセラやソフウェーブと、しわやくぼみを改善させるPRP治療は相性が非常によく、併用治療をされている方もたくさんおられます。

今日のウルセラ&PRP1ヶ月検診の方もすでにかなり若返っておられ、ご本人も効果に納得されていました

PRP治療単独でもかなりの若返り効果があるのですが、PRP治療で患者さんの信頼を得て、次の治療につながることが多くあります。

どの治療もきちんと効果をだすことを重視し、治療を行っています。

できるなら僕も受けたいソフウェーブ

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

最近ソフウェーブの話題をすることが多くなっています。

それだけいい印象が強いんですね。

ソフウェーブの場合ダウンタイムがなく、直後から皮膚の引き締まり効果を感じる方が多いですし、こちらから見ても引き締まっているのがわかります。

僕も受けたいのですがなかなか受ける時間がなく最近は受けれていません

新しいしわたるみ治療ソフウェーブを受けられる方が増えています

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

カウンセリングは二重や脂肪吸引、ワキガなどいろいろありましたが、施術としてはソフウェーブの多い一日でした。

ソフウェーブはHIFUと同じく超音波で皮膚を引き締める治療ですが、これまでのHIFUが点状に凝固させるのに対し、SUPERB@テクノロジーという軸状(棒状)に凝固させる方法で、しかも冷却装置がついているので皮膚の浅い層である1.5ミリ付近を強力に治療できるのが特徴です。

ウルセラ(HIFU)も優れたたるみ治療で、3ミリや4.5ミリの深層に照射し、効果も高くいいのですが、ウルセラでも1.5ミリの深さにも照射そのものはできるのですが、効果が弱いと感じているため当院ではウルセラを1.5ミリには照射していません。

この1.5ミリ付近に強く照射できるのがソフウェーブなのです。

皮膚のたるみ具合によっては深い層より浅い1.5ミリに照射した方が効果が出るのです。

ソフウェーブはまだ日本に入ってきて1年くらいの治療ですが、当院で治療を受けられた患者さんの評判も上々です。