抗菌剤でワキガが治る?

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

まだ研究段階ですが『ある種の抗菌剤でワキガがコントロールできるのでは?』という話題です。

該当の研究のHPはこちらです

大阪公立大学は大阪市立大学と大阪府立大学が統合した大学で、僕は大阪市立大学出身ですので母校の研究とも言えます。

ただこれまでも『抗菌剤でコントロールできるのでは?』というような塗り薬などで治療という似たような話題は他でも何度かあったように思いますが、その後続報がないのでなかなか簡単にはいかないのだろうと思います。

今度はどうでしょうね?

今日ワキガのカウンセリングに来られた方は数年前にお子さんが当院でワキガ手術を受けて完治している方の親御さんでした。

家族の経過をわかっていて治療を希望していただけるのはうれしいですね。

初回のワキガ手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回は再発ではなく初回のワキガ手術でした。

『ミラドライ治療などを受けることは考慮されなかったのですか?』と尋ねると『考えました。でも治療を受けて臭いが残れば意味がないですよね。』といろいろ調べられて当院の剪除法手術を選ばれたということでした。

切開しアポクリン腺を露出

膜がかぶってわかりにくいかもしれませんが、けっこう多量のアポクリン腺です。

すべて除去すると

そして丁寧にアンカー縫合

今回1回の手術でワキガは治ります。

1週間ほどの間に5人目のミラドライ後ワキガ再発の手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

なんとここ1週間ほどの間に5人目のミラドライ後のワキガ再発の手術でした。

5人とも違うクリニックでミラドライを受けられています。中にはダブル照射で最大エネルギーで行うというところもありました。要はどこで受けてもミラドライではワキガ臭はなくならないということなんだと思います。

切開しアポクリン腺を含む層を露出

脂肪と瘢痕に隠れてこの写真ではわかりにくいですね。

瘢痕ごとすべて除去

そして丁寧にアンカー縫合

今回も約4時間の手術でした。

これでアポクリン腺遺残によるワキガは治ります。

 

 

東京の方のワキガ手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回は東京の方のワキガ手術でした。

他院ミラドライ治療後再発の手術が続いていましたが、今回は初回手術です。

切開しアポクリン腺を露出

すべて除去

そして丁寧にアンカー縫合

約4時間の手術でした。

これでワキガは治ります。

またしてもミラドライ後のワキガ再発の手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

またしてもミラドライ後の再発のケースです。

正確には汗はある程度減ったようですが、臭いは再発というより、まったく治っていないそうです。

切開しアポクリン腺層を露出

アポクリン腺がたくさん残っています。

すべて除去

そして丁寧にアンカー縫合

過去のブログの写真と比べてみると今回の範囲はいつもより丸に近いのがわかります。

これは前後にアポクリン腺が広く存在したためです。

目でアポクリン腺を確認しているからこそ、このようにひとによって汗腺を除去する範囲が違いがでるのです。

これでワキガは治ります。

 

 

 

またミラドライ後のワキガ再発の手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回もミラドライ後の再発のケースでした。

ミラドライの効果は2ヶ月しかなかったということでした。

当院へは全国から患者さんが来られるのでミラドライ後の再発のワキガ手術も多くなるのも当然ではあるのですが、それにしても多いですね

切開してアポクリン腺を露出

つぶれたようなアポクリン腺が多量に残っています。

すべて除去すると

丁寧にアンカー縫合

これでワキガは治ります。

 

ミラドライ2回後ワキガ再発の手術

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回もいつものミラドライ治療後再発のケースです。

2回とも治療して2~3ヶ月で再発したということでした。

切開しアポクリン腺層を露出

瘢痕に包まれているのでこの写真ではアポクリン腺がよくわかりませんね。

瘢痕ごとすべて除去

そして丁寧にアンカー縫合

瘢痕化のために皮膚の伸びが悪くなり、範囲も広範囲であったため5時間近くの手術となりました。

今回術前にワキガ臭が確認できなかったのですがワキガであればこれでワキガは治ります。

ワキガがはっきりわかると治ります

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

ワキガのカウンセリング時にはワキの臭いを確認しています。

その時にワキガの臭いがはっきりするとある意味安心します。

手術を行えばワキガが治ることが確定するからです。

ワキガ手術で治るのはワキガだけです。

何を言おうとしているのかわからないかもしれませんが、自分がワキガだと申告する方がすべてワキガではないのです。

ワキガはワキのアポクリン腺を除去すれば治りますが、それ以外の臭いはワキガ手術でアポクリン腺を除去しても治りません。

このためカウンセリング時に臭いが確認できない時には体臭対策ドットコムなどでの検査をおすすめすることがあります。

愛知の方のワキガ手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回は愛知の方の剪除法手術でした。

切開しアポクリン腺を露出

多量ではありませんがアポクリン腺が見られます。

すべて除去

そして丁寧にアンカー縫合

これでワキガ臭はなくなります。

当院でのワキガ手術には保険は適用されません

『ワキガ手術には保険が適用されますか?』と尋ねられることがあります。

当院で行っているワキガ手術は直視下剪除法(皮弁法)です。剪除法自体は公的な保険を使って行っている施設もあります。

過去のブログにも掲載していますが当院では保険診療での治療は行っておりません。このため公的な健康保険の適用はできません。

ただ私的な保険をご自身でかけておられる場合は保険がおりるケースはあるようです。

当院は時間をかけて非常に丁寧なワキガ手術を行っており、過去にワキガの再発を確認できた方がおられません。当院にお越しいただく方はみなさんこのことを理解された上で再発のない手術を希望されて当院を選ばれ、全国から手術にお越しいただいています。

保険診療を行っていない理由に関しては下記のブログもご覧いただければと思います。

ブログ1   

ブログ2 

当院では非常に丁寧な剪除法手術を行っており、狭くても約3時間、ワキが広いケースだと4~5時間、なかにはもっと長時間の手術になることもあります。これは主にはアポクリン腺をすべて除去した上に丁寧なアンカー縫合を行うためです。

同じ名前の手術でも1時間~1.5時間の剪除法手術と3~5時間かけて行う剪除法手術の内容が同じだとは思えません。

当院のワキガの手術時間枠は終わりの時間を設定していません。

診療時間は19時までですが、手術が長引いても診療時間を超過してもきちんと手術が終わるまで丁寧に行うために午後の予約も非常に制限した上で手術を行っています。