今日もワキガ再発の手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日も他院ワキガ手術後ワキガ再発の手術でした。

前回の手術は吸引法だったようです。

切開してアポクリン腺層を露出

アポクリン腺はたくさん残っています。

この写真だと脂肪や瘢痕に覆われてアポクリン腺がわかりにくいですね。

脂肪と瘢痕を削ると

わかりやすいようにアポクリン腺に赤マークを付けると

そしてアポクリン腺をすべて除去

そして丁寧にアンカー縫合

これでワキガは治ります。

群馬の方のワキガ再発の手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日は群馬の方で過去に2回他院でワキガ手術を受けられています。

切開しアポクリン腺層を露出

見るからにモリモリのアポクリン腺が残っていると印象ではなく、ワキの前方が怪しい感じでした。

すべてきれいに剪除

そして丁寧にアンカー縫合

広範囲に手術しました。

群馬の方ははじめてでした。

これで47都道府県中45都道府県の方が当院でワキガ手術を受けられたことになります。

今日もワキガ再発の手術:東北の方

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日は東北の方で過去に他院で2回ワキガ治療を受けられていますが治っていません。

1回目は皮弁法(剪除法)2回目はミラドライです。

どちらも効果を感じられなかったそうです。

わきが専門に治療している相談に行かれたそうですが、きちんとした理由は説明してもらえず再手術は断られたそうです。

アポクリン腺の取り残しによるワキガ臭であればアポクリン腺をきちんと除去すればワキガはなくなります。

切開しアポクリン腺層を露出

わかりにくいと思いますのでアポクリン腺にマークを付けてみると

写真でこれだけわかるということはアポクリン腺は多量に残っています。

すべてきれいに除去すると

そして丁寧にアンカー縫合

これでワキガは治ります。

 

2回手術後のワキガ再発の手術:福岡の方

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日もわきが他院術後再発のケースの手術です。

2回剪除法を受けられていますが、わき毛が多量に残っていることからも汗腺の除去が足りないことが手術前から分かります。

アポクリン腺層を露出

アポクリン腺が残っています。

瘢痕でわかりにくいですが瘢痕の下にアポクリン腺が残っていました。

すべて除去すると

そして丁寧にアンカー縫合

今回の手術でワキガは治ります。

大阪のミラドライ後ワキガ再発の方の手術

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回もミラドライ後再発のケースです。

ミラドライ後すぐに再発したそうです。

切開しアポクリン腺を露出

ミラドライによる白い膜がかぶっているのでこの写真ではわかりにくいですが、アポクリン腺はたくさん残っています。

すべて丁寧に除去

そしてアンカー縫合

患者さんはいろいろ調べられているようでドレーン(血が溜まらないようにする管)の話をされていましたが、今は入れていませんが僕もすごく以前はドレーンを入れており、ドレーンの種類もいろいろなものを試したことがあります。

これは豊胸手術などにもつながるのですが、ドレーンを入れない方がきれいになることがわかってから使わなくなったのです。(ここでいうドレーンというのはある程度のサイズのある管の話です。)

でも実際には僕のワキガ手術の場合はアンカー縫合の糸がドレーンの役目を果たしていると思います。そういう意味では非常にたくさんのドレーンが入っているとも言えます。

 

大阪の方の3度目のワキガ手術

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回は大阪の方でした。

左ワキは他院で3回手術して完全ではないが臭いがましになり、右ワキは2回手術したものの臭いが気になるということで今回は右だけの手術となりました。

言い換えれば左ワキは3回手術してましにはなっているが完全ではないので今回右ワキは完全に治したいということです。

切開してアポクリン腺層を露出

見た目多量ではありませんがアポクリン腺は残っています。

わかりにくいとおもうのでアポクリン腺にマークをつけると

ここだけに存在するのではなく、瘢痕にまぎれてもっと残っていると思います。

すべて丁寧に除去

そしてアンカー縫合

これで右ワキのワキガは治ります。

連日のミラドライ再発のケース

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

昨日に引き続き今日もミラドライ後の再発のケースでした。

やはりアポクリン腺は多量の存在し、昨日のケースよりさらに多量でした。

これでミラドライでワキガが治ると言われても僕には信じられません。

すべてハサミできれいに除去すると

そしてアンカー縫合

アポクリン腺は広範囲に存在し、すべて除去したので、アンカー縫合の範囲も広範囲です。

これでワキガは治ります。

 

東京の方の3度目のワキガ手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回の手術の方は以前他院で2回手術を受けておられます。

1度目はローラークランプ法で2度目は大学病院での剪除法です。

切開してアポクリン腺層を露出します。

アポクリン腺とわかるところにマークを付けると

何度も手術を受けていると瘢痕のためアポクリン腺がわかりにくくなっていることも多いのですが、アポクリン腺がはっきり残っています。

これまでの手術できちんと除去ができていないということを意味します。

すべて丁寧に除去すると

そしてアンカー縫合

かなり広く手術しているのがわかります。

これでワキガは治ります。

またしてもミラドライ後再発のケース

広島・さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回もミラドライ治療後の再発です。

治療後すぐに再発したそうです。

過去のブログをご覧いただいてもわかりますが、ミラドライを受けたものの再発されている方は多数おられます。

でもほとんどの方はミラドライを受けたクリニックに伝えていないので、実際にはまったく治っていないのに治療を受けたクリニックでは治ったとしてカウントされていると思います。

切開してアポクリン腺層を露出

多量のアポクリン腺が見られます。

瘢痕があるので除去しにくいのですが、すべて除去

目で見ながら除去する剪除法だからこそ瘢痕ができていてもアポクリン腺を確実に除去することができるのです。

そして剥がした皮膚をアンカー縫合

広範囲でしたので4時間の手術でした。

これでワキガは治ります。