さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

院長がまた何か治療を受けた?

御贔屓いただいている患者さんが治療に来られた時に僕の診察が終わった後にスタッフに『院長がまた若くなってる?』とたずねられたそうです。

マスクをしていて顔がみえないのに鋭いですね

最近受けたのは水光注射です。

ご存じの方もおられると思いますが、水光注射はヒアルロン酸の液に美容液を足して顔の肌に細かく注射してお肌のハリなどを改善する治療方法です。

今回水光注射を行う機械がバージョンアップして、これまで5本針で注射していたのが9本針になったことと使用している針の太さもより細くなり34G針になりました。

僕もスタッフも肌のハリが良くなりました。

経過写真も近いうちに掲載したいと思います。

にきび・にきび跡にはeマトリックスがオススメ②

今回はにきび跡に関するお話です。

にきび跡のへこみ・くぼみを気にされている方も多いと思います。

にきび跡のへこみは皮膚がへこんでいるわけですからよほど強い治療を行わなければ改善させることができないのはわかると思います。

昔はへこんでいる部分にケミカルピーリングの中でも強い部類のTCAピーリングなども行われていましたが、全体として効果はそれほどではありませんでした。

そこに登場したのがフラクセルというレーザーです。

部分的ということを意味するフラクショナルというところからきています。

皮膚を部分的に焼いて収縮させるレーザーです。さくら美容クリニックにもフラクセル2がありました。

フラクセルは効果はあったのですが、さらに効果の高い治療を行いたいと考え、フラクショナル炭酸ガスレーザーでももっとも高価なブリッジセラピーを導入し、治療を行うようになりました。

ブリッジセラピーはさらに高い効果があったのですが、治療後長期に黒く色素沈着してしまう人がみられ、痛みも強いことから万人にはお勧めしにくい治療でした。

強く治療すれば効果は高くなりますが、色素沈着などの副作用も長くみられ、弱く治療すると効果自体が減ってしまうわけです。

そこでeマトリックスのことを知り、導入・治療したところ、副作用は少なく、効果が高いことがわかりました。

にきび跡だけでなく、他の治療では効果のみられない毛穴も改善することができ、満足度の高い治療となっています。

さくら美容クリニックではニキビ跡のへこみに対して、ケミカルピーリングや光治療などのほとんど効果の実感できない治療は行っていません。

 

にきび・にきび跡にはeマトリックスがオススメ①

昔はにきび治療と言えば、化膿止めを塗ったり投与したりする治療がメインでした。

しかしそれだけではうまくニキビをコントロールすることができず、美容クリニックがケミカルピーリングをはじめひろまりました。

ケミカルピーリングはできたりつぶれたりしている活動性のニキビに対しては効果的でした。美容クリニックでない普通の皮膚科も自費診療で取り入れるくらい人気がありました。

その後弱いケミカルピーリングのような作用があるディフェリンというビタミンAに構造が似た塗り薬が開発され、世界標準の薬となりましたが日本ではかなり経ってから導入され、今ではニキビ治療の主流の薬の1つとなっています。

しかし激しい活動性のニキビには十分効果がみられませんでした。

激しい活動性のニキビには海外ではビタミンAの飲み薬が使われ、日本でも輸入して使用するクリニックもありましたが、副作用が強く一般的な治療とはなりませんでした。

こうした治りにくいケースでも高周波で皮膚を焼き縮めるeマトリックスは効果的なことが多く、3~5日皮膚が赤くなるダウンタイムはありますが、容易にニキビをコントロールできることが多くなっています。

 

にきびやニキビ跡、毛穴、小じわにはeマトリックスが効果的です

皮膚科で通常のニキビ治療を受けたけれども良くならないということで来院された方の治療経過です。


治療前の状態は

 前-10

活動性の化膿したニキビがたくさんあり、赤みも著明です。

これに対し、eマトリックスを1ヶ月ごとに2回行ったのち2ヶ月後です。

後-10

新しいニキビがなくなり、赤みもずいぶん改善しているのがわかります。

治療回数を増やせば、くぼみや赤みもさらに改善します。

eマトリックスは肌の入れ替え治療です。

eマトリックスについて詳しくはこちらです。

多くの方が選ばれている光治療の経過です

シミの種類によって最適な治療は異なります。

レーザーでしか治せないシミもあるのですが、ダウンタイムがなく、シミだけでなく同時に肌のハリや赤みを改善する光治療を選ばれる方が多くなっています。

光治療フォーマαの経過です。

フォーマαはIPLとも呼ばれる光治療の1つで、シミや赤ら顔、お肌のハリなどをひとに知られずに改善できる治療です。

フォーマαはこれまでの光治療よりシミへの効果が高くなっています。

治療前のしみの状態です

 

次の写真は治療翌日です。シミが反応してシミが黒く浮いています。

これはマイクロクラストと呼ばれる状態です。これが数日で剥がれてシミが薄くなります。(マイクロ=ごく小さい、クラスト=かさぶた)です。

かさぶたといっても手で触っても通常のかさぶたのようなザラザラ感はありません。

このマイクロクラストがこれまでの光治療よりできやすくなっています。

それが効果の高さにつながっています。

1週間後の状態は

シミがとれて薄くなっています。

フォーマαはレーザーとは異なり、1回だけの治療でなく通常複数回の治療を行います。

お化粧も治療直後からでき、ガーゼやテープなどをすることもなく、シミやお肌のハリ、赤みなどを人知れず治療できることが光治療の長所となっています。

今通院いただいている方の多くからもこれまでの光治療器より効果が高いという評価をいただいています。

フォーマαについて詳しくはこちらです。

おすすめの毛穴治療は?

今のところはeマトリックス治療です。

高周波で皮膚の表面を部分的に(点状に)やけどさせて引き締める方法です。

考え方としてはフラクショナルレーザーと同じ部類に入る治療となります。

フラクショナルレーザーを考え出しはじめて市場に登場したのが『フラクセル』というレーザーです。

当院でもかなり以前は『フラクセル2』を使って治療を行っていました。

その後さらに効果が高いものを行いたいと考え導入したのが『ブリッジセラピー』でした。

これは炭酸ガスフラクショナルレーザーでその炭酸ガスフラクショナルレーザーの中でも能力の高く、

点状にやけどさせる部分が小さいため高出力で行えたのですが、高出力で行うと効果が高い反面、色素沈着などのダウンタイムが長くなるのが弱点でした。またブリッジセラピーのように小さくやけどできない安価な炭酸ガスフラクショナルレーザーはさらに副作用が大きくなるので、より出力を弱めるしかなく効果が低くなります。

そしてその後行うようになったのが高周波で皮膚を引き締めるeマトリックス治療です。

部分的に皮膚をやけどさせるわけですので3~4日治療部位が赤くなりますが、効果は高くいろんな毛穴治療を行ってきた方にも好評です。

弱点は目のきわきわまでは照射できないことですが、毛穴やちりめんじわ、ニキビ跡治療としては最も優れている治療だと思います。

今できたりつぶれたりしている活動性のニキビにも効果的なことが多く、いろんなニキビ治療を行ったけれど効果がないと言われる方にも行うことがあります。

安価なフラクショナルレーザーで毛穴やニキビ跡を10回くらい治療したけれど効果がないと言われる方でも『eマトリックス』を1回行うだけで効果を感じられることが多いと思います。

先日ニキビ跡に何年もにきび治療薬のディフェリンを塗っても効かないと言っておられる方がいましたが、ディフェリンは今できたりつぶれたりしている活動性のニキビの治療薬でニキビ跡のくぼみには効かないと思います。

光治療でこんな風にシミが改善していきます

以前にもご紹介しましたが、新型光治療フォーマαで治療したスタッフの今回は肌画像解析装置レビューで撮影した写真です。

治療前は

2回治療後です。

シミがかなり改善しているのがわかります。

治療前の斜めから

治療後

回数を重ねるとさらに改善していきます。

治療直後の経過写真はこちらです。

 

新型光治療フォーマα 高評価いただいています

これまでフォトRF治療を長く行ってきましたが、数ヶ月前に新型光治療フォーマα(アルファ)を導入し、切り替えて治療を行っています。


これまでフォトRF治療を受けていただいているリピーターの方に効果の違いをおききしていますが、シミへの効果はほとんどの方が高評価をいただいていましたが、赤ら顔にもフォーマαの方が効果がよかったとの評価をいただきました。


もうひとつは肌のハリに関してですが、フォトRFはRFがついていて、フォーマαにはついていません。

RFは肌をより暖めてお肌のハリを改善するために併用しているわけですが、RFがついていない分ハリ改善の効果が低くなっては意味がありませんので、こちらに関しても照射方法を工夫してより温まるように照射していますが、肌のハリに関しても高評価をいただいています。

今のところフォトRFに負けているところはないと感じています。

肌が白くなってファンデーションを買い換えました。

スタッフの肌治療に関するエピソードです。

先日フォーマαを受けたスタッフが肌が白くなってこれまで使っていたファンデーションがあわなくなってより白いファンデーションに買い替えたということでした。

シミがうすくなっただけでなく、肌が全体に白くなっているということです。

別のスタッフはシミが薄くなって気にならなくなったため隠す必要がなくなり、ファンデーション自体を塗らなくなったということでした。

それぞれまだ1~2回しか治療を行っていませんから、さらに治療を重ねてからの経過が楽しみです。

新型光治療フォーマαの経過②

スタッフが光治療フォーマαを受けた約1週間後の経過です。

フォーマαはIPLとも呼ばれる光治療の1つで、シミや赤ら顔、お肌のハリなどをひとに知られずに改善できる治療です。

フォーマαはこれまでの光治療よりシミへの効果が高くなっています。

治療前のしみの状態は

 

治療翌日はシミが反応してシミが黒く浮いています。

マイクロクラストと呼ばれる状態です。これが数日で剥がれてシミが薄くなります。

マイクロ=ごく小さい クラスト=かさぶた です。

かさぶたといっても手で触っても通常のかさぶたのようなザラザラ感はありません。

このマイクロクラストがこれまでの光治療よりできやすくなっています。

それが効果の高さにつながっています。

1週間後の状態は

かなりシミがとれて薄くなっています。

フォーマαはレーザーとは異なり、1回だけの治療でなく通常複数回の治療を行います。

お化粧も直後からできますので、ガーゼやテープなどをすることもなく、シミやお肌のハリ、赤みなどを人知れず治療できるのが光治療の長所となっています。

今通院いただいている方の多くからもこれまでの光治療器より効果が高いという評価をいただいています。

最新の記事

2021年07月28日
中学生のワキガ手術
2021年07月27日
二重手術を受けられた方からのお礼のメールが届きました。
2021年07月26日
小学生でもモリモリのアポクリン腺でした
2021年07月25日
わき毛の範囲よりアポクリン腺がかなり広いケースでした
2021年07月24日
「バイオサンビーム」で病気が治った

カテゴリ一覧

月別

皆さんの悩みにお応えする院長棒谷のお役立ち美容医療コラム

さくら美容クリニックの若返り治療 若返りの泉

さくら美容クリニックチャンネル

さくら美容クリニックの美容塾

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

症例写真集スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談