今日もワキガ再発の方の手術:大阪の方

さくら美容クリニック院長の棒谷です

今回もワキガ再発のケースです。

1回目は吸引法、2回目は完全摘出法(剪除法・皮弁法)で大阪のそれぞれ違うクリニックで手術を受けられたものの治らず、当院での治療を希望されました。

切開してアポクリン腺を露出させます

瘢痕の下に多量のアポクリン腺が透けて見えています。

除去範囲が狭くて周囲が残っているなどというのではなく、どまんなかのアポクリン腺が残っています。どこのアポクリン腺を除去したのかまったくわかりません。

アポクリン腺をすべて除去

そして丁寧にアンカー縫合

これでワキガは治り、ドクターショッピングを繰り返す必要はありません。

 

大阪のミラドライ治療後ワキガ再発の方の手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今回もミラドライ後の再発のケースです。

切開してアポクリン腺を露出します。

この写真ではわかりにくかもしれませんが、アポクリン腺はかなり残っていました。

すべて丁寧に除去すると

そして丁寧にアンカー縫合

これでワキガに悩むことはなくなります。

初日からワキガ手術:名古屋の方

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

初日から午後はワキガ手術でした。

名古屋の方でした。

アポクリン腺は多量にありました。

すべて丁寧に除去

そして皮膚が浮かないように細かくアンカー縫合

これでワキガは治ります。

今日もワキガ再発の手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日も他院ワキガ手術後ワキガ再発の手術でした。

前回の手術は吸引法だったようです。

切開してアポクリン腺層を露出

アポクリン腺はたくさん残っています。

この写真だと脂肪や瘢痕に覆われてアポクリン腺がわかりにくいですね。

脂肪と瘢痕を削ると

わかりやすいようにアポクリン腺に赤マークを付けると

そしてアポクリン腺をすべて除去

そして丁寧にアンカー縫合

これでワキガは治ります。

今日は沖縄の方のワキガ手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日は沖縄の方のワキガ手術でした。

過去のブログをご覧いただくとわかりますが、沖縄からも何人も手術に来られています。

切開しアポクリン腺を露出

アポクリン腺は多量です。

すべてきれいに除去

そして丁寧にアンカー縫合

これでワキガは完全に治ります。

 

今日もワキガ再発の手術:東北の方

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日は東北の方で過去に他院で2回ワキガ治療を受けられていますが治っていません。

1回目は皮弁法(剪除法)2回目はミラドライです。

どちらも効果を感じられなかったそうです。

わきが専門に治療している相談に行かれたそうですが、きちんとした理由は説明してもらえず再手術は断られたそうです。

アポクリン腺の取り残しによるワキガ臭であればアポクリン腺をきちんと除去すればワキガはなくなります。

切開しアポクリン腺層を露出

わかりにくいと思いますのでアポクリン腺にマークを付けてみると

写真でこれだけわかるということはアポクリン腺は多量に残っています。

すべてきれいに除去すると

そして丁寧にアンカー縫合

これでワキガは治ります。

 

2回手術後のワキガ再発の手術:福岡の方

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日もわきが他院術後再発のケースの手術です。

2回剪除法を受けられていますが、わき毛が多量に残っていることからも汗腺の除去が足りないことが手術前から分かります。

アポクリン腺層を露出

アポクリン腺が残っています。

瘢痕でわかりにくいですが瘢痕の下にアポクリン腺が残っていました。

すべて除去すると

そして丁寧にアンカー縫合

今回の手術でワキガは治ります。

四国で剪除法を受けられた方のワキガ再発の手術

さくら美容クリニック広島院長の棒谷です。

今回も他院術後再発の手術でした。

しかも効果が確実であるはずの剪除法(皮弁法)手術後です。

過去のブログをご覧いただいている方はおわかりと思いますが、剪除法術後再発の手術もたくさん行っていますが、当然ですがいくら剪除法でもきちんとアポクリン腺を除去しない〝なんちゃって剪除法〟だと治るはずがありません。

ワキに多量の毛が生えていたので術前から前回の手術が非常に不充分であることが予想されました。

切開しアポクリン腺を露出

アポクリン腺は多量です。

前回の手術でいったいどこのアポクリン腺を除去したのかわかりません。

アポクリン腺をすべて除去

そしてアンカー縫合

これでワキガは治ります。

ちなみに前回の手術を行ったクリニックのドクターがワキガ手術を指導するセミナーを開くようです。何を指導するのでしょう?

 

 

大学生のワキガ手術

広島・さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日は大学生のワキガ手術でした。

アポクリン腺は多量にありました。

初回手術でアポクリン腺も多いのでわかりやすいですね

すべて除去すると

そして皮膚が浮かないようにアンカー縫合

これでワキガは治ります。

瘢痕があるから手術はしたくない?

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

今日ワキガカウンセリングに来られた方は他院手術後の再発でした。


前回は皮弁法(=剪除法)での手術を受けられていたのですが、まだわき毛が多量に生えていましたので前回の手術が不十分であるのは明らかです。


当院へ来られる前に他のクリニックにも相談に行かれたそうですが、『瘢痕があるから手術はしたくない』『(当院のような)皮弁法(=剪除法)を行っているクリニックに行きなさい』と断られたそうです。


ある意味親切です。治せないのがわかっているのに治療するクリニックもありますから。

『自分には治せない』というのは正直ですね。

でも瘢痕がない初回手術なら治せるんですかね?

当院でのワキガ手術後1年以上経ってから検診に来られる方は少数なのですが、ここ数日何人も来られたので、ワキガの状態をたずねましたが全員治られているということでした。

瘢痕があろうが無かろうがキチンとしたワキガ手術をすればワキガは治ります。