スタッフが久しぶりにフォーマα(光治療)受けて肌のハリの改善がすごいと喜んでいました。

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

スタッフが久しぶりにフォーマα(光治療)受けて肌のハリの改善がすごいと喜んでいました。

長くいるスタッフも20代の頃にはシミがない方は光治療の効果の実感が少ないこともありますが、年齢を重ねるとともにやはり老化が次第にすすむようなのでより効果の実感が大きくなるようです。

患者さんも長く治療を受けておられる方は50歳になっても肌がきれいで普通の50歳とはまったく違うのでやはり継続して治療することも大切なんだとわかります。

 

点痣膏 (てんしこう )への注意が呼びかけられています

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

SNS上でほくろ、いぼ、しみ等が取れると宣伝されている海外製の「点痣膏 (てんしこう )」(中国語読みで「ディエンジーガオ」)というクリーム に注意するように国民生活センターが呼び掛けています。

国民生活センターのHPはこちら

ほくろはかなり分厚いのでそれを除去するのにクリニックでは特殊な電気メスや炭酸ガスレーザーなどを使用してある程度深く削ります。

シミの場合はさらにダメージの少ないQスイッチレーザーなどを使用します。

それを薬剤で安全に行うのはかなり無理があります。

該当の薬剤は強アルカリだったようですが、これはかなり危険です。

特殊な電気メスやレーザーを使うのは正常組織にできるだけダメージを与えずに除去するためです。

薬剤で化学的なやけどをさせていたようですが、これは薬剤が作用する深さや範囲などがまったくコントロールできませんので非常に危険です。

絶対に使わない方がいいです。

同窓会で若く見られた

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

ウルセラやPRP、ソフウェーブなどを受けられている方が同窓会に行かれたのですが、周りの方より明らかに若く見られたということで喜ばれていました

今では美容治療を受けているとは知られずにたるみやしわ、しみなどを改善することでかなりの若返りを達成できるようになっています

 

美肌治療レーザーの使い分けはこんな感じ

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

HPにも掲載されている美肌治療に使う美容機器の使い分けをバージョンアップしてみました。

この表だけだと完全には理解できず、実際に診察してご希望もおききしないといけませんが、おおまかな印象としてはこのように使い分けています。

これ以外にもシミやたるみには効きませんがダーマペンや水光注射などもあります。

多くのレーザーを導入しているわけ

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

それはベストな治療を行いたいからです。


当院は全国レベルでみても非常に多くのレーザーを導入しているクリニックです。


正直者なのでより良い治療をよそで行っていればそちらを紹介することになってしまいます。

つまり自分がベストな治療を行っていれば常に自院で治療できるわけです。

切る治療がベストであれば手術をしますし、レーザーなどの美容機器を使った方がいい場合はそちらを選びます。

ワキガ治療は剪除法でしか確実に治せないと考えていますので、ワキガ治療器は導入していません。

たいていの治療は1回で効果がでる

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

なかには複数回の治療を行うことが基本な治療もありますが、それでもほとんどの治療は1回で効果を感じることができます。

1回で効果がゼロなら何回受けてもきっと効果はありません。

光治療などは基本的には複数回治療が前提ですが、それでも1回で効果は感じるのが普通です。

はじめから複数回行う前提で説明を受けておらず、1回治療を受けて効果が感じられなかった場合に『効果を出すにはもっと回数を』と説明された場合にはさらに治療を受けるのかはよく考えた方がいいと思います。

当院でウルセラとPRP併用治療を行ったケースです。

治療前

治療後3ヶ月後

副作用としては内出血やしびれなどが生じることがありますが、一時的です。

 

シミの種類に応じた的確な治療が必要です

シミ治療といってもさまざまな種類の治療があります。

一番多く行われているのは、光治療だと思います。

光治療は顔全体に光を照射していきます。

光に反応した部分が数日黒くなることがありますが、治療直後からお化粧できますので、ひとに知られずに治療することができます。

シミを治すことがメインですが、赤ら顔やハリをだすことで毛穴や小じわの治療もかねているのも光治療のいいところです。

デメリットは複数回の治療が必要となることとたるみや毛穴、ちりめんじわなどはもっと強力な治療が必要となることです。

1度の治療で確実にシミを除去したい場合はQスイッチルビーレーザー、ノーマルルビーレーザーやサージトロンなどを用います。

これらの治療は気になるシミを1度で改善できるのがいいところですが、治療後しばらくテープ処置が必要となることや、シミの色が逆に濃くなる時期があるかもしれないことがデメリットです。しかも部分的なシミだけを治すことになります。

肝斑は強い治療を行うと濃くなることがあります。
このため内服薬を服用したり、優しく光治療やレーザー治療、塗り薬による治療などを行います。

ADMという目の下のシミはQスイッチルビーレーザーなどの強いレーザーでしか治せないシミです。しかし他のシミだと判断されて効果のない光治療を長々と行われているケースがありますので注意が必要となります。

ケガをした後のシミはレーザーや光治療は基本的にはできません。この場合は塗り薬による治療などを行います。

どのようなシミかを見分けて的確な治療を行うことが必要です。

とりあえず光治療をしておこうということではダメなのです。

効果を確実に出す

ワキガ治療も若返り治療も他の治療も考え方は同じです。

すべて確実に効果をだすように心がけて治療を行っています。

『そんなこと当り前じゃないの?』

でもそうじゃないことも多いからワキガの再発の方がたくさんおられたり、HIFUを何回も受けても効果がみられないと言われる方がおられたり、目の下のクマやたるみが改善しないと言われる方がおられるわけです。

ワキガ治療だろうが、若返り治療だろうが、どんな治療でも実は全部同じです。

きちんと治療すれば効果はでますし、そうでなければいい結果はでないのです。

 

 

 

光治療フォーマαも喜んでいただけているようです

以前は光治療としてはフォトRFを行っていましたが、今はフォーマαを行っています。

高周波部分RFはなくなったのですが、波長が異なるのと照射面自体が大きくなったのですが、照射数を減らすのではなく、その分たくさん照射するようにしてよりハリ改善効果を高めていますし、部分的に強くすることもできるようになり、シミ改善の選択肢も増え効果が増しました。

フォトRF時代からずっと治療を受けていただいている方がフォーマαにかわった感想を教えていただけました。

『顔全体が明るくなって化粧が楽になった』

『フォトRFの時は3ヶ月くらいでくすみを感じたがフォーマαは効果の持続が長い』

『高い化粧水を使うよりこの治療を受けていた方がいい』

と喜んでおられました。

 

いろんなシミ治療があるのには意味がある

光治療器1台あればなんでもできるとか逆にレーザーが1台あればなんでもできるというようなことはありません。

シミも真剣に治療していれば、いろんな治療器が欲しくなります。(これはシミ治療に限ったことではありませんが)

美容治療器は高額で1千万円する機械なんてざらにあります。

つまり多くの機器を導入するには多額の費用がかかります。

このため導入する機器をしぼって導入せざるを得ないケースも多くあると思います。

元がとれそうな機器だけを選んで導入するわけです。

それはそれで構わないのですが、その機器では治せないシミまで治療するケースが後を絶ちません。

この話は以前もしたことがありますが、今のように多数の機器を持っていない時に自院でベストな治療ができないシミの患者さんに相談を受けた時には○○レーザーを導入しているクリニックで治療を受けた方がいいと他院での治療をすすめた時もあります。

良心をもった人としては当然のことで自慢にもなりませんが、残念ながらそのようにされていないことも多いため美容治療への風当たりが強いこともあるのだと思います。

事前にある程度知識を得たうえで治療方法や治療を受けるクリニックを選ばれることをおすすめします。