さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

光治療フォーマαも喜んでいただけているようです

以前は光治療としてはフォトRFを行っていましたが、今はフォーマαを行っています。

高周波部分RFはなくなったのですが、波長が異なるのと照射面自体が大きくなったのですが、照射数を減らすのではなく、その分たくさん照射するようにしてよりハリ改善効果を高めていますし、部分的に強くすることもできるようになり、シミ改善の選択肢も増え効果が増しました。

フォトRF時代からずっと治療を受けていただいている方がフォーマαにかわった感想を教えていただけました。

『顔全体が明るくなって化粧が楽になった』

『フォトRFの時は3ヶ月くらいでくすみを感じたがフォーマαは効果の持続が長い』

『高い化粧水を使うよりこの治療を受けていた方がいい』

と喜んでおられました。

 

いろんなシミ治療があるのには意味がある

光治療器1台あればなんでもできるとか逆にレーザーが1台あればなんでもできるというようなことはありません。

シミも真剣に治療していれば、いろんな治療器が欲しくなります。(これはシミ治療に限ったことではありませんが)

美容治療器は高額で1千万円する機械なんてざらにあります。

つまり多くの機器を導入するには多額の費用がかかります。

このため導入する機器をしぼって導入せざるを得ないケースも多くあると思います。

元がとれそうな機器だけを選んで導入するわけです。

それはそれで構わないのですが、その機器では治せないシミまで治療するケースが後を絶ちません。

この話は以前もしたことがありますが、今のように多数の機器を持っていない時に自院でベストな治療ができないシミの患者さんに相談を受けた時には○○レーザーを導入しているクリニックで治療を受けた方がいいと他院での治療をすすめた時もあります。

良心をもった人としては当然のことで自慢にもなりませんが、残念ながらそのようにされていないことも多いため美容治療への風当たりが強いこともあるのだと思います。

事前にある程度知識を得たうえで治療方法や治療を受けるクリニックを選ばれることをおすすめします。

 

 

シミ治療にもさまざまな方法があります②

肝斑ではない目の下のシミが肝斑と誤診されているケースがよくあります。

目の下にできたシミをすべて肝斑と診断しているのではないかと思うくらいそうしたケースが多くあります。

実際に見分けるのが難しいケースもありますが、少し経験があれば見分けられるケースも多くあります。

肝斑と光老化によってできるシミと深くにあるADMなどのシミは治療法が全く異なるので合ってない治療を行えば治らなかったり、悪化したりすることもあります。

治療方法がまったく異なることもあるので診断は大切です。

シミ治療にもさまざまな方法があります①

シミ治療とひとことで言ってもさまざまな治療があります。

必ずレーザー治療がすぐれているわけではなく、光治療があっている場合もありますし、内服治療や塗り薬でないといけない場合もあります。

さまざまな種類のレーザーや光治療器をもっているのには意味があります。

シミの種類を見分けて的確な治療を行うことが必要です。

 

多くの方が選ばれている光治療の経過です

シミの種類によって最適な治療は異なります。

レーザーでしか治せないシミもあるのですが、ダウンタイムがなく、シミだけでなく同時に肌のハリや赤みを改善する光治療を選ばれる方が多くなっています。

光治療フォーマαの経過です。

フォーマαはIPLとも呼ばれる光治療の1つで、シミや赤ら顔、お肌のハリなどをひとに知られずに改善できる治療です。

フォーマαはこれまでの光治療よりシミへの効果が高くなっています。

治療前のしみの状態です

 

次の写真は治療翌日です。シミが反応してシミが黒く浮いています。

これはマイクロクラストと呼ばれる状態です。これが数日で剥がれてシミが薄くなります。(マイクロ=ごく小さい、クラスト=かさぶた)です。

かさぶたといっても手で触っても通常のかさぶたのようなザラザラ感はありません。

このマイクロクラストがこれまでの光治療よりできやすくなっています。

それが効果の高さにつながっています。

1週間後の状態は

シミがとれて薄くなっています。

フォーマαはレーザーとは異なり、1回だけの治療でなく通常複数回の治療を行います。

お化粧も治療直後からでき、ガーゼやテープなどをすることもなく、シミやお肌のハリ、赤みなどを人知れず治療できることが光治療の長所となっています。

今通院いただいている方の多くからもこれまでの光治療器より効果が高いという評価をいただいています。

フォーマαについて詳しくはこちらです。

効果をだすには正確な診断が必要です。

フォトフェイシャルやフォーマなどの光治療はひと知れずシミや赤み、お肌のハリなどを改善するためには優れた治療です。
ただすべてのシミに効くわけではありません。


今日シミのカウンセリングに来られた方が『他院で光治療を受けたが、ドクターから詳しい説明もなく、相談員が説明するだけで治療を受けたものの一番気にしていたシミに全く効果がなかった』とおっしゃっておられました。

この方のシミはADMだと思います。

このブログに以前も書いていますが、ADMなどの深いシミには光治療は効果がありませんのでQスイッチルビーレーザーを代表とするレーザーで治療することが必要です。

また肝斑でないのに目の下のシミをすべて肝斑と診断されてトランサミンだけ投与されていることがよくあります。

肝斑以外のシミにトランサミンは基本効きません。

効果をきちんとだすには正確な診断が大切です。

新年早々フルコース:若返り・二重・レーザー・ワキガ手術

昨日は仕事始めでしたが、朝からPRP、二重、シミのレーザー治療そして午後からはワキガ手術と初日からフルコースでした。

ワキガの方のアポクリン腺は多量でした。

アポクリン腺はすべて丁寧に除去

これでワキガに悩むことはなくなります。

 

 

 

 

光治療でこんな風にシミが改善していきます

以前にもご紹介しましたが、新型光治療フォーマαで治療したスタッフの今回は肌画像解析装置レビューで撮影した写真です。

治療前は

2回治療後です。

シミがかなり改善しているのがわかります。

治療前の斜めから

治療後

回数を重ねるとさらに改善していきます。

治療直後の経過写真はこちらです。

 

新型光治療フォーマα 高評価いただいています

これまでフォトRF治療を長く行ってきましたが、数ヶ月前に新型光治療フォーマα(アルファ)を導入し、切り替えて治療を行っています。


これまでフォトRF治療を受けていただいているリピーターの方に効果の違いをおききしていますが、シミへの効果はほとんどの方が高評価をいただいていましたが、赤ら顔にもフォーマαの方が効果がよかったとの評価をいただきました。


もうひとつは肌のハリに関してですが、フォトRFはRFがついていて、フォーマαにはついていません。

RFは肌をより暖めてお肌のハリを改善するために併用しているわけですが、RFがついていない分ハリ改善の効果が低くなっては意味がありませんので、こちらに関しても照射方法を工夫してより温まるように照射していますが、肌のハリに関しても高評価をいただいています。

今のところフォトRFに負けているところはないと感じています。

肌が白くなってファンデーションを買い換えました。

スタッフの肌治療に関するエピソードです。

先日フォーマαを受けたスタッフが肌が白くなってこれまで使っていたファンデーションがあわなくなってより白いファンデーションに買い替えたということでした。

シミがうすくなっただけでなく、肌が全体に白くなっているということです。

別のスタッフはシミが薄くなって気にならなくなったため隠す必要がなくなり、ファンデーション自体を塗らなくなったということでした。

それぞれまだ1~2回しか治療を行っていませんから、さらに治療を重ねてからの経過が楽しみです。

最新の記事

2021年11月26日
PRP治療後1ヶ月目の方が〝最高〟と喜ばれていました
2021年11月25日
目で確認しないとアポクリン腺が除去しきれない訳
2021年11月24日
フォトナ4D治療後の方も喜ばれていました
2021年11月23日
お酒に強い方のワキガ手術
2021年11月22日
誕生日パーティー

カテゴリ一覧

月別

皆さんの悩みにお応えする院長棒谷のお役立ち美容医療コラム

さくら美容クリニックの若返り治療 若返りの泉

キレイになりたい!を応援するBEAUTYマンガ

さくら美容クリニックチャンネル

さくら美容クリニックの美容塾

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

症例写真集

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談