最近試して良かったこと

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

この時期は二重のご相談や手術、そしてPRP治療が非常に多くなっています。

話はかわりますが、最近試してみて良かったことがあります。

それはお風呂に温度計を使って入るようになり、しっかりぬくもれるようになったことです。

はじめ気持ちいいと思っても追い炊き機能がないとさめてしまうのとからだも慣れてしまい、ぬるく感じますがお湯を足してあまり熱いと感じないくらいのスピードで1度づつくらい徐々にあたためて10~15分入るとしっかりあたたまります。(僕は最終的には42度くらいまで上げていますがひとによってはあまり上げるのは危険かもしれませんので注意は必要です)

1度ごとの目盛りのついた浮きになった温度計が便利です。

 

二重手術のクリニック選びの基準は?

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

まずカウンセリングも手術も同じドクターが担当してくれて、のちのち診察や修正、再治療が必要になった時にも同じドクターが責任をもって担当してくれること

広告などの事前の金額とカウンセリング時の金額が同じであること(費用の吊り上げがないこと)

カウンセリング時にドクターがきちんと時間をとってカウンセリングしてくれること(すぐカウンセラー任せにしないこと)

カウンセリング時に作って見せてくれる二重が自分が理想としている二重に近いこと

友人や知人の評判のいいところ

術後の保証内容も良心的であること

こうしてあげてみるとかなり常識的なことに思えますが・・・

 

悪徳二重治療に注意

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

二重手術が増えています。

これは当院で二重手術を受けられた方の姉妹や友人そしてまつ毛サロンなどからご紹介された方がたくさん来られているからです。

まつ毛サロンの方と当院はまったく利害関係はなく、多くの手術後の方を見られているからご紹介いただけているのです。

うれしいですね。

アップセルといって簡単に言えばぼったくり商法が社会問題になっています。

ドクターの説明は短く、カウンセラーという営業職が、「安いプランだと痛い」「安いプランだとすごく腫れる」「安いプランだとすぐ二重がとれてしまう」などと説明し、しかもなかなか帰さない監禁状態のようなことをして高額なプランへと誘導し、半ば強制的に数十万の医療ローンを組ませて治療を受けさせるなどしているのがかなり認知されてきているのです。

渋る人にはモニター価格を提示したりしますが、たとえモニター価格にしても高額なのです。

二重手術は若い方が受けられることが多く、手術時間も短く、数が多いのでこのようなことが行われることが特に顕著なのです。

このような悪徳商法を当院は行っておらず、ご紹介の方が多いことからもわかるように手術の結果も認めていただいているからこそご紹介いただけていると思うのです。

安易に治療を受けるのでなく、よく調べてから治療を受けられることをおすすめします。

以前にご紹介していますが国民生活センターなどの注意喚起も再掲します。

注意喚起のHPはこちら①  こちら② こちら③ こちら④ 

 

 

本年もご愛顧ありがとうございました

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

あっというまに今年も1年が過ぎ、もう大晦日となりました。

本年もご愛顧いただきありがとうございました。

おかげさまでこの1年も忙しくも楽しい日々を過ごすことができました。

これもご愛顧いただく方のおかげです。

感謝いたしております。

2年前に加わったソフウェーブの評判も良く、しわ・たるみ治療がさらに進化し、表面から深部まですべての層をしっかり治療できるようになっています。

ウルセラは高い業績を残しているクリニックとして2年連続で表彰していただいていましたが今年も表彰いただき3年連続となりました。(日本でウルセラ導入台数は170台で表彰されたのは10クリニックだけ、大阪より西では当院のみです)

PRP治療は効果の実感が高くリピートいただく方が非常に多くなっています。

二重手術はご紹介の方が多く、ご紹介いただいて治療を受けられた方からまたご紹介いただくといういい流れの数珠つなぎになっています。

わきが治療も全国からさらに多くの方にわきが手術にお越しいただいています。

4年前の年末の時点では47都道府県中30都府県の方におこしいただいていました。

3年前の年末の時点では38都道府県、

2年前の年末の時点では41都道府県、

昨年末の時点では45都道府県の方が治療に来られていました。

そして今年5月の時点でついに47都道府県すべての方が治療に来られました。

これからもプロフェッショナルとしての仕事を積み重ね、効果を高めてさらに多くの方により高い満足・感動・幸せをお届けできるようにがんばっていきたいと思います。

みなさまも良いお年をお迎えください

 

忙しい1日でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

年末年始でワキガ手術後の処置ができないため、ワキガ手術がありませんでしたが、二重手術やPRP治療で忙しい1日でした。

『はたじょ』で講演をお聞きいただいた方も施術を受けられています。

『はたじょ』でお話を聞いていただいたのが今回治療を受けるきっかけとなったようですが、もともとご友人が当院で治療を受けられてきれいになられていたのをみて興味をもたれていたので『はたじょ』に参加されたということでした

うれしいですね

カウンセリングで監禁された?

昨日も二重まぶたのご相談がたくさんあったのですが、

『他院にカウンセリングに行ったら高額の治療をすぐに契約するようにすすめられて長時間帰してもらえなかった(監禁されたと表現されている方もおられました)』と言われる方がかなりおられました。

目立つ広告で安くできるとみせかけて安い方法だと腫れるとかとれやすいとか痛いなどといって、実際には30万以上の施術を強くすすめることが多いようです。(すぐに行えばモニターで安くすると説明するようですが、モニターで治療しても当院で通常料金で行うよりずっと高額の金額になります)

以前にもご紹介していますが国民生活センターなどで何度も注意喚起が行われています。

注意喚起のHPはこちら①  こちら② こちら③ こちら④

かなり以前から注意喚起されていますが、今も他院でカウンセリングを受けられた方が冒頭に説明したように同じようなことを話されますから、カウンセリングに行けば今でも実際に行われているのでよくわかると思います。

二重まぶたが特に著明ですが他の施術でも同じです。

そのような体験をされた方はご友人に教えてあげてください。

 

スタッフ自ら治療を希望する施術は?

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

僕を除くスタッフ全員が受けている施術のひとつは埋没法による二重手術です。

埋没法による二重手術は上手に行えばいい意味で簡単にイメージを激変させることができます。

あとは最近はソフウェーブが人気です。

効果が早くて効果の実感もしやすいと思います。僕自身も受けています。

くぼみやしわがはっきりしている場合はPRPでバッチリ改善できますし、たるみが大きい場合はウルセラも効果的です。

エラが大きい場合はボトックス注射が有用です。

それぞれ個人個人にあった施術を行っていますが、はじめの話に戻りますが当院で働いたスタッフのほとんどは二重手術を受けており、皮膚の施術では光治療も万人向けですが今はソフウェーブが人気です。

12年目の二重まぶた埋没法再手術でした

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

糸で留める埋没法による二重手術だと必ず早い時期に二重がとれてしまうのでしょうか?

当院では保証をつけて手術をしていますので、二重がとれてしまった場合はご相談いただけるはずなのですが、二重手術の数に比べて再手術を行う数は非常に少ないと感じます。

今回片方の二重がとれて再手術を受けられた方は以前の手術を行ってから12年くらい経っている方でした。

いつ二重がとれてしまったのか尋ねると1年くらい前ということでしたので11年は二重のままだったんですね。

こうしたケースをたびたび経験すると埋没法による二重手術も有用だと感じます。

先日も話題にしましたが切開したからとれないかと言えば他院で取れない二重手術ということで切開手術を行ったもののすぐ二重がとれてしまっているケースもみかけます。

切開手術が有用なケースもありますが、万能ではありません。

傷跡をどれだけ容認できるかということもありますのでよく考えて治療を受ける必要があります。

 

二重切開手術で二重にならず、傷だけが残った

さくら美容クリニックの棒谷です。

『他院で二重切開手術を受けたものの二重にならず、修正で埋没法で二重にしたものの3ヶ月で二重がなくなった』というご相談がありました。

何重にもおかしいですね。

切開で二重にならないのもおかしいですし、切開だと二重がとれないからとすすめて切開を選ばせているのに埋没で修正し、しかもすぐに二重がとれてしまい切開線だけが跡となって残っている

すべてがおかしいですね。

『そんなことがあるのか?』と疑われるかもしれませんが、このような相談は今回だけでなく過去にも何度もあるのです。
 
クリニックで治療を受けるのにまず疑ってかからないといけない
 
悲しいことですがそれが現実です・・・

広島で開業して18周年です

さくら美容クリニック院長の棒谷です。

2005年10月6日に広島で開業してからなんと18年経ちました。

時間の経つのは早いですね。

僕自身は1989年に大阪市立大学(現大阪公立大学)を卒業し、医師となり、外科の修練を行ったのちに、美容外科医に転身しました。

そのときどきによって多く行っている治療の変遷があるのですが、PRPなどの若返り治療、二重治療、そしてワキガ手術はずっと多く行っています。

ワキガ治療は再発しないワキガ治療を追求しつづけた結果全国区になり、すでに日本全国47都道府県の方が治療に来られました。

実は美容外科医になってしばらくは手術でない機器による美容治療には懐疑的でしたが、美容機器やその使い方によっては高い効果をだすことができることがわかり、今ではおそらく日本でもトップクラスの美容機器を多数導入して治療を行うようになっています。(ただしワキガの機器治療の効果には懐疑的ですので導入しておらず、ワキガは剪除法手術のみです)

今があるのはごひいきいただいている方々のおかげです。

ありがとうございます。

これからも丁寧な治療を行うことで恩返ししていきたいと思います。