さくら美容クリニック さくら美容クリニック

美容と健康の魔法の杖

冷やして痩せるクールスカルプティングが『ココブランニュー』で紹介されます

『ココブランニュー』のレポーターの方が当院でクールスカルプティングによる二の腕の痩身治療を受けられました。

先日検診があったのですが二の腕がかなり細くなられており、リポーターの方も喜んでおられました。

その様子が明日ホームテレビで10時からの『ココブランニュー』で放映される予定ですのでぜひご覧ください。

肥満にならないワクチンができる?

肥満に関連する腸内細菌をワクチン注射で減らしたところ、高脂肪食を与えたマウスの体重増加を抑えられたという発表がされています。

ニュース

肥満の人とそうでない人の腸内細菌が異なることはよく言われています。

腸内細菌は必要なものなので、一部をコントロールしていいのか、本当にコントロールできるのかなどいろいろな問題があると思うので、近いうちに実用化されることはないようにも思います。

最も効果があり、長続きする減量法?

『世界最新の太らないカラダ』という本で断食の有用性が説かれています。

帯に『最も効果があり、長続きする減量法』と書かれています。

一番の要は『インスリンがずっとでていることが肥満の原因であるのでインスリンがでない(適切にでる)体質にするために間欠的なファスティング(断食)をしなさい』ということのようです。

たまに断食するといいよという話はよくあります。その時の話はオートファジーつまりからだのごみ掃除になるという話でした。

以前のブログ

以前10日間断食したことがありますが、最近は断食はしていないのでトライしてみようかと思います。

血糖関連では血糖を上げないことが重視されてきたが、血糖を上げない食事や飲み物、人工甘味料でもインスリンはでてしまうのでそこにも注意が必要ということです。

ブドウ糖(グルコース)だけでなく、果物や飲料に含まれている果糖(フルクトース)も非常に悪く、果糖を多くとるとすぐに脂肪肝につながるようです。

飲料の裏のラベルに『果糖ぶどう糖液糖』というのはよく記載されていますよね。

それ以外にもこれまで常識とされてきたことを覆す話がいろいろでてきて面白い本でした。

 

 

厚生労働省に認可された唯一の冷却脂肪減少治療クールスカルプティング

「クールスカルプティング」は、約1年前に厚生労働省により承認された日本で唯一の冷却による非浸襲的脂肪減少治療です。

特許を取得した制御冷却テクノロジーにより、脂肪以外の凍結を防いで脂肪細胞のみに効果を出す、安全性と有効性が確認された医療機器です。

それ以外の冷却して脂肪を減少させる治療は厚生労働省は認可していません。

プレスリリース

審議結果報告書

非浸襲的脂肪減少治療としてはクールスカルプティング以外にもさくら美容クリニックにはレーザーで脂肪を減少させるFDA承認のスカルプシュアーもありますが、どちらも楽に脂肪を減らすことができる方法です。

24時間血糖測定装置がおもしろい

フリースタイルリブレは簡単に24時間血糖を測定できる装置です。(正確には間質液という組織の中の糖を測定しています)

テレビで装着して検査しているのを見たことがある方もおられると思います。

腕に読み取り装置を装着して、2週間ずっと測定することができ、読み取り器を装着部にあてればその瞬間の糖が表示されます。

何度でも簡単に観察することができるため、食事開始時、30分後、1時間後、2時間後などに測定し、1回採血するだけではわからない糖の上下がわかります。ヘモグロビンA1cなどでは血糖の平均値はわかりますが、一時的にすごく高くなっていてもわかりません。食べたものでどれだけ糖が高くなるかその場ですぐにわかるので、糖があがらないように食事をすれば、勝手にダイエットになると思います。

この装置での測定はすでに糖尿病の方は保険適応になっているようですが、装置を使用しても病院側が赤字になってしまうこともあるためか、それほど普及していないようですが、再現性がしっかりしているならおもしろい装置だと思います。

クールスカルプティング(ゼルティック)受けました

以前も受けたことがありますが、バージョンアップして新型になったので、違いがあるのかを確認する意味もあってクールスカルプティングを受けてみました。

以前は1か所1時間かかったのですが、新型になって冷却する部分に改良が加えられ、冷却効率がアップして35分で済むようになったので、さらに楽になりました。

冷却したあとはマッサージするのですが、シャーベットのようにシャリシャリした感じがする方もおられますのでおもしろいと思います。

吸引をして冷やすので、キスマークのように内出血がでることもあるのですが、僕はでませんでした。

あとは2~3ヶ月で徐々に皮下脂肪が減っていき、さらに効果を高めたい場合は治療を追加します。

クールスカルプティングは薬機法という法律をパスした機器ですので、あやしげな治療でなく、国が認めた治療です。

ただ適当に冷やす機械ではありません。

スカルプシュアーやクールスカルプティングによる部分痩せ治療が増加傾向

これから肌の露出が多くシーズンですので、夏に向けて部分痩せ治療を受けられる方が増えています。

さくら美容クリニックにはレーザーで脂肪を溶かすスカルプシュアーも冷却で脂肪を溶かすクールスカルプティングもあります。

つまり脂肪は暖めても、冷やしても減ることがわかっているのです。

どちらもほぼダウンタイムはありませんが、クールスカルプティングが吸引しながら冷やすのでキスマークのように少し内出血がみられることがあります。

今日の方はクールスカルプティングを選択されて治療を受けられました。

1か所行うのに35分かかり、はじめの10分くらい冷た痛い感じになることがあるのですが、この方は治療の不快感はまったくないようでした。

治療後にご自分の治療部位をさわっていただいたのですが、脂肪がシャリシャリになっているのがわかって驚かれていました。

二の腕の脂肪吸引と腹部・腰の脂肪吸引手術

二の腕の脂肪吸引を行ってから2週間くらいたって、まだ腫れが残ってはいるものの二の腕はかなり細くなられていました。

今回は腹部や腰周りの脂肪吸引を行いました。

内出血などは我慢できで1回の治療でたくさん脂肪を減らしたい場合はこのように脂肪吸引がいいのですが、手術を受けるのも麻酔するのも恐い、青あざや治療後の痛みも無理という方はレーザーで熱して脂肪を減らすスカルプシュアーや逆に冷やして脂肪を減らすゼルティック・クールスカルプティングがおすすめで最近は治療を受けられる方が多くなっています。

どちらもアメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる)承認の治療です。

最新の記事

2020年10月20日
健康のために最近はじめたこと
2020年10月19日
プレステ5当選しました。
2020年10月18日
PRP治療をしていてとても楽しい
2020年10月17日
2年経っても2年前とかわらない若さでした
2020年10月16日
兵庫から小学生のワキガ手術

カテゴリ一覧

月別

図解で見る 施術編

FDA認証機器のご紹介

診療ポリシー

さくら美容外科クリニック院長ブログ

24時間緊急サポート

プライバシー保護

スタッフ募集

美容クリニックの選び方

痛みをなくす麻酔について

アフターケア

完全予約制

0120-212-238

082-212-2330

Call: 012021223824時間ウェブ予約無料E-mail相談

無料カウンセリング予約 無料E-mail相談